• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
仕事が面倒な朝。体を壊すならやめるのもあり

サムネイル出典:Pixabay

仕事が面倒な朝。体を壊すならやめるのもあり

Author:
sbeuxjhsbeuxjh
Posted date:
仕事が面倒な朝。体を壊すならやめるのもあり

サムネイル出典:Pixabay

「仕事がめんどくさい」という感情が朝の一時的な感情ではなく、一日中続く。そんな日が頻繁にあるなら注意が必要です。

精神的にだいぶ過労状態になるようなので、一旦有給を取得して旅行して気分転換したり、マッサージで癒されたりしてリフレッシュして、精神的な調子を整えたほうが良いです。

一日中「「仕事がめんどくさい」という感情に振り回されて、それが頻繁なら油断してはいけません。

出勤するだけで、腹痛や頭痛といった体調不良になるという方も注意が必要です。
腹痛や頭痛は何も原因がなく起こることはありません。それが毎日出勤するだけで起こるというなら、出勤のストレスや緊張感で引き起こされている可能性があります。

ストレスではなく肉体的な病気が潜んでいる可能性もあるので、体調不良に悩まされているときはすぐに病院に相談に行きましょう

出典:仕事めんどくさいし、行きたくない、辞めたいと朝、思ったら...

	
忙しい日が続いたり、なにかやらかしてしまった次の日の朝「会社辞めちゃおうかな」なんてフレーズが心によぎったことがない人はいないんじゃないでしょうか?
そんな時は一体どうしたらいいのか考えてみました。

こんな時は黄色信号かも。

転職をうまく行かせるイメージづくり

出典:Pixabay

Pixabay

Pixabay 
入社後の違和感はゼロに「近づける」意識で

転職後、入社前のイメージと違いを感じる人もいます。ただ、実際はそのズレが転職者の勘違いや思い込みによることも少なくありません。「描いていた“理想”と違う」というケースですね。現実には限られた情報から正確にその企業を理解するというのは難しいので、ある意味では、転職後のギャップは「最小限に抑える」という認識も大事でしょう。

まず転職理由を明確にして、「譲れない点」を絞っておきましょう。この「譲れない点」にズレがあると、入社後の大きな不満になりがちです。そしてこれに基づいて情報収集をします。
だからこそ先ほどの「譲れない点」は、自分の解釈で正しいかどうか、面接の場できちんと確認しましょう。残業時間が「少ない」という表現には解釈の違いもありますし、職務内容についても挑戦したい領域が明確であるなら、そこに自分がどの程度関与できるのか、という部分などは具体的に確認しておきたいポイントです。

出典:たくさん情報を集めて入社したつもりでしたが、やっぱり合い...

	

休養期間を設けるのもアリ

ハッキリ言って、この世には会社はたくさんあります。
人は不安な時には、自分が今いる場所が全てだという感覚に陥りやすいのですが結局のところそんなもの人によって異なるのです。

もしも、人がうらやむような大手企業に入っても、体やメンタルを壊して仕舞えば意味がありません。
逆に、時間などがのんびりして自分の時間が取れすぎてもやりがいがないと感じる人もたくさんいます。

自分にはどんなことが向いていたり、どんなことがしたいのか分かるのが一番いいのですが、そうでなくても少し休む期間があってもいいのではないかと思います。

まとめ

今回は、仕事がしんどい時にどうしたらいいか?という点について開設しました。
本当にこれは人によって異なり、ストレスが発散されたら会社でも働きやすくなった!という人もいます。

キツイ環境を耐えて転職して改善された、という人も、少し休んでから社会復帰してうまく言ったという人もたくさんいます。
どうか自分で決めつけすぎず、そのときの心の声に耳を傾けると良いでしょう

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sbeuxjh