• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
貧血防止で生理痛も軽くなる貧血と生理痛の結びつきとは

貧血防止で生理痛も軽くなる貧血と生理痛の結びつきとは

Author:
ranmarukingranmaruking
Posted date:
Update date:2019年03月04日
貧血防止で生理痛も軽くなる貧血と生理痛の結びつきとは
その重い生理痛、貧血が関係しているかもそのようなつらい生理痛をわずかでも和らげるテクニックを紹介していきます

貧血と生理痛の関係とは

女性は大変ですね
貧血は、それだけで疲労・倦怠感、頭痛、立ちくらみ、息切れ、耳鳴りなどの症状を引き起こします

これらの症状が生理痛とかぶさると生理痛もひどくなり、貧血の症状も悪化します

反対に、貧血が改善すると月経痛が軽くなる事もあるように思われます

貧血症状

男も女も一瞬目の前がまっくらですよね
貧血はいつもごく一般的に使われる会話ですが、いつも使われる趣旨と、医学用語として使われる趣旨には差異があります

いつもは、俗に目まいやふらつきの症状を指す事が多々あると考えます

けれども、こうした症状のうち、例を挙げると座った姿勢から突然立ち上がった時に立ちくらみがするなどの時は、いわゆる「脳貧血(脳に行く血液が少ないステータス)」の症状です

一方、医学用語で「貧血」というのは血液中の赤血球やヘモグロビンが足りない様子の事です

他にも困った事に、目まいやふらつきのきっかけとして、医学用語での貧血(赤血球・ヘモグロビンの不足)はむしろ少数派で、貧血以外のきっかけでおこる目まいやふらつきの方が多々あるのですね

症状も似ているために大いに間違いやすいので、異なる点を把握しましょう

貧血と月経過多の原因

やはりホルモンバランスは大事なんですね
貧血にも諸々なきっかけがありますが、月経過多、つまり月経の時の出血が多すぎる事が頻度の高いきっかけです

この時、むやみに鉄を補うより、月経の出血量を減らす方が適切といえます

その上、月経の出血量を減らす治療によってPMSが改善する事もあります

月経過多が貧血のきっかけと思われるケースには、内科よりも婦人科に話し合いなさる方がよいでしょう

鉄補給で貧血予防しましょう

鉄分はレバー以外はほうれんそうでしょう
貧血とは血液中のヘモグロビンが足りない様子で、多々あるきっかけは鉄の不足にあります

これを鉄欠乏性貧血といって、貧血総体の約90%を占めています

ただし、こちらは鉄の不足がきっかけですから、鉄を補えば治ります

鉄補給としてサプリメントは、動物性食品に内蔵されている鉄で、吸収が良いのがメリットです

無論、それ以外の鉄、例を挙げると大豆に内蔵されている鉄も有効です

そして、ヘモグロビンを用意するには鉄のほかにタンパク質も必須となりますが、食事は、タンパク質が足りなくなる性質もありますので、タンパク質の摂取も考慮してください

卵、大豆製品、レバーなどは、鉄とタンパク質を一緒に補えるので、貧血気味の人には特に推奨です!

鉄の取り過ぎに注意が必要です

鉄は、足りなくても困りますが、多すぎても活性酸素を生じてさせるので、健康に毒です

鉄が足りているか如何にかは、血清鉄とフェリチンを検査すれば理解いただけます

検査の結果、もしも鉄が足りている事が分かったら、直ちにに鉄剤の服用は打ち切りしてください

貧血が治っても月経痛は治らない時ももちろんあります

そのような時は、月経痛を和らげる治療を別に受けてください

ちょっとでも生理痛の困りごとが低減される事を願っています
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ranmaruking

美容 ライフスタイル ファッション 健康 などまとめています