• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
哲学的なおもしろジョーク大集合

哲学的なおもしろジョーク大集合

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
哲学的なおもしろジョーク大集合
ちょっと哲学的な、考えさせられるものや、よく考えるとアホなジョークの収集まとめです。

おバカ発想なおもしろコピペ

教会での結婚式に参列していた小さな男の子が小さな声でママに訪ねた。

「 ママ。あの女の人ドレスはどうして白いの? 」

「 白いウェディングドレスは,幸福の色なのよ。 人生で一番幸せな日に着るのよ 」

「 フーン 」 男の子はしばらく考えて,また聞いた。

「 じゃ,ママ。なんで隣の男の人は黒い服を着てるの? 」
ある男が結婚しようと、新聞広告を出した。
「妻を求む」
何百通と届いた手紙。内容はすべて同じだった。

「私のをあげますよ」
アイオワ生まれの2人の男が病院の待合室にいた。一人は泣いていた。
「どうして、泣いているんですか?」
 男は泣きながら答えた。
「今日は血液検査の為に来たんだ。そしたら、連中、俺の指の先を切りやがった」
 それを聞いたもう一人の男はびっくりして泣き始めた。
 最初の男が尋ねた。
「何で泣いているんだい?」

「私は尿検査で呼ばれたんです」
離れて暮らしている母親に、3人の息子がそれぞれ誕生日の贈り物をした。
一郎:「僕は豪邸をプレゼントしたんだ。12LDKだぞ!」
二郎:「僕はベンツをプレゼントしたんだ。運転手付きだぞ!」
三郎:「僕は話すオウムをプレゼントしたんだ。聖書から六法全書まで暗記しているし、歌も歌えるし話し相手にもなる。豪邸とベンツを合わせてもまだ足りないほど高かったんだぞ!」
しばらくして、母親からみんなに手紙がきた。

『一郎、豪邸をありがとう。でも母さんは、1人であんな大きな家には住めません。掃除が大変です』
『二郎、ベンツをありがとう。でも母さんは、健康のためいつも歩くようにしています。あの運転手とは合わないし』
『三郎。母さん、三郎のプレゼントが一番うれしかったです。母さんのこと、本当によくわかってくれていますね。とても美味しい鳥でした』
ある町に住む女性が子供を生んだ。いろいろな方面からお知らせがくる。
厚労省「あなたの加入している健康保険組合から20万円ほど手当てが出ますよ」
町役場「祝い金として町から10万円もらえます」
保健所「町内の病院でなら子供の病気は無料で診察できます」
財務省「この子は生まれた時から700万円借金をしてます」
ある時、イエスが弟子たちを連れて街中を闊歩していると 
一人の女性が民衆から石を投げつけられていた。 
なぜこんなことをしているのかと、弟子が民衆の一人に問うと 
「この女は罪人だからだ」と答えた。 

それを聞いたイエスは民衆にこう言った。 
「ならばしかたがない。続けなさい」 
そしてこう続けた。 
「ただし、一度も罪を犯したことのない正しき者だけこの女性に石をぶつけなさい」 
民衆は、とまどい、やがて一人また一人とその場を離れていきました。 


石をぶつけているのは、イエスただ一人だけとなった。
ある哲学教授に、哲学は他人から模倣するのではなく、自分で考えるものだと言われた 

ちなみに次の講義は哲学史である。
哲学教授が、ある日発言した。 
「このクラスで無知を自認する人がいたら、立ち上がってください。」 
ところが、生徒は誰も立ち上がろうとはしない。 
哲学教授は、しびれを切らして言った。 
「君たちは、『無知の知』と言う言葉を知らないのか?」 
すると、生徒の一人が、 
「えーと。 もちろん、その言葉は知っていますが、先生が真っ先に立っているので、 
無知であることに、よっぽど自信があるのかと思って・・・」
学部長が物理学の教員に言った。
「君たちにはずいぶん研究費を使っているな。実験装置だのスタッフだの、
まったく金ばっかり使って困ったものだ。
数学科のようにはいかんかね。あそこでは鉛筆と紙とゴミ箱しかいらんぞ。
哲学科のようだともっといい。あそこは鉛筆と紙しかいらんからなあ。
先生「ワシントンが桜の木を切ったことを正直に話したとき、
   彼の父親はすぐに許しました。
   何故だか分かりますか?」

生徒「はーい。ワシントンはまだ斧を持っていたからだと思います」
太った婦人がアヒルを連れて酒場に入ってきた。
「ダメじゃないか、こんな所にブタなんか連れてきたら」
「何よ、この酔っ払い。どうしてこれがブタに見えるのさ」
「今、俺はアヒルに話しかけたんだ」

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。