• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
5つのプチプラアイテムだけでOK!個人的におすすめなメイク直しのやり方

5つのプチプラアイテムだけでOK!個人的におすすめなメイク直しのやり方

Author:
ちゃっぷちゃっぷ
Posted date:
5つのプチプラアイテムだけでOK!個人的におすすめなメイク直しのやり方

メイク直しが面倒…

朝キレイなメイクを仕上げていても、昼・夕方・夜と時間が経つにつれてメイクは崩れてきてしまうので『メイク直し』が必要になってきますが…正直、メイク直しって面倒ですよね。

あれも直さなきゃこれも直さなきゃとメイク直しのための荷物は増えていき、どんどんメイク直しに時間がかかって、さらにメイク直しが面倒になるという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方向けに、できるだけ少なくプチプラなアイテムだけでパパっとできるメイク直しのやり方についてご紹介していきます!

私のメイク直しアイテムは5つだけ

私が普段から持ち歩いているメイク直しアイテムは5つだけ!

できるだけアイテム数は少なくプチプラで、コンパクトにまとめられるように工夫しております。

基本的には朝の内に崩れにくいメイクをしておくことが大前提にはなってしまいますが、これだけでも十分にメイク直しすることができていますし、持っておくと他のことにも利用できるようなアイテムが多いので、急な旅行やお泊りにも便利なのでおすすめです!

スプレータイプの化粧水で保湿

まずは冷房・暖房・メイクで乾燥した肌を保湿するために『スプレータイプの化粧水』を使用していきます。スプレータイプの化粧水で保湿をすることで、メイクへの影響を抑えながら肌をしっかりと保湿することができるので、メイク直しの時にはかなりおすすめです。

市販のスプレー化粧水でも大丈夫ですが、私は100均で購入した小さいアトマイザーに普段のスキンケアで使用している化粧水を詰め替えて持ち歩いております。詰め替えた方が大容量の化粧水をもったいないと思わずに使えるし、自分のカバンのサイズにあった化粧水を持ち歩けるのでおすすめです。

顔からある程度離して、顔全体に軽く化粧水をかけていきましょう。
このとき、化粧水をかけ過ぎるとメイクがドロドロに流れて余計に崩れてしまうので注意してください。

ティッシュで余計な油分と水気をOFF

次に化粧水の水気が肌表面に残っている状態のまま『ティッシュ』で余計な油分と水気を取っていきます。これで手を汚すことなく必要な化粧水は肌に入れつつ、余分な油分と水気はティッシュで取ることができるのでおすすめです。

このとき、余計にメイクが崩れる原因になってしまわないように絶対にこすったり顔にティッシュを押し付けたりせず、優しく顔にティッシュを当ててティシュオフしていきましょう!

『ぬれてる綿棒』でメイク崩れをオフ

崩れやすくメイク崩れの目立ちやすい目周りは『ぬれてる綿棒』を使用してしっかりとメイク崩れを取っていきましょう。乳液と綿棒でも大丈夫ですが、ぬれてる綿棒の方が荷物が少なくコンパクトですし、サッととりだしてササッとメイク直しを済ませることが出来るので、個人的にはぬれてる綿棒の方がおすすめです。

基本的にはアイメイクは汚れを取り除くだけでアイシャドウなどは重ねなくて済むようにしたいので、パンダ目になっている部分・メイクが明らかに崩れている部分のみを取るようにしています。

綿棒を使用する時には肌へのダメージやメイク崩れがさらに広がるのを防ぐために、引っ張ったりこすったりするのではなく、綿棒を肌の上で転がすように動かすのがポイント。

力はほぼ入れず綿棒の軸を持って親指と人差し指同士をすり合わせるようにしながら動かすのがおすすめです。

フェイスパウダーでベースをセット

これでメイク汚れは取れたので、あとはこれ以上崩れないようにするために『フェイスパウダー』でセットしていきましょう。肌トラブルが気になる方はパウダーファンデーションや色つきのものを、肌トラブルの少ない方は色のつかないクリアタイプで十分だと思います。

メイク直しで色々なものを重ねすぎると厚塗りの原因になるので、基本的には肌をサラサラの状態にセットすることをメインにのせていくのがポイントです。

ちなみに私はメイク直しの時は紫外線予防効果のないパウダーが良いので『ベビーパウダー』を利用しておりますが、紫外線予防効果を求めている方はSPF・PAなどを考慮してフェイスパウダーを選んでくださいね。

リップは保湿力の高いナチュラルなカラーで

最後に『リップ』で保湿と口元に血色感を与えていきましょう。
ここでも保湿・カラーと重ねるのが面倒なので、保湿力の高いナチュラルに発色してくれるリップを使用するようにしています。

ナチュラルなカラーのリップをチョイスすることでどんなメイク・ファッションの時でも無難に合いやすくなりますし、色ムラや細かい部分を気にせずラフに塗ることができるので、毎日持ち歩くメイク直し用のリップにはナチュラルカラーがおすすめです。

さらに、メイク直し用のリップには『リキッドタイプ』がおすすめです。
リキッドタイプはスティックタイプに比べて保湿力が高いものが多いので、乾燥しがちな唇に塗っても縦ジワが目立ちにくくなりますよ。グロスがなくてもプルっとしたリップになる点もGOOD!

まとめ

5つのプチプラアイテムだけでできるメイク直しのやり方についてご紹介しました。

必要なアイテムは100均やドラッグストアで揃えられるものだけですし、メイクポーチの中身はスッキリ、メイク直しはパパっと済ませることができるようになっているので、荷物を少なくしたい!メイク直しが面倒と思っている方にもおすすめなやり方になっています。

メイク直しに悩んでいる方の参考になれば幸いです!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ちゃっぷ

漫画・アニメ・映画・ゲームなど、ヒマな時に自分が好きなもの・興味があることについてまとめています(*´ω`*) ↓普段はブログで映画の感想・考察とか書いてます。