• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【雑学】マリリン・モンローはドローン製造工場で働いたことがある

サムネイル出典:Amazon.co.jp: 【国内正規&#...

【雑学】マリリン・モンローはドローン製造工場で働いたことがある

Author:
ハンチングハンチング
Posted date:
【雑学】マリリン・モンローはドローン製造工場で働いたことがある

サムネイル出典:Amazon.co.jp: 【国内正規&#...

工場で働いているところをスカウトされた

ドローンの製造工場で働いていたのが、後の大女優「マリリン・モンロー」でした。彼女はプロペラを取り付ける作業員でした。

出典:今さら聞けない? ドローンとラジコンヘリ、そしてマリリン・...

	
マリリン・モンローは、世界初の量産ドローン航空機を作っていた

出典:【高橋信之コラム】美人女優のオタク的考察 (1/4ページ) - ヲ...

	
マリリン・モンローはその当時に工場で働いていました。そうです、その工場で作っていたのがターゲットドローンでした

出典:【林先生が驚く初耳学】ドローンがマリリン・モンローの人生...

	
かの有名なマリリンモンローも元々はターゲットドローンの組み立て工場で働いていました。

出典:今さら聞けない!ドローン誕生の歴史から国内外の動向までを...

	
ドローンを組み立てる作業員として、マリリン・モンローが働いていました。彼女の様子が陸軍の広報誌に載り、それがきっかけで、彼女はハリウッドのモデル・俳優としてデビューした、というエピソードもあります。

出典:小型無人航空機「ドローン」とは何か? | 鈴木真二 | 10MTVオ...

	
マリリン・モンローは、世に出る前、工場で働いていた
その工場で作っていたのが、ターゲットドローン
そこで働いている人たちの写真集が出版され、マリリン・モンローはスカウトされたという

出典:ドローンは、マリリン・モンローの人生を変えた - 雑学情報

	
ドローン工場でプロペラを付けていた彼女自身も、まったく予期していなかったことだろう。

出典:ドローン工場で働いていたマリリン・モンロー | ドローンニュ...

	
働いていた女性に、のちに女優マリリン・モンローとなるノーマ・ジーン・ベーカーがいました。戦時中に陸軍の広報誌に彼女の写真が掲載されたことがモデルとなるきっかけとなり、その後、女優としてデビューしたのです。

出典:[PDF]なぜドローンと呼ばれるようになった?

	

その他情報

ドローンは軍事用に開発されたものだった

ドローンが無人航空機を指すようになったのは、第二次世界大戦中に米国陸軍で使用された標的機(射撃訓練の際の標的)が「ターゲット・ドローン」と呼ばれたことに起因しています。

出典:今さら聞けない!ドローン誕生の歴史から国内外の動向までを...

	
ドローンが軍事用の航空機として進化を遂げてきたことは、すでによく知られた事実だろう。第二次世界大戦時には、一万機ものターゲット・ドローン(標的無人機)がアメリカの工場で作られた。

出典:ドローン工場で働いていたマリリン・モンロー | ドローンニュ...

	
ドローンは元々は軍事技術でした。飛んでいる飛行機を打ち落とす訓練をするために開発されたのがドローンなのです

出典:【林先生が驚く初耳学】ドローンがマリリン・モンローの人生...

	
当時は「ターゲット・ドローン」と呼ばれ、飛んでいる飛行機を撃ち落とすための訓練用に開発されました。

出典:今さら聞けない? ドローンとラジコンヘリ、そしてマリリン・...

	

ドローンはもともと「蜂」を意味する言葉

ドローンは元々英語で「オス蜂」を意味する言葉。

出典:今さら聞けない!ドローン誕生の歴史から国内外の動向までを...

	
ドローンという名前がついた語源は、オスの蜂です。無人の小さい機体が飛行する時の、プロペラの風を切る音が蜂が飛ぶ時の音に似ているからです。

出典:「ドローンとは?」意味を分かりやすく、端的に1分で説明。 |...

	
飛ぶ際には結構大きな音がします。それが”あの虫”の羽音に似ているから「ドローン」と呼ばれるようになったのではないか?と考えられています。”あの虫”とは、「ミツバチ」です。

出典:ドローンの語源とは!? ドローンと呼ばれている由来を紹介しま...

	

twitterより

ドローンは現代(いま)初めてじゃなくて、マリリン・モンローが関わってたのか。
	
1945年 第二次世界対戦で
アメリカでドローンは、練習用で作られていてその時19歳のマリリンモンローは、そこで働いていたのかあ
	
女優のマリリン・モンローさんが女工時代につくってたドローン。
	
工場で働くマリリン・モンローの写真。マリリン・モンロー(本名:ノーマ・ジーン・ベイカー)氏は第二次世界大戦中、自活するために航空機部品工場で働いてRP-5等のドローンの製造に関わっていた。彼女が女優業で成功するのはその後である。
	
ドローン(雄蜂)はアメリカで作られた無人機で(その前にクイーンビーというイギリスのものがあって)、マリリンモンローはその工場で働いているところを写真撮られてデビューした・・・みたいなことを北日本新聞のコラムに書いていた。新聞のコラムはたまにみると面白い
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ハンチング

主に雑学をまとめています。