• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【実質破綻】年金だけでは老後を生きられない。自己責任で2000万円貯めて下さい

サムネイル出典:

【実質破綻】年金だけでは老後を生きられない。自己責任で2000万円貯めて下さい

Author:
LOUD MINORITY.LOUD MINORITY.
Posted date:
Update date:2019年06月22日
【実質破綻】年金だけでは老後を生きられない。自己責任で2000万円貯めて下さい
2019年5月22日、金融庁が公的年金について指針となる原案を明らかにしました。その内容はよく読まずともショッキングなものです↓↓↓
 
金融庁の言葉によれば、少子高齢化が進んだために年金の原資が足らなくなっており、いまの給付水準をキープするのは難しいというのです。
だから、まともな生活水準に達しない年金額だった場合は

自分で稼げよ

と。そして、現状の給付でも毎月の不足額は平均約5万円になるぞと。

老後の人生が20〜30年あるとすれば総額は単純計算で1,300〜2,000万円の不足になる

出典:ついに年金不足を政府が明言、運用失敗で15兆円を溶かしなが...

	

つまり、 「老後は年金だけに頼らず自助努力しろ」 ...ということです。

下のせやろがいおじさんのいう通り、今さら「人生100年時代の蓄えを!」と言われても・・・
その蓄えとして年金を払ってるつもりだったのですが!
	
そのお偉いさん、麻生財務大臣は「自助努力」として資産形成の重要性を強調しています。

「100まで生きる前提で退職金って計算してみたことあるか?普通の人はないよ。そういったことを考えて、きちんとしたものを今のうちから考えておかないかんのですよ」
人生100年時代を見据えて、国は70歳以降も会社員として働き続ける人には厚生年金への加入を義務付け、保険料負担をさせるという検討に入っています。しかし、、、
老後資金として、年金以外に「2000万円必要」とする試算とは別に、金融庁は「最大3000万円必要」とする試算も行っていた。

退職金や私的年金がない企業に勤めていた人や国民年金だけの人は、いないことになっている。
	
参院選後に「年金受給68歳引き上げ」本格議論へ 生活費不足分は3000万円に何が参議院選挙後だ!直ちに予算委員会を開いて審議せよ!予算員会も開かず選挙になだれ込むつもり?こんなこと憲法違反じゃないの?内乱罪じゃないの?平野さ〜ん。
	
 
月額1万円の厚生年金保険料を負担しても、増える年金額は月額4千~5千円。

支払った保険料分の元を取るためには、18年近く年金を受給しなければならない計算に。

つまり、88歳近くまで生きなければ、65歳以降に追加負担した厚生年金保険料の元は取れない計算に。日本人の平均寿命*は男性で81.09歳、女性で87.26歳なので、元が取れない可能性の方が高いのです。 *厚労省が公開した「平成29年簡易生命表」より
 
安倍政権が改正を目指す「高年齢者雇用安定法」改正案の目玉は、企業に対して70歳まで働ける環境を整えるように求めることになっています。もし、それが実現すれば現在の65歳の年金支給開始年齢も70歳へと引き上げることができるのです。

70歳または80歳になるまで働くことを考えてみてください

出典:(2ページ目)安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での...

	
これは、安倍首相が議長を務める「人生100年時代構想会議」の第1回(2017年9月)でプレゼンしたリンダ・グラットン教授(英国ロンドンビジネススクール)の発言。
もちろん、彼女をプレゼンターに選んだのはこの会議の主旨に沿っているからで、高齢者雇用の最終地点は80歳というのが見えてきますね。

前出のように、人生100年時代と言っても日本人の男性平均寿命は81・09歳。もし、80歳で年金開始ということにでもなればどうなるか?

ほとんどの人がまさに死ぬ寸前まで働き、払い続けた年金保険料を全くもらうことなく死んでいくことになるわけです。

現在の試算でさえ年金支給額の世代間格差はこれだけ広がっているのに関わらず。「人生100年時代」は、明るい意味でも何でもない。「人生80年奴隷時代」と言い換える必要があるのでは?

年金は、将来の生活を保証する保険制度なはず

それを金融庁が公的年金の支給額が「生活できる水準に達しない」と言ってしまうというのは、もはや保険として体をなしていないも同然。

若いモンは損するとわかっても払い続けろ 支給額が足りないかもしれないから、 「自己責任」で老後に備えて2000万円貯めろ

そんな詐欺みたいな保険に入りたい人がいるでしょうか?それでも支払い義務があるというなら、封建時代における年貢と同じなのでは。使わないのに払わなければならないNHKの受信料と同じで、税金というべきなのです。
2007年に安倍首相はこう言っていましたね。

第2次安倍政権になってから、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)はいわゆるアベノミクス政策にのっかり、2014年10月に年金資金からの投資を、国内株の比率を12%→25%へと倍増、外国株の比率も25%へと増やしました。

ところが、2018年10〜12月のアメリカ株暴落に連動した国内の株価下落で、このたった四半期だけで

150兆円の資産合計の1割におよぶ15兆円を失ってしまったのです。

それでも安倍政権は「悪夢だった(誰にとっての?)」民主党政権時代より大幅に株価が上昇したことを、事あるごとに自画自賛しています。 確かに大企業の利益は大幅に拡大しましたが、それは2013年から日銀まで巻き込んで株価を無理やり買い支え、その元手として年金の原資まで投入させたから実現したことなのです。

つまり、国民から預かった年金をバクチに注ぎ込んでいたことになる。

そのバクチで負けて、払い込んでもらった年金を返せるか分からなくなったから、支給年齢を引き上げることにした、支給額も減らす(でも、年金破綻とは言わないお馴染みの言葉遊び)
払い戻しできる見込みがなくなったのに、将来もらえるからと言って騙してお金を払わせるっていうのは、ねずみ講と一緒と言って差し支えない。
でも、ねずみ講に入るかどうかは払う本人が決められますが、年金は基本国民全員が入らなければならない、払い始めてから実際に支給されるのに50年以上かかる、

それだけじゃ生活できないかもしれない自分で貯金しろと(←イマココ)。

実はねずみ講よりタチが悪いんじゃないでしょうか?!
ひと昔前ならリタイヤして悠々の年金生活を送っていたはずの高齢者が、長時間労働のすえ過労自殺するという痛ましい事件も。

都内のプラント建設工事会社と個人で業務契約を結んでいた66歳の男性が自殺。遺族によると、亡くなる直前の男性の時間外労働は月138時間に上り、過労で気分障害を発症して自殺に及んだと元請けの日立製作所を訴えています。 
「人生100年時代」「一億総活躍社会」は、高齢者までもが過労死・過労自殺するまで働かされる社会になるのかもしれません。
 
そろそろ国民の皆さん、マジで怒ってもいいんじゃないかな?ちなみに、フランスでは年金支給を62歳に引き上げる時に全土でデモが起こってますよ↓↓↓
 
そして、日本人よりも「アメリカ・ファースト」をどこまでも重視する安倍政権。
「令和時代」最初の国賓として訪れたトランプ大統領には、1機100億円以上するF35戦闘機*を105機も爆買いする約束を交わしています。

国民の年金は払わないけど、アメリカから武器を買う財源はいくらでもあるみたいですね!

*この戦闘機は2019年4月に日本で墜落し、パイロットの遺体も見つかっていない
 

「老後2000万円」報告書への反発が広がり、自民・公明党が火消しに回る

ネットやテレビでも批判が相次いだことに警戒したのか、自民党は金融庁に対して、老後資金として2000万円が必要とした金融庁の報告書への抗議し、撤回を要求。 その理由が下衆すぎるんですけど!→「参院選を控えており、党として候補者に迷惑を掛けないよう注意していかねばならない」

いきなり誤解を招くものを出してきた。猛省を促したい

出典:自民、金融庁に報告書の撤回要求 公明代表「猛省促す」 | ...

公明党・山口那津男代表

2千万円の話が独り歩きして国民の不安を招き、大変憂慮している

出典:自民、金融庁に報告書の撤回要求 公明代表「猛省促す」 | ...

自民党・二階俊博幹事長

この金融庁の報告書について、自民党・森山裕国対委員長は「この報告書はもうなくなっている」と発言。
また都合の悪いものは隠蔽かとのツイートが広がりました。
実際には、報告書は金融庁のウェブサイトからダウンロードできますが。

政府の政策スタンスと異なっており、正式な報告書として受け取らないことを決定した

出典:自民・森山氏、金融庁の報告書「もうないわけですから」発言...


麻生太郎副総理兼金融担当相はこう述べて、報告書の受け取りを拒否。
老後、日本で蓄えに頼らず生活しなければならない期間は、男性で約15年、女性では約20年に及ぶとする報告書を世界経済フォーラムが公表した。

「老後に2000万円不足する」とする金融庁の試算はアッという間になくなってしまったが、親切に海外では計算してくれていた。
	
 
足りない年金問題。麻生金融担当相「世間に著しい不安や誤解を与えている。正式な報告書としては受け取らない」。二階幹事長「金融庁には撤回を含め厳重に抗議」。岸田政調会長「極めてずさんなもの。まともな政策議論に供し得ない」。こういうのを「手のひら返し」という。
	
何年か前に年金の専門家に取材する機会があって「30年ぐらい先は支給額は月額3万円台になる」って話だった。もうずいぶん前からわかってたことなんですよね…ここからどうスタートするか。/「人生100年の蓄え」国の指針案が炎上「自助に期待するなら年金徴収やめろ」批判殺到
	
私たち国民は、税金以上に国に納めているものがある。
年金、保険、様々な名目で国に搾り取られているわけだ。
それは国家が老後や病気になった時の備えだからと嘘八百で国民から略奪してきたようなもの。
みんな40年年金盗られ続けてきたら一体いくらになると思う?
詐欺国家だぞ。怒れよ!
	
老後は年金などの公助だけでなく自助を充実させろと政府が言い始めました。しかし一方で、生活が不安だからとお金を貯めても暴言を吐かれるのがこの国です。政府が老後の不安を軽減することこそ、最も政府に求められている事だと思うのですが。国民に責任転嫁しすぎでしょう。
	
「老後は年金だけに頼らず自助努力しろ」
って何ですか?
小泉政権の2004年に
「年金100年安心プラン」を謳い、安倍さんは
「年金の受給者に年金を払えないという状況にはまったくなっておらず、年金制度は破綻しているとのご指摘は当たらない」
と強気に言ったのは嘘ですか?
議員報酬を大幅に削減‼️
	
国民年金法は、憲法25の規定を受けて制定され昭和36年4月から開始された。いわゆる防貧対策として、国も頑張るけど、国民1人1人にも保険料を納付して老後に備えるようにとの考えだ。
ところが旧厚生省の官僚や与党政治家は、年金支払いは先の先だとして浪費を重ねた結果が、今の窮状を招いた。
	
私が子供の頃は55歳定年が普通で、定年後は年金と蓄えの金利で暮らすのが日本人の一般的な人生設計でした。ところが今やそれが成り立たない。一番許せないのは国民が70歳まで働きたがっているからそれを叶えてあげたと、さも良いことの様に喧伝することです。年金を溶かしたのは誰だと言いたい?
	
うちの親父が、「はあ?年金もらえないとかなったらいくらなんでも暴動が起きるだろ。大丈夫だよ」ってちょっと前に言ってた。
けど多分、今の状況に気づいてない。
親父、安保法制の時もそんなこと言っておった。
暴動が起きないのは、デモが小さいのは、あなたが来ないからだよって言いたい。
	
うちの母、三人生んだけど、ずっと専業主婦(パートはちょいちょいしてた)だから、年金月に6万未満だって嘆いてた。確かに分かってて主婦だったけどさ、人数分の育児退職金あげてほしいわ。三人とも働いて税金おさめてるよ?孫もいるよ!
	
年金制度はもう無理!って国がとうとう認めましたね。
残念ながら副業や投資で収入増やしていかないとこの先生活するのは無理?
日本を離れて年金支払い止めるのも自衛の一つだと思う。
	
今のマスコミってすごくへん。安倍さん達にすり寄ってるし、タレントの不倫話を垂れ流すのなら、選挙のことや年金のことを取り上げたらどう?

この国のマスコミは終わったな?
	

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。 この投稿が気に入ったら、ぜひfacebookやtwitterでシェアしてください!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
LOUD MINORITY.

Our voice has power 日本のブラックな社会システムにドロップキックするアカウント