• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
洋楽 和訳 HELP (ヘルプ) ビートルズ

洋楽 和訳 HELP (ヘルプ) ビートルズ

Author:
MINORIMINORI
Posted date:
洋楽 和訳 HELP (ヘルプ) ビートルズ

HELP (ヘルプ) ビートルズ 歌詞 和訳

Help! I need somebody 
ヘルプ! だれか助けて
Help! Not just anybody
ヘルプ! 俺を救えるのは
Help! You know I need someone,
ヘルプ! この世にひとりだけ
Help!
ヘルプ!

When I was younger, so much younger than today,
若かったずっと若かった 今よりずっと

I never needed anybody"s help in any way.
だれの助けもいらなかったさ なにがあっても

But now those days are gone I"m noto self-assured,
でも時はながれ 今じゃ不安ばかりさ

Now I find I"ve changed my mind, I"ve opened up the door.
なら頭を切り替えなくちゃ ドアを開けるんだ


Help me if you can I"m feeling down,
助けて! 俺はもう このままじゃだめさ

and I do appreciate you being "round.
恩にきるからずっと にそばにいてくれよ

Help me get my feet back on the ground,
助けて!  地面に 足がつかないんだ

won"t you please please help me
ウォンチュー・プリーズ・プリーズ・ヘルプミー! 



And now my life has changed in oh so many ways,
今じゃ変わっちまった いろんなことが

My independence seemed to vanish in the haze.
俺の独立向上心は けむりと消えちゃった

But every now and then I feel so insecure, 
でもこうして何かにつけ 思うぜこれだけは

I know that I just need you like I"ve never done before.
君はぜったい必要なんだ 今まで以上に






英語解説

英語表現ピックアップ!

I"ve changed my mind
わりとよく使う表現なので、そのまま覚えちゃいましょう。

堅苦しく言うなら「私は考えを変えた」

日常会話では「やっぱり や~めた」みたいな感じで使います。

どこそこへ行こうかなとおもってたけど、やっぱりや~めた。
とか、~する予定だったけど やっぱりや~めた みたいな感じです。




この楽曲について

楽曲名 HELP (ヘルプ)
作詞作曲 ジョンレノン ポールマッカートニー 


「ヘルプ!」 は、1965年7月にイギリスのロックバンド、ビートルズが発表した10枚目のオリジナル・シングル曲。

ジョンのアイディアを元に、ポールと二人で完成させ、リード・ヴォーカルはジョン・レノンで、実質的にはジョンの作品である。

軽快なサウンドと解りやすい失恋ソング風の歌詞とはうらはらに、ジョン自身の悲痛なメッセージ・ソングという一面も持っている。
この曲が発表された当時ビートルズのメンバーは加熱する人気に自己を見失いかけていて、ジョンは後に「僕らは豚のように暴飲暴食し太っていく自分自身に失望していた。助けを求めて叫んでいたんだ」と語った。




この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MINORI

健康、食べ物、美容、ダイエット、科学、バイオ、医学ネタが好き。 【資格】バイオ技術師第一種、危険物取扱責任者乙種第2種、4種、6種、毒物劇物取扱責任者、兵庫県子育て支援員受講済 【職歴】モデル、ラジオパーソナリティ、パフォーマー、飴細工師、講師、執筆、講演、デザイナー、レタッチャー、カメラマン、写真館経営など 【趣味】お料理、食べ歩き、読書、手芸、ペーパークラフト、手話歌など。 喉の難病(咽頭乳頭腫)になり、ラジオパーソナリティを辞め、パフォーマーや講演のお仕事も控えめに。現在は、神戸の海神社で写真館を経営。撮影のバリアフリーに取り組み、視覚過敏の方へ向けての撮影方法を考案し実施。障害の有無に関わらず、気軽に利用できるスタジオづくりに励んでいます。 自身が喉を悪くし、全く声が出なくなった時期があったり、事故で寝たきり生活や車椅子を経験したことから、障害のある人も生きやすい世の中になればいいなと小さなことからコツコツと取り組んでいます。