• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
洋楽 和訳 スマイル SMILE

洋楽 和訳 スマイル SMILE

Author:
MINORIMINORI
Posted date:
洋楽 和訳 スマイル SMILE

スマイル SMILE 歌詞 和訳

Smile, though your heart is aching 
 Smile, even though it"s breaking 
 When there are clouds in the sky 
 You"ll get by 

 If you smile through your fear and sorrow 
 Smile and maybe tomorrow 
 You"ll see the sun come shining through for you. 

 Light up your face with gladness 
 Hide every trace of sadness 
 Although a tear may be ever so near 

 That"s the time you must keep on trying 
 Smile, what"s the use of crying 
 You"ll find that life is still worth while 
 If you just smile 

That"s the time you must keep on trying 
 Smile, what"s the use of crying 
 You"ll find that life is still worth while 
 If you just smile




笑って 胸が痛くても
笑って 心が引き裂かれても
空に曇が かかっても
だいじょうぶ
	
笑めば 悲しみも怖さも
きっと 笑めば 明日は
太陽があなたを照らすから

笑顔に 光が差し込み
悲しみは陰に隠れ
涙が近くに せまってきても

そんな時こそ 頑張るとき
泣いたって どうにもならない
生きる価値に気づくさ
あなたが 笑えば


そんな時こそ 頑張るとき
泣いたってどうにもならない
人生は素敵ってわかるさ
あなたが 笑えば







スマイル 日本語で聴きたい方はこちらをどうぞ。
つらい時、悲しい時、元気になりたいとき、ぜひ歌ってください (*^^*)

英語解説

英単語ピックアップ!

though:~でも  
ach:痛む 
even though:~でさえも 
clouds:雲
get by:なんとかやっていく
fear and sorrow:恐れと悲しみ
shine:輝く   
light up:灯をともす
hide:隠す  
trace:跡
although:~でも  
tear:涙  
near:近く 
keep on:続ける  
worth while:価値がある


smileの意味
動詞としても 名詞としても使われます。
・名刺の場合、笑み、笑顔、ほほ笑み
 (自然などの)晴れやかな様子; (運命などの)恩恵,恵み.
・動詞の場合、笑う、ほほ笑む、
晴れやか、ほがらか、である.
〈運・機会が〉〔人・ことに〕開ける,向く といった意味もあります。
例えば、The weather smiled on them. 彼らは天気に恵まれた





この楽曲について

1936年のチャールズ・チャップリンの映画『モダン・タイムス』で使用された
インストゥメンタルのテーマ曲で、チャップリンが作曲した曲です。
後に歌詞とタイトルが付けられました。

この歌は最初、ナット・キング・コールによって歌われ、1954年にチャートに入りしました。
チャップリンは1952年に「共産主義」のレッテルを貼られて国外追放されているので、このときにはアメリカにいませんでした。

1972年、20年ぶりにアメリカの土を踏んだチャップリンは「スマイル」を歌ったそうです。

多くの歌手にカバーされていますが、そのなかでも有名なのは、マイケル・ジャクソンが1995年に「ヒストリー」で収録しているもの。

ナット・キング・コールの娘であるナタリーもこの歌をカバーし、1991年のアルバム『アンフォゲッタブル』に収録されている。




この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MINORI

健康、食べ物、美容、ダイエット、科学、バイオ、医学ネタが好き。 【資格】バイオ技術師第一種、危険物取扱責任者乙種第2種、4種、6種、毒物劇物取扱責任者、兵庫県子育て支援員受講済 【職歴】モデル、ラジオパーソナリティ、パフォーマー、飴細工師、講師、執筆、講演、デザイナー、レタッチャー、カメラマン、写真館経営など 【趣味】お料理、食べ歩き、読書、手芸、ペーパークラフト、手話歌など。 喉の難病(咽頭乳頭腫)になり、ラジオパーソナリティを辞め、パフォーマーや講演のお仕事も控えめに。現在は、神戸の海神社で写真館を経営。撮影のバリアフリーに取り組み、視覚過敏の方へ向けての撮影方法を考案し実施。障害の有無に関わらず、気軽に利用できるスタジオづくりに励んでいます。 自身が喉を悪くし、全く声が出なくなった時期があったり、事故で寝たきり生活や車椅子を経験したことから、障害のある人も生きやすい世の中になればいいなと小さなことからコツコツと取り組んでいます。