• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<香港は凄い!!!>   ゴミについたDNAから顔を復元、ポイ捨てした人をポスターにするキャンペーン

<香港は凄い!!!>   ゴミについたDNAから顔を復元、ポイ捨てした人をポスターにするキャンペーン

  • Tag To:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<香港は凄い!!!>   ゴミについたDNAから顔を復元、ポイ捨てした人をポスターにするキャンペーン

香港のNGOが、街に落ちているゴミを集めて、付着したDNAから落とし主の顔をデジタル写真に復元。ポスターにして掲示している。

今度、タバコの吸い殻などを地面にポイ捨てしそうになったら、この恐ろしい事実を思い出してほしい。1ナノグラム未満の乾いた唾液からでも、科学者は、本人の顔に薄気味悪いほど似たデジタル写真を作成できるということだ。
近未来的技術を利用した指名手配写真を思わせるこれらのポスターは、香港の非営利団体「Hong Kong Cleanup」のために、広告代理店オグルヴィが制作したものだ。
このプロジェクト「Face Of Litter」(ゴミの顔)は、2013年に話題になったプロジェクト「Stranger Visions」によく似ている。ニューヨーク市に住むアーティスト、ヘザー・デューイ=ハグボーグは、街角に落ちている髪の毛や爪、タバコの吸い殻、チューインガムなどのDNA情報から、顔を再現した3Dプリント作品を制作したのだ(日本語版記事)。それは、こうした生物学的手段を、どういう目的で用いるべきかをめぐる議論を引き出すものとなった。
香港のプロジェクトの場合は、クリエイティヴ・チームに、米国ヴァージニア州の企業Parabon Nanolabs社が協力している。同社は犯罪捜査のツールとして利用するために、微量のDNAからデジタル写真を作成する方法を開発している。米国防総省の支援を受けて、5年以上前からこの技術開発を行っている。

出典:ゴミについたDNAから顔を復元、ポイ捨てした人をポスターにするキャンペーン « WIRED.jp - Linkis.com

	
香港のゴミに付着したDNAは、遺伝子型判定の研究所にもち込まれ、そこで落とし主に関する膨大なデータが作成される。このデータをParabon Nanolabs社の機械学習アルゴリズムによって処理すると、特定の表現型(特徴)をおおざっぱにとらえたスナップ写真がつくられるのだ。
オグルヴィのチームによると、眼や髪、肌の色、しみ・そばかす、顔の形といったものは、身長や年齢、さらには髪質よりも、はるかに判断しやすいという。年齢については、落としたゴミの種類に関する調査結果から推測される。例えば、18~34歳の年齢層はガムを噛む場合が多いので、ガムの標本には、自動的にその年齢の顔が割り当てられる。一方、タバコの吸い殻には、45歳以上の人の顔が使われる。
オグルヴィは拾ったゴミのもち主全員から許可を得たうえでポスターをつくっているので、彼らに無断で恥をかかせているわけではないと話す。しかしいずれにしても、薄気味悪い近未来を思わせるキャンペーンである

出典:ゴミについたDNAから顔を復元、ポイ捨てした人をポスターにするキャンペーン « WIRED.jp - Linkis.com

	
	

DNA情報だけで人物の顔立ちは復元可能 ―PLOS Genetics

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21