• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【雑学まとめ】鯉を放流すると生態系が乱される

【雑学まとめ】鯉を放流すると生態系が乱される

Author:
ハンチングハンチング
Posted date:
【雑学まとめ】鯉を放流すると生態系が乱される

鯉は上位捕食者で、侵略的外来種である

 IUCN(国際自然保護連合)が定める「世界の侵略的外来種ワースト100」に名を連ねるコイ。

出典:炎上するニシキゴイ放流イベント、優雅な姿の裏に潜む“利権” ...

	
ニシキゴイ、ひいてはコイの多くはブラックバスやアリゲーターガー同様の侵略的外来種です。放流は自然破壊である場合が多く、これも自然破壊です。

出典:【善意は悪意よりたちが悪い】錦鯉放流により川の生態系を破...

	
養殖魚のニシキゴイだけでなく、コイ自体も国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」にも選ばれている。

出典:ニシキゴイ放流、本当に「美談」か 生態系「破壊の恐れ」指...

	
鯉の放流は「世界レベルでブラックバスと同列に扱われているような生態系への負担の大きい魚を、喜々として放流しているに過ぎない」ということだ。

出典:錦鯉の放流は何故「絶対に」あってはならないのか - MistiRoom

	
養殖や放流がよく行われている鯉は日本の河川に元々生息していた「ノゴイ」とは異なる種で外来種に近く、国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」リストにも入っている。

出典:全国で行われている「錦鯉の放流」が環境に与える問題 | スラ...

	
コイはブルドーザーのように地面を荒らします。荒らされ続けた川底からは水生植物が消えます。水生植物が消えれば、水生昆虫も消えます。

出典:鯉は生態系を破壊する。放流による影響について | 私の人生...

	
他の魚のエサとなる貝や小さな生物を食べてしまう雑食のコイは、生態系などに影響が大きい生物のリスト=世界の侵略的外来種ワースト100に入っています。

出典:波紋を呼ぶニシキゴイの放流!美しい風景の裏側って?

	
身近な池や川で目にするコイが、実は地域固有の生態系を脅かしている。日本人に愛着のある魚として放流されてきたが、ブラックバスなど海外からの外来魚と同様、元々すんでいる生き物を駆逐するおそれがある。

出典:鯉(コイ)が生態系(エコシステム)に与える多大なる影響 : ...

	

その他情報

コイヘルペスウイルスの蔓延を防ぐ目的で、漁業法でも禁止されている

漁業法(昭和24年法律第267号)第67条第1項及び第130条第4項の規定により、コイヘルペスウイルス病のまん延を防止するため次のとおり指示する。

出典:大阪府/コイヘルペスウイルス病のまん延防止のための委員会指示

	
コイヘルペスウイルスなどにより大量死が起きる危険性がある

出典:ニシキゴイ放流、本当に「美談」か 生態系「破壊の恐れ」指...

	

錦鯉は観賞用に改良された人工的な種である

ニシキゴイはコイを品種改良して生まれた観賞魚であり、そもそも自然環境には存在しない。

出典:炎上するニシキゴイ放流イベント、優雅な姿の裏に潜む“利権” ...

	
錦鯉はそもそも自然界には「存在」していない。
人間が「観賞魚」として、「鑑賞する」という目的のために、長い世代をかけて美しい鯉の遺伝子を固定したものが今ペットショップで買える「錦鯉」だ。

出典:錦鯉の放流は何故「絶対に」あってはならないのか - MistiRoom

	
ニシキゴイはコイを人工的に品種改良して生まれた観賞魚。そもそも自然環境には存在していないため、遺伝子交雑の問題や病気の蔓延の危険性もあります。

出典:波紋を呼ぶニシキゴイの放流!美しい風景の裏側って?

	

Twitterより

連ツイで述べてますが、食性の広さとその大きさから、バスよりも生態系に与える影響が大きい事があります。
コイが放流される事で、水性植物から姿を消して見られるのはデカイ鯉だけって川を知ってます。
	
メダカやコイの放流、生態系を破壊 交雑・感染症など拡大:日本経済新聞   良い記事!
	
コイの咽頭歯(いんとうし)です。喉の奥にあるこの歯でゴリゴリと貝などを潰します。コイは悪食で、何でも食べてしまいます…ですので放流をしてしまうと、その場所の生態系を大きく狂わせてしまうのです…誰も幸せにならない放流…悲しい…
	
「川のニシキゴイは誰のもの?」ではなく、「川は誰のもの?」と問いたい。誰かが放した錦鯉に「パンやドッグフードをやり」。コイの放流は外来種放逐という面で問題であり、餌やり(有機物負荷)は水質を悪化させる行為。「川の生き物に親しむ」のであれば意識改革を。 
	
例えばコイの放流。水質汚濁が著しかった頃、せめてコイくらいは棲める川にしようという啓発として、水質汚濁の問題を解決する上で有効な方法であったと思います。しかし生態系への影響は知られていませんでしたし、水もきれいになりました。いま環境のためにコイを放流する利点は何もありません。
	
コイの生態系への影響について。低密度でも泥の巻き上げで水質悪化を通じて、水草優勢の透明度高い生態系から、植物プランクトン優勢の濁った生態系へのレジームシフトを引き起こす。放流の制限に加えて、積極的な除去も必要。井の頭公園のかいぼり事例を紹介。
	
2018年11月7日(水)西日本新聞

大刀洗町陣屋川でコイを放流…

コイに限らずむやみな放流はしちゃいけないという啓発をメディアにはしてほしい…





	
国環研ニュースに馬淵さんによるコイの解説記事が出ていた→「DNAが語る日本のコイの物語 」これはものすごくわかりやすい!必読。生態系を破壊するむやみやたらな自然水域への外来コイの放流が今後なくなっていくと良いな・・
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ハンチング

主に雑学をまとめています。