• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
あなたは大丈夫?箸のマナーとタブー

サムネイル出典:

あなたは大丈夫?箸のマナーとタブー

Author:
ranmarukingranmaruking
Posted date:
あなたは大丈夫?箸のマナーとタブー

やってはいけない箸のタブー

共に食事をしている人を不快にさせたり、不潔と思われるような箸の使い方を昔から「嫌い箸」や「忌み箸」といって、エチケット違反とされています。

そのような箸のタブーを知っておけば、いざという時に恥をかかずにすみ、加えて、自然と正しい箸の使い方が身につく事にもなります。

ついやってしまいがちな箸のタブー

【洗い箸】

箸を汁物などで洗うようなこと

【受け箸】

箸を持ったまま、おかわりをすること

【移り箸】

一度箸をつけたけど食べずにそのまま別の料理に箸をつけること

【拝み箸】

箸を両手ではさんで拝むような持ち方

【押しこみ箸】

料理を箸で口の中に押し込むこと

【かき箸】

茶碗や器の縁に直接口を当てて料理を箸でかき込むように食べること

【重ね箸】

いろいろ料理があるのに一つの料理ばかりに手をつけること

【噛み箸】

箸の先を噛むこと

【くわえ箸】

箸を口にくわえること

【探り箸】

お椀の底に具が残っていないかと、探るように箸でお椀の中をかき回すこと

【刺し箸】

料理に箸を串のように突き刺して食べること

【すかし箸】

骨付き魚の上側を食べた後、骨越しに裏側の身をつついて食べること

【せせり箸】

箸を爪楊枝代わりにして箸先で歯の間を掃除すること

【揃え箸】

箸先を膳の上や皿などの食器で揃えたり、舌や唇で揃えたりすること

【涙箸】

箸で取った食べ物からポタポタと汁を滴らせながら食べること

【迷い箸】

の料理を食べようかと迷って料理の上で箸を動かすこと

【振り上げ箸】

食事中に箸を振り上げながら話をすること

【ほじり箸】

器の底のほうにある料理をほじり出すこと

【もぎ箸】

箸についたご飯粒などを口でもぎ取ること

【指差し箸】

食事中に箸で人や物を指し示すこと

【横箸】

箸を二本揃えてスプーンのようにして、すくって食べること

【寄せ箸】

箸を使って食器を引き寄せること

【渡し箸】

箸休めのときに箸を食器の上で横にして置くこと

複数人で食べる時の箸のタブー

直箸(じかばし)取り箸を使わずに自身の箸で直に取り分ける事(とはいっても、中国、台湾、韓国などでは、反対に直箸が「心を許し合うもてなし」の趣旨となり、普通に取り箸を使わないため、日本独自のタブーといえます。

国際的な会食の事例は配慮が必須です)。
返し箸(逆さ箸)料理を取り分ける時に箸を上下逆さにして箸頭(はしがしら)を使用する事(返し箸は気遣いが感じられるので厳密なエチケット違反ではないのですが、人によって不快に思われる事があります。

返し箸をするケースは、口をつけた箸先を向ける事は失礼なので、箸先をティッシュなどで拭き取るようにしましょう)。

美しく見える箸のマナー

友人や異性の方と食事をしている時、相手の箸の持ち方や使い方に「あら?」と思うような事はないのですか。

しかも、もしかして自身も? と。

我が子の時からの癖をデフォルトにしている事もあり、今さら他人に聞く事も用心する事もできないのが箸の礼儀作法です。

人前で照れくさい考えをしないように綺麗に見える箸の礼儀作法を知っておきましょう。


【マナー1】口をつけるのは箸先3cmまで!

「箸先五分、長期に渡ってて一寸」といわれるように、箸先1.5〜3cmのところを使用するようにし、口奥まで入れすぎないようにするのが礼儀作法。

できるだけ箸先を汚さないように箸を使用する事で自然と綺麗に見えるのです。

思いがけず汚しすぎてしまった時は、不快に思われる事もあるので、懐紙やナプキンなどでそっと拭くようにしましょう。


【マナー2】椀や小鉢は箸を持たないほうの手で

椀や小鉢を取る場合は、一度箸を置くのが礼儀作法。

その場合、椀や小鉢などを取る事例にも綺麗に見える進め方があります。

第二に解説するのは、お吸い物が入った椀を取るケースの作法です。

指先をセットて両手でお椀を取り、左手で椀の底を支えて持って右手を離します。

器を持つ時は縁を持たないようにしましょう。

箸置きから右手で箸を取って、椀を持った左手の人差し指と中指の間に箸先をはさみ、箸を正しく持ち直して料理をいただきます。

椀の汁物などを食べ終えた後は、先に箸を箸置きに置いてから、椀を両手で持って膳に戻します。


【マナー3】箸置きを使う

箸休めの時についタブーの「渡し箸」をやってしまいがちですが、食事中に箸を置く時は、箸置きを使用するのが正しいエチケットです。

箸は箸先3cmほどを外に出して置きましょう。

懐石など、箸置きがない時は、膳の左側の縁を箸置き代わりにします。

または、箸先を平皿の縁にかけて置きます。

割り箸などで箸袋がある事例は、箸袋を折って箸置き代わりにしましょう。

【マナー4】割り箸を縦に持って割るのはNG!

店舗などで割り箸を使用するケース、縦に持って割るとはずみで隣の人に肘がぶつかる事があるので避けて。

割り箸を横にし、上に向かって静かに割るようにしましょう。

食べ物の上に木屑が落ちる事があるので、膳の上では割らないようにしましょう。

割った箸は、いったん箸置きに戻してから利用します。

割ってからデフォルト料理を取るのはやめましょう。


【マナー5】おもてなしには白木の箸

お祝いの宴席やお年始には、柳箸など白木の箸を利用します。

ユーザーを我が家にお招きする時は、何度も洗って使用するペインティング箸はユーザーに失礼となるため、一度しか使わない割り箸をお出しするのがベストチョイスです。

上方が斜めに切断されているハイグレード割り箸の「天削箸」が良いでしょう。

ただし、婚礼などでは割り箸は「割る」「別れる」を連想させ、ふさわしくないとされていますので、結婚が決まって結納や顔合わせの食事会などを行うときには避けましょう。


この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ranmaruking

美容 ライフスタイル ファッション 健康 などまとめています