• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
松戸女子大生殺害放火事件の「竪山辰美」とは

サムネイル出典:

松戸女子大生殺害放火事件の「竪山辰美」とは

Author:
sicsic
Posted date:
松戸女子大生殺害放火事件の「竪山辰美」とは

松戸女子大生殺害放火事件

松戸女子大生殺害放火事件(まつどじょしだいせいさつがいほうかじけん)とは、2009年10月22日に千葉県松戸市松戸のマンション2階で発生した殺人放火事件。

松戸女子大生殺害放火事件

			

現場のマンション

			

事件

2009年10月、千葉県松戸市のマンション2階で火災が発生し、焼け跡からこの部屋に住む千葉大学園芸学部4年の女子大生(当時21歳)が全裸のまま遺体で見つかった。遺体を調べた結果、刃物による傷があったため、殺人事件として警察は捜査。その結果、事件後に現金自動預け払い機の防犯カメラから女子大生のカードで現金2万円を引き出す男の姿が映っていた。警察はこの男の洗い出しを進め、すでに別の強盗・強姦事件で逮捕されていた住所不定・無職の男(当時48歳)が強盗殺人並びに現住建造物放火などの容疑で逮捕された。被告は1984年と2002年にそれぞれ強盗や強姦事件により懲役7年の判決を受けて、2009年9月に刑務所を出所してからわずか1か月半だった。強盗傷害などと合わせて起訴された。

その後、2011年6月の千葉地裁の裁判員裁判において、千葉県松戸市で被告が被害者のマンション宅に侵入して包丁を突き付けて現金約5000円とキャッシュカードを脅し取り、胸を刺すなどして刺殺した後に証拠隠滅のため22日に火を放ったと認定。争点となった殺意についても強い力で殺意をもって胸を刺したとした。検察側の求刑通り死刑判決が下された。波床昌則裁判長は判決理由について、「犯行態様は執拗で冷酷非情、結果も重大である。出所後も数多くの犯罪を重ねており、被告の更生の可能性は著しく低い。また、(弁護側の死刑回避の主張に対して)死亡した被害者が1人であっても、極刑を回避する決定的な理由にならない」とした。また、被告が「命を持って償いたい」と話していたにも関わらず、証言が証拠と食い違い真実が述べられておらず反省が認められないとも述べた。裁判員裁判において、「殺人の前科のない被告に、1人の殺人で死刑判決が出た」のは初めて。

村井宏彰主任弁護人などの弁護側は死刑判決を不服として即日控訴した。2013年10月8日、東京高等裁判所において一審が破棄され、無期懲役の判決が下された。これについて村瀬均裁判長は「計画性が無く、1人殺害の強盗殺人事件で死刑となった例が無い」との判断を示した。裁判員裁判の死刑判決が控訴審で破棄されたのは2例目となる。

出典:松戸女子大生殺害放火事件 - Wikipedia

	

松戸女子大生殺害放火事件

			

竪山辰美

			

友花里さん以外の三つの事件

「二日の午前、竪山は、千葉県佐倉市内の二階建ての民家に窓から侵入し、
 三十歳前後の女性を刃物のようなもので『殺すぞ』と脅して、現金約18万円
 を奪い去った。
 夫の出勤直後を狙った犯行だったのだろう。

 無理矢理脱がせたストッキングで体を縛るなど、友花里さんの事件と手口が
 酷似している。現場からは体液も検出された。竪山は特に変装などしてお
 らず、被害女性は顔も目撃している。今は精神的に大きなショックを受けて
 います」 (捜査関係者)

 こうしてみると、11月2日に男の映像が公開され、2週間後に逮捕された
 状況は、市橋達也の2年間の逃亡を許したことに比べると、比較的早い逮捕
 のような気もする。しかし、すぐに別の犯行を犯している。このことからわか
 るが、1秒でも早く逮捕しなければならない。次の犯罪を許してしまうからだ。

 実は竪山は、7年前の2002年にも神奈川県海老名市で22歳の女性看護師
 の家に押し入っている。現金6万円などを奪ったとして強盗傷害罪で逮捕され
 ている。
 
 「女性は目の下を強く殴られ、首をストッキングで縛られたまま、素足で『助け
 て』と叫んで逃げてきた」(当時の近隣住民)
 以後数年間、北海道の刑務所で服役し、9月末に出所したばかりだという。

 10月7日には、別の千葉県佐倉市内の民家に侵入し、そこの家の母親に
 暴力を振るい、娘を強姦している。
 帰宅したばかりの60歳代の母親を殴打。顎の骨を折る重傷を負わせている。
 
 「その後、帰宅したばかりの女性を脅し、ストッキングで縛っている。その上で、
 キャッシュカードを奪い、近くのコンビニのATMで現金数十万円を引き出して
 いる。
 さらに、車で林に連れて行き、全裸にして強姦を試みた。彼女もかなりの美人
 です」(社会部記者)

 殴打された母親は、「あの後すぐ入院して、今も病院に行ってきたところなん
 です。もう忘れたい・・・・・」
 と心境を語った。

出典:サメ石・チャンネル:上智大・小林順子さんの殺害も疑われる千...

	

識者・マスコミの偏見

被害者の女子大生は水商売のアルバイトをしていた。これが影響してか、「夢は農家・夜はキャバ嬢・千葉大生2つの顔」(週刊文春)や「彼と別れたばかりで殺された美人女子大生。キャバクラ勤めの稼ぎ方」(週刊新潮)など、週刊誌で被害者はあまりいいように扱われなかった。また、元警察幹部は週刊誌の取材で「被害者が全裸で抵抗した形跡も無く、遺体には布団がかけられていた。さらに放火などという作業もしており、男女のもつれによる顔見知りの犯行」などと答えて、捜査を混乱させた。これらは逆に一部の有識者やマスコミの権威を失墜させる一因となる(実際には被害女性と犯人の間に面識は無く、犯人による流しの犯行だった)。

出典:松戸女子大生殺害放火事件 - Wikipedia

	

犯人と被害者

犯人は鹿児島県出身で、中学卒業後に大阪府など各地を転々とした。職業も宅配・長距離トラック運転手、建築作業員、パン屋住み込み従業員などを転々としている。妻子もいるとされ、犯人を知る人たちは、「自治会の役員になったまじめな人」と語っている。

被害女性は兵庫県出身で高校時代も陸上部の主将、3年の運動会で応援団長を務めるなど、明るく活発な人物だったという。また、大学卒業後は教員になるべく、試験に向けて勉強を重ねていた最中だった。

出典:松戸女子大生殺害放火事件 - Wikipedia

	

防犯カメラの画像に映っていた竪山辰美

			

荻野友花里さん

			

松戸の殺人放火:被害者の両親が手記(犯人逮捕前)

両親が27日、最愛の娘を失った心境をつづった手記を県警を通じて発表した。
(手記は原文のまま)
【父・荻野卓(たかし)さんのコメント】
友花里ちゃん、守ってやれなくてごめんね。
堪忍して。
友花里ちゃん、司法解剖、痛かったろうね。頑張ったね。
幼い頃から頑張って、頑張って最後の力を振り絞って頑張ったから犯人は捕まるよ。
父さん、弱虫だけど警察の人は悔し涙を流して、頑張ってくれているから犯人は捕まるよ。
父さん、立派な父さんでなくてごめんね。
友花里ちゃんは優しくて最高の娘です。
明日、やっと友花里ちゃんは父さんと母さんのところへ帰ってくるんだね。
昨日は、母さんの誕生日でした。
いつもなら、友花里ちゃんも一緒にお祝いしてくれるのに。
父さん、友花里ちゃんの代わりに母さんにケーキを届けました。
こんな悲しい誕生日になるなんて考えてもみませんでした。
父さんも母さんも毎日、友花里ちゃんのことを思い出しては泣いています。
友花里がなんで!なんで!なんで!
誰がこんな惨いことをしたのか。
友花里ちゃん、教えて。
早く、父さん、母さんと一緒に故郷に帰ろう。おばあちゃんが待っているよ。
大学のお友達の皆さん、ありがとう。
友花里は皆さんのことが大好きでした。
大学も先生もお友達も大好きでした。
友花里は私たちの宝物でした。
憎むべき犯人によって友花里の現身の21年は終わってしまいましたが、お友達の皆さんは死んだらいけない。
健康で長生きしてください。
そうでなければ、友花里が悲しみます。
警察の皆様には、愛娘を奪われた悲しみから心にもない酷いことを言ってしまいました。
皆様が友花里のために、汗を流し頑張ってくれていることはわかっています。
私たち夫婦から最愛の娘を奪った犯人を絶対に捕まえてください。
お願いいたします。
最後に、犯人に対して言わせていただきます。
私たちは絶対にあなたを許しません。
なぜ、私たちの友花里にこんな酷いことをしたのか。
なんで!なんで!なんで!
本当に、悔しい。本当に殺してやりたい気持ちです。

出典:Yahoo!ニュース

	

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic