• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
イタリアン気質・・・貫かれるか?   「スターバックスの進出」に戸惑うイタリアの人たち

サムネイル出典:

イタリアン気質・・・貫かれるか?   「スターバックスの進出」に戸惑うイタリアの人たち

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
イタリアン気質・・・貫かれるか?   「スターバックスの進出」に戸惑うイタリアの人たち

イタリアといえば・・・世界に誇るカプチーン             スターバックスの挑戦なるか?

米国流のコーヒーの飲み方は以下の通りだ。店に入ってラテ(シナモンやミント風味のシロップが振りかけられていることが多い)を注文し、好きな席を選んでのんびりし、ちびちび飲んで贅沢なひとときを過ごす。座り心地のいいソファに座ってWi-Fiを楽しんだりもする。ノートPCを片手に2時間仕事をしようとすることもある。
イタリア流のコーヒーの飲み方は違う。エスプレッソバーに立ち、最新の出来事やスポーツについて5分ほどおしゃべりし、その場で飲み干す。それから、外に出る。店でのんびり過ごしたり、急ぎ足で職場に向かいながら飲んだりすることはない。
両国の文化にはこのような大きな違いがあるが、スターバックスの最高経営責任者(CEO)ハワード・シュルツは、自身が創設した世界的に有名なコーヒーチェーンのアイデアは、33年前にイタリアを旅したときの経験から得たと述べている(日本語版記事)。そして同社は2017年にイタリアに進出し、ミラノに1号店をオープンする予定だと発表した。

出典:「スターバックスの進出」を嘆くイタリアの人たち « WIRED.jp - Linkis.com

	
rifugio quando sei all"estero in giro e fa freddo, ma in Italia grazie, preferisco i miei bar

海外でスターバックスのコーヒーを飲むのは大好きだが、イタリアでは「エスプレッソバーのほうがいい」と述べている。
Attenti eh, che l"arrivo di distruggerà il nostro paese! Che dramma questo libero mercato!
忍び寄る文化的侵略に対して、もっとあからさまに否定的な見方をするイタリア人もいる。用心したほうがいい、スターバックスの進出はイタリアを滅ぼす恐れがある、とあるTwitterユーザーは呟いている。
Provato in America. .giusto perché non c"era altro. Altrove lo evito come i McDonald"s è repulsione alimentare non ideologica
マクドナルドという「ゾッとする存在」を避けているのと同じように、スターバックスを避けるつもりだと述べている。
誇張しがちなある消費者は、スターバックスのイタリア進出は、米国風ピザというひどい食べ物と並んで「世界の終末」の兆しだと主張している。
*****************
文化と伝統を重んじるヨーロッパ気質は、本来、ヤンキーが嫌いだ!
戦後、アメリカのヨーロッパ経済進出が目覚ましくなったころ
アメリカ人の営業マンがどこにでもいたものだ・・・浮いてるので一目でわかる!
人々は言った~
食事の最中に水を飲むのはヤンキーとカエルだけだ・・・と
・・・でアメリカの撮った策は、ハリウッド映画によるヨーロッパ文化の侵略だ
これが見事に成功し、若者たちはヤンキー映画の薄っぺらい派手さと大胆な
アクションに陶酔しアメリカ支配が急激に進行した
*****************
スターバックスが念願のイタリア進出も…現地イタリア人は否定的 : お料理速報 →
	
イタリア進出を発表のスタバ、克服すべき6つの課題とは | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
	
スタバがイタリア市場に進出することになった。エスプレッソの国に「敬意を抱いて挑戦」するらしい。結果が楽しみだ。(G)
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21