• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<また福島のウソがばれた!> 福島、小児甲状腺がん、50倍~300倍…さらに数千倍!  世界最悪/南東北から関東…放射能汚染  /津田敏秀氏ら論文

<また福島のウソがばれた!> 福島、小児甲状腺がん、50倍~300倍…さらに数千倍! 世界最悪/南東北から関東…放射能汚染 /津田敏秀氏ら論文

  • Theme To:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<また福島のウソがばれた!> 福島、小児甲状腺がん、50倍~300倍…さらに数千倍!  世界最悪/南東北から関東…放射能汚染  /津田敏秀氏ら論文

世界最悪となっている小児甲状腺がん! 通常100万人に0.2人とも1人ともいわれる小児甲状腺がん。 それが福島は既に概ね300人に一人、 通常の少なくとも300倍から数千倍になる。

世界最悪となっている
小児甲状腺がん
南東北から関東まで。 
50倍~300倍、数千倍。
いまだに、正確な放射性物質の量は
把握されていないことを忘れてはいけない。
政府の放置によって、世界最悪の
放射能汚染に見舞われているのである。
廃棄物処理や物流によって
全国に拡散を続けているのが現実だ。
決して、政府マスコミの
馬鹿話に引っかかってはいけない。 

出典:福島、小児甲状腺がん、50倍〜300倍…さらに数千倍!世界最悪/南東北から関東…放射能汚染 - みんなが知るべき情報/今日の物語 - Linkis.com

	

福島の子供の甲状腺がん発症率は20~50倍!津田敏秀氏ら論文で指摘!今後さらに多発する事は避けられない!2015年10月08日/不要な被曝を避ける手段が、まったくとられていない… この甲状腺癌発症率20~50倍というのは、事故から4年までを指した事で、現在、福一事故から4.5年以上経っているので発症率は、150倍位になっていることが予測されます 福島、癌の発症率は61倍に上昇!国立癌研究センター長!安倍政府は全て隠蔽・洗脳ー彼らは殺人者だ!ホロコースト…メディアはそれを報道しない!

放射能「東京が危ないとは報道できない」報道ステーション…“東京の汚染は全面カット”取材したのに じわじわ進行する“内部被ばくを黙殺する”関東の子どもの健康被害!報道ステーション…放送止める! 「無いこと」にされている…国の巧妙な安全キャンペーン!  東京で劇的に放射能汚染が進行している!もはや人が住む場所ではない!日本人、医師の発言が海外で話題に! 三田茂医師…!東京の子供たちの白血球が減少している!報道ステーションでは三田医師に取材したが、圧力で放送カット! 福島原発事件「内部被曝」恐ろしい事態はこれから始まる!現在も放射性物質は日本中に降り積もっている!食べ物からも空気からも、わたしたちは、日々内部被曝に遭っている。これはだましの効かない現実だ。

   『安倍晋三の福島原発のアンダー・コントロール発言は大嘘だったが、』

去年の2013年11月12日の福島県検討委発表(確定+疑いの合計が59名)は、曲がりなりにも日本国のマスコミ各社が、誰にも気が付かないように小さく報道した。
ところが、今回の2014年2月7日発表の福島県の小児甲状腺がん(確定+疑い)75人になった事実は誰も報道しない。(8日現在)

去年アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれたIOC総会で安倍晋三が行った『福島第一原発は完璧にアンダー・コントロールされている』発言は大嘘だった。
ところが『マスコミ』の方は完全に安倍晋三がアンダー・コントロールしているのである。
朝日デジタルには記事があるが、肝心の新聞紙面には無い。
他のマスメディアはNHKは当然としても他のマスメディアが挙国一致の横並びで沈黙しているのですから恐ろしい。(東京新聞や日経、毎日の東京本社版に小さく掲載)

今行われている東京都知事選挙の争点は詐欺師の小泉純一郎が主張する脱原発ではない。
今の日本人には、10万年後の使用済核燃料の心配をする余裕が何処にも無いのである。
遠い未来の話ではなくて、目の前の放射能汚染の深刻化が大問題である。
腐りきった日本のマスコミですが、何も知らない(知らされていない)善良な東京都民が投票を済ました後で報道する心算なのだろうか。
知っていて報道しないとしたら悪党である。もしも知らないとしたらマスコミ人として無能である。悪党か無能かは不明だが何れにしろ報道機関としては完全に死んでいます。

   『小児甲状腺がん33人と、全摘出手術者のみを報道』

毎日新聞は1年前の去年二月に福島県検討委の3回目の(安倍政権下では初めての)発表の『小児甲状腺がんの確定』の意味が全摘出手術である恐るべき真実(姑息過ぎるペテン)を報道している。
同じく福島県検討委の『疑い』とは通常のがん検査の最終段階である細胞診断の陽性のことだったと暴露している。
エコー検査、MRIやレントゲン診断の後に最後に行われる甲状腺に直接針を刺して調べる細胞診断が陽性だと、あとは全摘出手術の期日が決められるだけなのです。
『確定』と『疑い』の違いは検査結果の違いでは無い。
甲状腺の全摘出手術の『前か』『後か』の、『時間的な違い』なのである。

去年二月の『確定3人疑い7人』と日本国内で発表された時も、福島県検討委トップの山下 俊一福島県立医科大学副学長(日本甲状腺学会理事長)はアメリカで開かれた関連学会の会合で『小児甲状腺がん10人発症』と報告している。
日本国内以外(外国)では福島県検討委座長の山下俊一自身が少しも『分けていない』のである。
『確定』と『疑い』に分けて数字を小さく発表するのは日本国内限定の馬鹿話程度であり、何とかして短時間(数週間とか数ヶ月程度)だけでも日本人のパニックを先送りしたいのである。
これ等の日本政府の悪事に、全ての日本国内のマスコミが批判するどころか挙国一致で全面的に協力しているのですから恐ろしい。
1年前に福島県検討委の『確定』が甲状腺の全摘出であり『疑い』が最終検査終了である恐るべき事実を報道した毎日新聞は、その後、この日本の大問題に対して一切沈黙している。

   『too little, too late しかも間違っている』

脱原発の共産党機関紙の赤旗ですが、2日遅れで2月9日に小さく報道するが、内容が間違っていた。
『遅い』『小さい』『間違っている』とは情けなさ過ぎる。ヘレンケラー並の三重苦なのですから今のように赤旗の購読者数が激減している厳しい現実もむべなるかな。これでは当然である。
甲状腺癌の発症数は1年前の二月時点の福島県検討委発表でも、既にチェルノブイリ事故の同時期の被害を大きく超えていた。(ベラルーシは5人だが、人口が5分の1の福島県は10人なので10倍の発症数)
本来ならテレビやラジオが臨時ニュースを流し、全ての新聞が『号外』を出すべき、驚愕の大ニュースである。
最低でも、第一面で大きく報道する内容である。決して社会面の隅っこに小さく載るべきではない。

赤旗の紙面には小さく掲載している。ところが公式ホームページの項目には無いのである。(Web版では記事が無い)
赤旗(共産党)福島県の甲状腺癌の爆発的な発症の真実を、読者に知らせたくないのであろうか。
先ず『甲状腺がんの子ども33人に』のタイトルが間違っている。
赤旗記事では、
『東京電力福島第一原発事故を受け、福島県が当時18歳以下だった子供を対象に実施した甲状腺検査で、累計で33人が甲状腺がんと診断されたことが7日、分かりました』とあるが真っ赤な嘘。政府や福島県の悪質なプロパガンダである。
累計で小児甲状腺がんと診断された人数は33人ではなくて、倍以上の朝日の75人が正しい。
33人とは福島県立医大が小児甲状腺がんを全摘出した人数である。(他に良性腫瘍だったが、誤って甲状腺を全摘出した誤診例が1名)

出典:福島、小児甲状腺がん、50倍〜300倍…さらに数千倍!世界最悪/南東北から関東…放射能汚染 - みんなが知るべき情報/今日の物語 - Linkis.com

	
福島医大が原因なのだ!RT : 甲状腺がん 波紋広がる 原発事故5年。検診が大切なのは、これからだ 津田敏秀・岡山大大学院環境生命科学研究科教授(疫学)発症率50倍 原因明らか
	
RT : 「福島の甲状腺がん50倍」論文に専門家が騒がないわけ(上)
「福島の甲状腺がん50倍」論文に専門家が騒がないわけ(下)
	
2015年8月には岡山大学大学院の環境疫学の専門家である津田敏秀教授を中心とした研究グループが甲状腺がん発生率は国内平均の20~50倍であり、潜伏期間やチェルノブイリでのデータから今後も増加は避けられないと公表している。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21