• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
高田延彦の安倍・安保法制批判ツイッターが話題! 元スポーツ選手には珍しい反権力姿勢

高田延彦の安倍・安保法制批判ツイッターが話題! 元スポーツ選手には珍しい反権力姿勢

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
高田延彦の安倍・安保法制批判ツイッターが話題! 元スポーツ選手には珍しい反権力姿勢
**************
タレントやスポーツ選手、それに芸人などなど
もちろん文化人たちも、自分の主旨主張を公式に発表を始めないと
恥ずかしいよ!!
日本だけだからね、政治や宗教についての発言タブーなんて
封建時代から卒業できてない国は!
**************
 最近、意外な著名人がツイッターで安倍政権と安保法案を正面から批判し、話題を呼んでいる。
 その人物とは、元プロレスラー・格闘家でタレントの高田延彦だ。
 たとえば、この一週間をふりかえっても、7月6日に「この安保法制は憲法違反。まともな論拠がない上に安倍氏、中谷氏、高村氏、若手議員などなど、申してることが横暴でむちゃくちゃだもの」と発言。
 その翌々日の7月8日には、「6日に開かれた政府与党連絡会議で安倍氏『おごりや油断が生じれば、、、』と述べたらしいが、本人が先頭に立って驕っている事実にまったく気づかないこれまた驕り」と皮肉たっぷりの一撃。
 そして、7月11日には、安倍首相が集団的自衛権行使の前提条件とする「存在危機事態」に触れ、「解釈改憲は論外、安倍氏は総合的な判断など出来ません」と安倍首相を一刀両断している。
 まさに小気味がいいくらいのツイートだが、しかし、これらは最近の安保法制批判の空気に乗っただけのただの悪口や印象批評ではない。
 昨年の集団的自衛権容認の閣議決定前後から、高田は一貫して「戦争のできる国」をめざす安倍政権の姿勢を批判してきた。
「集団的自衛権。これだけ重要な憲法のこれまでの解釈を真逆に変えるなんて、時の政権が勝手に、それも閣議決定で!断じてあってはならない、やるならば正々堂々と国民投票で審判を仰ぐべき」(14年6月11日)
 また、その時々の政治家の言動をきちんとチェックし、的確な論評をしている。たとえば、1カ月ほど前に起きた憲法学者の「違憲」発言問題では、こんなツイートをしていた。
「憲法のスペシャリスト、オーソリティーが異口同音に憲法違反だと宣言しているのに、政権からは苦し紛れに出てくる低レベルな言葉の羅列。なんなんだい?高村氏の「憲法学者はどうしても憲法の字面に拘泥する」この言い草はナニ?ご都合主義も甚だしい」(6月16日)

出典:高田延彦の安倍・安保法制批判ツイッターが話題! 元スポーツ選手には珍しい反権力姿勢|LITERA/リテラ 本と雑誌の知を再発見

	
高田延彦の安倍・安保法制批判ツイッターが話題! 元スポーツ選手には珍しい反権力姿勢 さんから
	
高田延彦「安倍!出てこいや!日本社会が良い方向へ向かっていることは『一つも無し』である」  確実に崩壊寸前だった日本を緩やかでも立て直しつつあるんだから、むしろ賞賛すべきだろ。まぁ、貴方達の商売は日本がどうだろうと関係ないからねぇ。
	
政経ch: 高田延彦「安倍!出てこいや!日本社会が良い方向へ向かっていることは『一つも無し』である」
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21