• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
すき焼きの残りをリメイクするレシピ集美味しく食べるための製法!

すき焼きの残りをリメイクするレシピ集美味しく食べるための製法!

Author:
ranmarukingranmaruking
Posted date:
すき焼きの残りをリメイクするレシピ集美味しく食べるための製法!
余ったすき焼きの残りを美味しく食べるためのリメイクレシピや、すき焼きのイチ押しの製法を整理ました。

肉の旨みがたくさん内蔵されたすき焼きのリメイク料理はリメイクする事で違った味わいを楽しめます。

すき焼きのリメイクレシピを応用して、美味しくいただきましょう!。

旨みが詰まったすき焼きのリメイクレシピはどんなものが良い?

牛肉やネギ、白菜など食料品の旨みがふんだん詰まったすき焼き。

はりきって具材を豊富に下拵えしたけれども、お腹がいっぱいになって余ってしまった……という事もありますよね。

そのような事例に余ったままにしておくのは割に合わない。

余った残りのすき焼きもリメイクして美味しく食べていきませんか?。
すき焼きのリメイクレシピが思いつかなくて次の日もなおすき焼き、という事では何となく味気ないですよね。

その実余ったすき焼きのリメイクレシピはバラエティ豊か。

旨みがたくさん詰まったすき焼きの残りだからこそ、手間なくなリメイクレシピで本格的な味わいを遊べるようになります。

「余ったすき焼きの残りで如何なるリメイクレシピを応用すれば美味しくなるか思い当たらない」というケースにベストチョイスのリメイクレシピを集めました。

美味しく仕上げるすき焼きのレシピや極意もご解説。

余ったすき焼きを無意味にする事なく、美味しくリメイクしていきましょう!。

すき焼きの作り方は地方によって違う?

関東風のすき焼きの作り方

すき焼きと一言で言っても、関東風と関西風の2種類があります。

一緒に食べる人や自分の嗜好に当てはめてチョイスしてでいきたいですね。

関東風のすき焼きのレシピは、割り下を前もってに仕込みして生み出すのが一般的。

牛脂をしいた鍋に長ネギと牛肉を入れて焼き目をつけていきます。

割り下がひたひたになるまで注いだらほかの具材も入れて煮込み、関東風すき焼きの完了。

関西風のすき焼きの作り方

関西風のすき焼きは牛脂をしいた鍋に牛肉を入れ、八分目まで火が通ってから砂糖を入れます。

砂糖が軽く溶けてきたら醤油を加え、白砂などのほかの具材を加味。

これが関西風のすき焼きのレシピです。

醤油と共に酒を入れても美味しく品質ます。

自分の嗜好に当てはめて最適な製法をチョイスしてでくださいね。

すき焼きを美味しくするための作り方のコツ

割り下は自分で作る

美味しいすき焼きを仕上げるためには何個かの見所をおさえておくのがイチ押しです。

真っ先に、関東風のすき焼きを生み出すケースは割り下を自らで生み出すとまた美味しくなるのではないでしょうか。

市販の割り下も良いですが、自らで仕上げる事によってお好きなの味に調節する事ができます。

甘めや濃いめなど、お好きなに組み合わせて作っていきましょう。

下ごしらえは事前に行う

すき焼きはパフォーマンスも重要。

野菜をはじめとした具材の下処理は前もってに行っておきます。

割り下も先に下拵えしてからすき焼き作りを開始出来てくださいね。

火が通りにくい玉ねぎを使用する事例は、スライスしてから電子レンジで加熱をしておくともうに火が通り、ほかの具材とのムラをなくす事ができます。

基本のすき焼きのレシピ

割り下の具材はすべて鍋に入れて、ひと煮立ちさせておきましょう。

鍋に牛脂をのせて加熱し、脂が出てきたらスライスした長ネギを加えます。

牛肉を適量加えて軽く焼き色がつくまで焼き、すべての具材と割り下を添加。

牛肉が固まらないようにほぐしながら煮込み、具材に火が通ったら仕上げです。

上手にすき焼きをリメイクして、最後まで美味しく食べきろう!

すき焼きのリメイクレシピは多面的。

美味しいすき焼きの製法のポイントをちゃんと参考にしておけば、リメイクレシピも一段階上の味わいになります。

採り上げるのご解説したレシピをポイントに、美味しくすき焼きを食べきってくださいね。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ranmaruking

美容 ライフスタイル ファッション 健康 などまとめています