• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「信憑性高い」 東京五輪の不正招致疑惑に元JOC職員が言及    日刊ゲンダイ

サムネイル出典:

「信憑性高い」 東京五輪の不正招致疑惑に元JOC職員が言及    日刊ゲンダイ

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
「信憑性高い」 東京五輪の不正招致疑惑に元JOC職員が言及    日刊ゲンダイ
 やっぱり、カネが支払われていたのか――。

 五輪招致をめぐり、協賛金疑惑が浮上した。今年8月のリオデジャネイロ五輪と20年の東京五輪の招致活動に不正があった可能性を、フランス検察当局が捜査していることが判明した。1日付の英紙ガーディアンが報じた。

 当局は国際陸連(IAAF)の元会長で国際オリンピック委員会(IOC)委員だったラミン・ディアク氏(82)のドーピング隠蔽に絡んだ汚職捜査の一環として、リオと東京五輪の招致活動や投票にも捜査対象を広げているという。

 東京五輪招致では、ロシア陸上界のドーピング問題に関する世界反ドーピング機関(WADA)の第三者委員会が1月に発表した調査報告書の中で、日本側が国際陸連などに協賛金を支払ったとの証言があると指摘。一方で、トルコ側は400万~500万ドル(約4億5600万~5億7000万円)の協賛金を支払わなかったため、ディアク氏の支持を得られなかったとしている。同氏は当初イスタンブールを支持していたが、日本側がIAAFに協賛金を支払うと、日本支持に回ったという。日本側は不正を否定している。

出典:「信憑性高い」 東京五輪の不正招致疑惑に元JOC職員が言及 | 日刊ゲンダイDIGITAL

	

■さらなる“余罪”が出る可能性も

 元JOC職員で、長野五輪招致活動に関わったスポーツコンサルタントの春日良一氏がこう言う。

「報道の信憑性はかなり高いと思います。日本はこれまで正攻法にこだわり、政治的な駆け引きやロビー活動が足りなかった。その結果、名古屋、大阪、前回の東京とあまりに戦略が稚拙だったため、相手にもされず、惨憺たる結果を招いてきました。その反省からオールジャパン体制で臨むと聞いた時、そういうこともあり得るとは思っていました。安倍晋三首相がアラブ諸国を回ったり、アフリカへの支援事業を打ち出したり、森喜朗元首相がロシアのプーチン大統領を訪問したのも、政治的本気度のあらわれです」

 その上でこう続ける。

「キレイ事だけで済む世界ではありません。票を持っている人物が組織委員会に金品を要求してきたら、ムゲには断れません。渡航のためのファーストクラスのチケットや子供の留学の面倒まで頼んでくるケースもあります。あくまで目的は招致です。国際陸連からイスタンブールが協賛金を支払わなかったという情報が入れば、むしろ渡さない手はない。確実に1票が入るわけですから。長野五輪の際は、20億円の招致費用を使って批判にさらされました。それが今回、公になっているだけで89億円です。実際、こういう話が出てくると、あらためて莫大な金額を使ったんだなと思います」

 13年には、首相自らが招致演説で福島第1原発の汚染水を「アンダーコントロール」と嘘をついて招致した東京五輪。そんな“前科”があるだけに、次から次へ“余罪”が出てきてもおかしくない。

出典:「信憑性高い」 東京五輪の不正招致疑惑に元JOC職員が言及 | 日刊ゲンダイDIGITAL

	
「信憑性高い」 東京五輪の不正招致疑惑に元JOC職員が言及

え?マジで?これホントだったらもう二度と日本でオリンピックできないよ…
東京オリンピック自体開催できるの?
不正働いてたとか最悪じゃん(怒)
	
「信憑性高い」 東京五輪の不正招致疑惑に元JOC職員が言及

そして真実を探すブログの方でも
⇒ 【アウト】東京オリンピック誘致が汚職疑惑の捜査対象。
「5億円の協賛金を払った証言あり」
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21