• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
恋人を作るならマッチングアプリが最強!?本当に出会えるアプリはコレ

サムネイル出典:

恋人を作るならマッチングアプリが最強!?本当に出会えるアプリはコレ

Author:
guricogurico
Posted date:
Update date:2020年02月06日
恋人を作るならマッチングアプリが最強!?本当に出会えるアプリはコレ
最近、出会いを探す男女のあいだで爆発的に流行しているマッチングアプリ。

「マッチングアプリを使えば恋人ができる!」なんて話をよく耳にしますが、本当にマッチングアプリを使えば恋人ができるのでしょうか。

この記事では、マッチングアプリは恋人ができるのかどうか、恋人を作るためにはどんなふうにマッチングアプリを使えばいいのかをまとめています。

マッチングアプリとはどんなもの?

マッチングアプリとは、「同じ目的を持っている人々がマッチングできるアプリ」のこと。オンラインで同じ目的を持った相手を探すことができるので、効率的にいい出会いが望めるとして多くの人々から人気を集めています。

また、アプリではなくWEB上でマッチングサービスを提供しているサイトも多数存在し、そういったサイトは「マッチングサイト」と呼ばれます。マッチングアプリとマッチングサイトは、アプリを使うかWEBを使うかが異なるだけで、どちらもマッチングサービスを提供していることに変わりありません。

一般的に、「Pairs(ペアーズ )」や「ゼクシィ縁結び」のように、恋人や結婚相手を探したい18歳以上の男女を対象としたアプリがマッチングアプリとして広く認知されていますが、実は、フリマアプリの「メルカリ」やビジネス系サービスの「yenta」もマッチングアプリのひとつ!

当然、恋人を作るためには「恋人や結婚相手を探したい18歳以上の男女を対象としたアプリ」を使う必要があるので、この記事ではそういったマッチングアプリに焦点を当てて解説していきます。

マッチングアプリの基本システム

マッチングアプリは、基本的に以下のようなシステムとなっていることが特徴。

●登録時には身分証を使って年齢確認や本人確認が必要
●異性を検索して、写真やプロフィールを見て気になった相手に「いいね」を送る
●いいね受信者が、いいね送信者のことを気に入ればマッチング成立
●マッチング成立した場合のみメッセージ交換が可能
●メッセージのやりとりを重ねて、気が合えばデートする

お互いに相手のことを気に入らなければ、メッセージのやりとりすらできないという点がマッチングアプリ最大の特徴です。

マッチングアプリと出会い系アプリは別物

マッチングアプリは「出会い系アプリ」と混同されがちですが、マッチングアプリと出会い系アプリは似ているようでまったく違うものとなっています。

マッチングアプリと出会い系アプリが特に違う点は、「年齢確認・本人確認の有無」と「料金制度」の部分。

まず、マッチングアプリは身分証を用いた年齢確認・本人確認が必要ですが、出会い系アプリは年齢確認・本人確認が不要なケースがほとんどです。そのため、どうしても業者や未成年者、悪質ユーザーの温床になりやすいのがデメリット。

また、マッチングアプリは基本的に月額制の料金システムになっていることに対して、出会い系アプリは「プロフィール閲覧1回」「メッセージ送受信1回」とアクションごとに料金が発生するシステムであることが多いです。

本当にマッチングアプリを使えば恋人ができるの?

「マッチングアプリを使えば恋人ができる!」なんて話を耳にすることは多いですが、マッチングアプリを使えば本当に恋人ができるのか気になるところですよね。

タップル誕生などのマッチングアプリを運営するサイバーエージェントの調査によると、マッチングアプリやマッチングサイトといったマッチングサービス利用者のうち、3人に1人以上の人がサービスを通じて恋人ができているそう。

マッチングサービスを利用して恋人ができた人の割合

			
この結果から、「マッチングアプリを使えば恋人ができる!」というのはあながち嘘ではないことがよくわかりますよね!

マッチングアプリの正しい選び方をチェック!

マッチングアプリは、利用すれば恋人ができやすいサービスではありますが、適当に選んだマッチングアプリを使っているといい出会いを探しづらく、恋人を作れる可能性はガクンと下がってしまいます。

ここからは、恋人を作るためにはどんなポイントに気をつけてマッチングアプリを選ぶべきかをチェックしていきます。

ポイント1:自分に合った種類のアプリか

世の中にはさまざまなマッチングアプリが存在しますが、大きく分けると「結婚相手を探したい人向けのアプリ」「恋人を探したい人向けのアプリ」「デート相手を探したい人向けのアプリ」の3種類に分類されます。

結婚相手を探したい人がデート相手を探したい人向けのアプリを使っても理想の出会いを探しづらいので、きちんと自分に合った種類のマッチングアプリを使うことが大切です。

ポイント2:国内の大手企業が運営しているアプリか

マッチングアプリの登録時には身分証を使って年齢確認・本人確認を行います。

しかし、運営会社によってはきちんとした年齢確認・本人確認がされていなかったり、身分証などの個人情報の管理体制がずさんだったりする可能性も。

国内の大手企業が運営しているマッチングアプリであれば、運営は会社の評判を落とさないためにもお金と時間と人員を割いて、しっかりと年齢確認・本人確認を行なっていることが多いです。また、個人情報取り扱いの認証検査を受けている企業がほとんどなので、提出した個人情報は厳重に取り扱われます。

ほかにも、「日本語でのサポートが受けられる」「24時間365日体制でのサービス管理&監視が行われている」「悪質ユーザーに対する措置が迅速である」などといったメリットもあるため、いい出会いを探すのであれば国内大手企業運営のマッチングアプリを選んでくださいね。

ポイント3:料金設定が適正なアプリか

多くのマッチングアプリは、「男性は月額3,000円前後、女性は基本無料」の料金設定となっています。

もちろん、アプリによって月額料金が異なったり、女性も有料であったりする場合があります。上記の金額感は、あくまでも目安程度に考えればOK。

ただし、真面目に婚活・恋活をするのであれば、「男性も女性も完全無料」のマッチングアプリはあまりオススメできません。男女ともに完全無料のマッチングアプリは手軽に出会いを探したい男女が集まっているために、ライトな出会いを求めるユーザーが多い傾向にあるからです。

また、月額制ではなく、「プロフィール閲覧1回10円」などと行動ごとに料金が設定されている場合には、マッチングアプリではなく出会い系アプリの可能性が高いので要注意です。

おすすめのマッチングアプリはどれ?

いい出会いを掴むためには、「自分に合った種類か」「国内大手企業が運営しているか」「料金設定が適正か」のポイントに重きを置いて選んだマッチングアプリを使うことが大切。

とはいえ、マッチングアプリはあまりにも数が多くて、どのアプリを使うか迷ってしまいますよね。

ここからは、数多く存在するマッチングアプリのなかでも、特におすすめのアプリを3つ紹介していきます。

結婚相手を探せる婚活向けアプリ「Omiai」

「Omiai」は徹底した安全対策によって、真面目に結婚相手を探しているユーザーが集まっていると評判のマッチングアプリ。

Omiaiには迷惑行為を行なうユーザーを通報できる機能があり、通報されたユーザーは運営から強制退会や注意勧告などのペナルティが与えられます。

さらに、通報されたことのあるユーザーのプロフィール上には「イエローカード」が一定期間表示されるため、迷惑行為を行うユーザーを判断しやすいほか、迷惑行為の抑止にもつながっていることが特徴です。

恋人を探せる恋活向けアプリ「Pairs(ペアーズ)」

国内マッチングアプリのなかでも上位に食い込むユーザー数を誇る「ペアーズ」は、恋活中の人にオススメのマッチングアプリです。

ペアーズのユーザーは20〜30代前半がメインで、「結婚も考えられるような恋人を作りたい」と考えているユーザーも多いため、かなり真剣度の高い恋人探しが可能となっています。

雑誌やSNSなどへの露出が多いアプリなので、さまざまなユーザーが集まっており、自分の好みに合った人を見つけやすいのも嬉しいポイント。

デート相手を探せるデーティングアプリ「タップル誕生」

「まずはお友達から始めたい!」「気軽にデートに行ける相手がほしい!」と感じている人にぴったりなのが、サイバーエージェントグループが運営するマッチングアプリである「タップル誕生」。

10代〜20代のユーザーがメインのマッチングアプリであるタップル誕生では、ほかのマッチングアプリよりもライトな出会いを探しやすいです。

また、タップル誕生は写真を見て感覚的に「いいね」をしていくアプリ仕様になっているので、外見や年齢などを材料に感覚的に「会いたいかどうか」を見極めることができます。

マッチングアプリでいい出会いを掴むための5つのコツ

いざマッチングアプリを使い始めても、「あまりいい出会いを獲得できない…」と悩む人は少なくありません。

マッチングアプリでいい出会いを掴むためには、使い方にもちょっとしたコツが必要です。ここからは、マッチングアプリでいい出会いを掴むためのコツをまとめていきます。

コツ1:プロフィールを充実させる

マッチングアプリは写真や自己紹介文など、プロフィール情報が「いいね」の判断材料となります。そのため、いいねをもらったり、マッチングを成立させたりするにはプロフィール作りが非常に大切。

「自分の雰囲気がきちんと伝わる顔写真や全身写真を設定する」「自己紹介文やプロフィール項目はしっかり埋める」などして、相手に好印象を与えられるプロフィールの作成を心がけてくださいね!

コツ2:自分から積極的にいいねを送る

いいねをくれた相手に対していいねを返すだけでもマッチングは成立しますが、よりたくさんの人に出会うためには自分から積極的にいいねを送ることも重要です。

いいねは画面上のボタンをワンタップするだけで送れるものなので、自分から異性に話しかけたりアプローチをかけたりするのが苦手な人でも、抵抗感なく送信することができますよ!

また、いいねは多くの人が仕事や学校が終わってゆっくりスマホを触れる時間帯である18〜24時か、休みの可能性が高い土日祝日に送ると相手に反応してもらいやすいです。いいねを送る際には時間帯も気にしてみるのが吉!

コツ3:マッチングしてからの流れにも気を配る

マッチングアプリでは、マッチングしてからが本番なので、無事にマッチングできたからといって気を抜いてはいけません。

マッチング後は、「相手の趣味や興味に沿った内容のメッセージを送って会話を盛り上げる」「会話が盛り上がってきたタイミングでデートに誘ってみる」などして、より関係性を深めることを意識してください。

実際にデートをすることになった際には、がっつり昼から夜までデートをしたり、お酒を飲み交わして一気に親密になろうとしたりするのではなく、顔合わせ程度に数時間ランチをするところから始めてみるのがオススメですよ。

マッチングアプリはきちんと使えば恋人ができる!

マッチングアプリ利用者のうち3人に1人は恋人ができているというデータもある通り、マッチングアプリは出会いを探すにはぴったりのツールです。

ただ、「自分に合った種類か」「国内大手企業運営か」「料金設定は適正か」のポイントを気にせずにアプリを選んでしまうと、なかなかいい出会いが見つからないこともあります。いい出会いがほしいと感じるなら、大切なポイントを押さえてアプリを選ぶようにしてくださいね。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
gurico