• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【仮想通貨】始める前の豆知識

サムネイル出典:VPNとは? | ExpressVPN

【仮想通貨】始める前の豆知識

Author:
Finance-goFinance-go
Posted date:
【仮想通貨】始める前の豆知識

サムネイル出典:VPNとは? | ExpressVPN

仮想通貨で簡潔に決済

ビットコインでの支払いにおいて、必要とされるのはメールアドレスの提供のみとなります。ペイパルなどをすでに利用されている人は、なんとなくイメージがつきますね。
オンライン取引には改ざんなどのセキュリティー問題が懸念されていますが、仮想ネットワークなどを利用することで安全面を高めることは可能です。

まだ、仮想通貨を始めていない人にとっては、未知の世界で不安になられる人も中にはおいでですが、実際仮想通貨においてすでに資産を増やされた方もいます。
簡単に支払いができ、投資もできる便利な通貨が仮想通貨なのです。
 		

出典:VPNとは

	

仮想通貨とは?

英名では「cryptocurrency」と呼ぶため、正式な訳は「暗号(=crypto)通貨(=currency)」であると言われています。
しかし、日本では改正資金決済法にて「仮想通貨」と明記され、それ以前にも報道などで「仮想通貨」と広く報じられたため、その名前が定着しています。

仮想通貨は、「インターネット上で取引される通貨」であり、通貨という名称ですが紙幣や硬貨といった実物のものではなく、あくまでも電磁情報です。国が一括して管理している法定通貨とは違い、ブロックチェーン(分散型台帳)という技術を利用し、取引データを分散して管理しています。
ブロックチェーンは「ブロック」と呼ばれる取引データの単位を一定時間ごとに生成し、それを「チェーン」のように連ねて管理する方法です。
 		

出典: コインポスト

	

仮想通貨と法定通貨との違い

法定通貨

国が管理し、国による価値の保証がなされているもので現物としての紙幣や硬貨が存在するものです。日本では、日本銀行が発行する日本銀行券、および造幣局が製造し政府が発行する貨幣(硬貨)のみが法定通貨です。

例として日本円を挙げると、日本銀行が一括して発行、管理をしています。仮想通貨はこの法定通貨の管理構造とは全く別のものです

仮想通貨

管理しているのが不特定多数の人であり、価値を保証しているのはブロックチェーン技術そのものといって差し支えありません。

また、電磁情報であるので、貨幣などの自体としての媒体はありません。取引があったという記録がインターネット上の台帳に記録として残るのみです。
 		

出典:コインポスト

	

仮想通貨で投資

■仮想通貨は「ブロックチェーン」という最新技術を用いているデジタル通貨。これからの普及が期待されている。
■市場が発展途上なので、今から仮想通貨を保有していれば、大きく儲かる可能性が高い!
少額(数百円〜数千円)から始められるので、株やFXなどよりも低リスクで投資デビューすることができる。
■仮想通貨投資を始めるなら、取引所への登録は必須。安全性や使いやすさを総合評価すると!「Coincheck(コインチェック)」「DMM Bitcoin」の2つがオススメ。
■中でも一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っており、250万人以上のユーザーに愛用されているCoincheck(コインチェック)の人気が高い。
■最少「500円」から始めることができ、取引手数料も無料。仮想通貨投資するならCoincheckは登録必須な取引所。
 		

出典:ゴリゴリわかる仮想通貨

	

仮想通貨投資を始めよう

仮想通貨を購入するためには仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。まずは、仮想通貨取引所のサイト内で新規登録を進めましょう。取引所で口座を開設した後には、仮想通貨を購入するための日本円を入金します。仮想通貨は日本円で購入することが一般的ですが、ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインはビットコインで購入することも可能。海外の取引所の中にはビットコインでしかアルトコインを購入できないといった取引所もあります。

仮想通貨の購入

仮想通貨取引所には販売所形式と取引所形式の2種類がある。購入の前にはどちらで仮想通貨を購入するかを決める必要があります。販売所方式では、購入者は仮想通貨取引所から仮想通貨を購入します。この方式のメリットは、購入者は販売所が提示する価格で自分が購入したい数だけ仮想通貨を購入できることにあります。取引所形式では、購入者は売却を検討している投資家から仮想通貨を購入します。取引所は購入者と売却者を仲介する「板」取引の場を提供する形です。

仮想通貨の売却

販売所形式では、販売所から提示されている売値で仮想通貨を売却することになります。取引所形式では、現在取引が行われている価格でそのまま売却する「成行」か価格を指定して売却する「指値」を選ぶことが可能です。
 		

出典:HEDGE GUIDE

	

分散型仮想通貨取引所とは?

分散型仮想通貨の「取引所」と名は付いていますが、取引所自体で通貨は保有されません。
利用者が直接取引をウォレット同士で行う時に、”取引をする場所”を提供しているというだけなので、取引所自体が狙われることはないといえるのです。
しかしここでもまた、新たなセキュリティーに関する問題が懸念され始めているのが実情です。この場合、利用者間で直接取引を行う際、個人でセキュリティー対策をしっかりしておかなければなりません。そこで登場したのがハードウォレットなのです。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Finance-go