• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<前向きにやろう~よ!>  首都圏の急病人の異常な多さ 5年後についにやってきた

サムネイル出典:

<前向きにやろう~よ!>  首都圏の急病人の異常な多さ 5年後についにやってきた

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<前向きにやろう~よ!>  首都圏の急病人の異常な多さ 5年後についにやってきた

もうどうしていいのか、何と言っていいのか・・・。首都圏の急病人が異常に激増している様子がわかります。私自身、少し前に首都圏に出張していき、数日もいなかったのに3回電車が止まりました。 1回は「踏切確認」、あとの2回は「急病人」。

このブログをご覧の皆さん。そして、これまで、政府がすすめる「食べて応援」や「瓦礫焼却」をしてきたみなさん。 なにも首都圏に限りません。国家権力は、地震後、日本列島の人間に均等に内部被曝がおきて、被爆による疾病や突然死を、文明病だと偽るために、原発由来の放射能を、いろんな形でばらまいてしまったのです。

個体生命は、生死の臨界値が来るまでは、普通とかわりなく生きようとします。ですから、徐々に細胞や遺伝子を侵す内部被曝は、あるときまで発症せず、なかなかそれが原因だと判らない。 だから、まさに、「直ちに影響はない」。でも、今、どれほど多くの人間がシンガポールに逃げていることでしょう。2万人(いや、それ以上)という話もあります。

 この重大犯罪をこの国の公権力は、まったく裁かず、かえって奨励してきたのです。アーミテージに教唆され、中国との戦いに勝つため? 自分たちの体制を維持するため? でも、放射能は、それでも、自分自身にも返ってくることなのに。

 地震直後の2011年には、世界から、日本政府が国民をダマシまくる姿勢に対し、大いに批難の声が出たのですが、安倍内閣になって、「アンダーコントロール」発言のもとオリンピック招致が決定となってから、日本政府(官僚も司法)も、自分自身で勝手に、そうした悪魔的手法に免罪符を得たと考えてしまったようです。なさけない。それが、日本のエリートたちの姿なのです。

 それが、「ホ」と言わせない政策です。さらに、中国との緊張つくり。 しかし、放射能は、休みません。しかも、動植物の中で、生物濃縮が進みます。もう、海流気流ともに太平洋を越えています。

しかも、デブリの水蒸気がまたまた大量に出ているのです。 安保法案成立後のシルバーウィークではたまたま止まりましたが、11月に入って、また吹き出し、ここのところ、これまでで最大の噴出をしています。公安や内調は、こうした事実をどう捉えているのでしょうね。

自分の、人間個人としての、不安を押し殺さずに、 生活のためではなく、生存を意識して、臨戦態勢を組んだほうがいいですよ。

個人としても。 そして、国家としても。  人がいなければ、国家が成り立たない。

子どもや青年は、未来の希望。  あたりまえのことなのに。

出典:首都圏の急病人の異常な多さ 5年後についにやってきた | すべては気づきすべては気づき

	
私自身、周りのあまりにも普通な様子で、麻痺させられてしまっています。ネットやツイッター等を見ない限り、東京に行って、電車が止まって、人々が死にそうな顔をしていてそこでようやく、「その時」はおとずれているのだと実感します。

しかし地方でも、事故や救急車に遭遇する数がものすごく多いのです。それも、まったく無関係ではないのではという気もします。今日は接触事故2回見ました。1回は警察官が2人現場検証。バスと乗用車の接触事故もこれまで2回目撃。大きな激しい事故も2回見ており、また逆走車も1回見ました。

ツイッターを見ていないと意識できないくらいのレベルで、一見日本で普通に物事が進んでいます。

でも、フクイチからいまだに水蒸気や汚染水がダダ漏れになっているのは事実であり、そして、汚染瓦礫拡散されたことも、食べて応援が繰り広げられたことも、また事実。

事実は事実。それをどう受け止め、どう動くか。

それが問われ、目の前に突きつけられていることを思います。

気づいている人々は、生き残っていく準備をする段階にすでに以前から入っています。

覚えてらっしゃるでしょうか。ご存知でしょうか。武田邦彦教授が「2015年放射能クライシス」というタイトルの本を出版されていることを。2015年、今です。

出典:首都圏の急病人の異常な多さ 5年後についにやってきた | すべては気づきすべては気づき

	
首都圏の急病人の異常な多さ 5年後についにやってきた
	
首都圏の放射能汚染は、深刻である! 日本の食品・飲料の安全基準値は異常な高さ-日本政府が安全といっても外国では飲食禁止! 無茶苦茶なので、とにかく、飲食物は、東北から中部地方産のものは絶対に口にしない! 
	
首都圏の「火葬場不足」現実に「友引」の稼働も増加


◆ 人口ピラミッドの関係なのか放射能の影響がそろそろ出てきたのか。
昨年身内でお葬式が出来た時も葬儀場が一週間待だった。
今火葬している人は一週間前に亡くなった人。
なんだか異常。
	

首都圏の「火葬場不足」現実に、「友引」の稼働も増加

 火葬場の不足が現実になってきた。首都圏では時間帯によっては遺族が長期間火葬を待たされる。これまで閉めていた「友引」に開け、火葬時間の枠を広げる施設が出ている。迷惑施設ではなく、市民が納得して新設しようという動きもある。多くの人が亡くなる社会に合わせて、変化を求められている。
 1月下旬の友引、東京都大田区にある臨海斎場は上限の7割を超す21体の遺体を火葬した。古巻祐介事務局長は「友引の葬式を避ける

出典:首都圏の「火葬場不足」現実に、「友引」の稼働も増加 |くらし&ハウス|NIKKEI STYLE

	
大震災五周年記念放射能デマ祭りの参加Webページですね。デマに慣れちゃったのでもっと斬新なデマが見たい>首都圏の急病人の異常な多さ 5年後についにやってきた:首都圏の急病人が首都機能を止める・・・
	
放射能で内部被曝が続くと中枢神経系がやられ、突然意識を失い卒倒したり、物忘れやミスがひどくなったり、頭が回らなくなり目の前の事態に対処できなくなったり、排泄が麻痺したり、無意味な言動を繰り返すなどの行動異常が頻発します。これらが既に現象として顕著化しているのが首都圏。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21