• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
海外在住、私が日本人だとわかると皆口々に『安倍の嘘』の話を始める。”日本の信用は地に落ちた”

海外在住、私が日本人だとわかると皆口々に『安倍の嘘』の話を始める。”日本の信用は地に落ちた”

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
海外在住、私が日本人だとわかると皆口々に『安倍の嘘』の話を始める。”日本の信用は地に落ちた”
海外在住18年以上になります。
ずっと、日本はいい国だと思ってきた。
早く日本へ帰りたいと思ってきた。あの事故の前までは。

日本政府が、あのロシアよりもヒドイ政府だなんて夢にも思わなかったのに
蓋を開けてみれば、日本は、殺人国家だった。
チェルノの時代よりも、正確に汚染が、人体への被害が、わかるのに、
国は避難させるどころか、進んで国民を見殺しにしている。

殺人学者、殺人政治家。殺人企業。殺人マスコミ。
そして今だに安全を信じている無知な国民と無関心平和ボケ国民。

なぜ、日本にいる国民は、もっと怒らないのか。
日本人は、優秀なのか馬鹿なのか、わからなくなった、、、と
日本人以外の知人友人に言われるようになった。

誠実で勤勉な日本人というイメージは、安倍の大嘘でぶち壊された。
私が日本人だとわかると、皆口々に安倍の嘘の話を始める。

外国人でさえも安倍の嘘を見抜いているのに、
未だに安倍は支持する国民がたくさんいることが恥かしい。

日本の信用は地に落ちた。嘆かわしいことだ。

出典:http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/ed93f3ef908af8173ad6ab3b6ce363f1

	

「福島第1原発事故のウソ~日本人はトリックで騙され続けた」

★3年前、日本の福島第1原発で 『 4つの原子炉が爆発 』 した ★日本政府は菅直人を追放し、原発エネルギーに逆戻りしようとしている ★ZDFのフィルムは福島第1の原発事故が  『 全く制御されていない状態である 』 ことを明確にした ★強力な日本の原発推進派原子力村は、  福島第1原発事故の 『 事実を隠すために、何をしても構わない 』 と思ってる

福島第1の原発事故の嘘 。トリックをして騙し脅かした。

科学者や元内閣総理大臣は、日本の政府に対し深刻な疑惑を持ち問題を提起している。

3年前日本の福島第1原発で4つの原子炉が爆発した。

最近、安倍首相は福島第1原発の状況は制御されていると世界で公表したが、日本の安倍首相のこの発言は何のためであるかドイツテレビZDFの東アジア特派員HANO氏が1週間かけて、彼の東京チームと共に調査した。

ドイツテレビZDFが26日の水曜日に放送する「福島の嘘~トリックで騙し脅かした」で恐ろしい結果を見る事ができる。

原発ロビーの陰謀を話してくれた日本の元首相・菅直人氏の独占インタビューも報道される。

日本政府は菅直人を追放し、現在、日本政府は原発エネルギーに逆戻りしようとしている。

首相補佐官だった馬淵澄夫氏は「東京電力は、高い費用が必要な防災のための必要な措置を妨げてきた」と報告した。これは東京電力の内部文書から明らかにされた。

京都の科学者の小出裕章氏は「福島の状況は政府発表とは全く違う状態であり、制御ができていない状態である」と説明してくれた。

福島第1原発の周辺は放射線により湿地状態となっており、福島第1原発の周辺にある観測井戸から高度の放射性物質が検出され、その一部が海に流出している状態である。

日本のマフィア「ヤクザ」の一人が、福島第1原発で新たな労働者として雇用され、東電のしている怪しい事を報告してくれた。

Johannes Hano記者は福島の農夫に会った。農夫は「牛の健康状態が非常に心配な状態であるが福島の当局は牛を殺すようにと私に言った」と話してくれた。

ZDFのフィルムは福島第1の原発事故が全く制御されていない状態であることを明確にしたのである。

強力な日本の原発推進派原子力村は、福島第1原発事故の事実を隠すために、何をしても構わないと思っているようだ。

出典:http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/ed93f3ef908af8173ad6ab3b6ce363f1

	

海外の語学研修での話 僕達は東京には決して行かない ”あんな危ないところに住んでることが信じられない”

私は大阪府在住です。

子供が夏の間アメリカの語学研修に行っています。

諸外国から語学研修に来ている若者たちは、放射能のことをよく知っていて、君は大阪でよかったね。

僕たちは東京には決して行かないと、言っています。

あんな危ないところに住んでいることが信じられないと言っているそうです。

そして、もしも私の子供が大阪でなければ、近づいてくれなかったかもしれないです。

普通に勉強をしている、普通の外国の若者の考え方です。

もう日本は普通じゃなくなって、狂気が蔓延しているとしか思えない。

法律を無視してまで、瓦礫を拡散、放射性廃棄物、焼却灰を、あえて汚染されていないきれいな場所に保管させようと東奔西走している精神の狂ったおかしな人達が、政権を握って、私達、日本人をこの島国の汚染の中のモルモットにしようとしているとしか思えない。

東京は危ない、全世界の人達がそう見ているのに、自分たちだけはモルモットになっているのに気が付かず、迷路をくるくる回っているみたいです。

大阪市も瓦礫を焼けば、世界中から愚かな人々として刻印を押されます。

普通に考えて、危険という人がある一定の人数になれば、今の狂気が正気になる可能性があるのだから、普通の人よ頑張りましょう。

決して自分たちがモルモットにならず、声を上げようと思う。

東京に住んでいる人は、海外の若者の言葉をよく考えてください。

決して、迷路のモルモットにならないで、どうぞ、安全な場所に行ってください。

出典:http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/ed93f3ef908af8173ad6ab3b6ce363f1

	

ノーベル賞をもっとも多く出している ヨーロッパ最高の研究機関マックス・プランク研究所は、 東北・関東は放射能退去エリアとしている!!

日本の東北・関東のほぼ全域、中部地方の大部分で産出される農林水産物は、食品・食糧ではなく、『放射性廃棄物』と国際的には見做されるのが、日本の悲しい現実である。

出典:http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/ed93f3ef908af8173ad6ab3b6ce363f1

	
政府が原発事故以前の放射線基準値よりも著しくハードルを下げたままの現状の中、放射線による健康への影響に不安を感じる方々を指し『放射脳』などと揶揄する心の荒廃した方々が稀に存在しますが、自然は嘘をつきません。東大の研究結果です。
	
日本は「被曝国」だが、政府が福島第一原発は安全だという嘘を付いて事故終息を怠っているので、放射性物質は日本だけでなく世界中に飛散・流出し、今度は「与曝国」になる。世界最低最悪の無責任破廉恥国家として歴史に名をとどめることになるだろう。こんなインチキ政府は潰せ!
	
読売新聞は今頃になってやっと認めたが、放射線のホットスポットのことはずっと前から分かっていたはずだ、読売新聞は、2011年に福島原発事故によるホットスポットはデマだという嘘を流したことを今こそ謝罪すべきである。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21