• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
その手があったか!彼氏と喧嘩した時のうまい仲直り方法の意外なホンネ

その手があったか!彼氏と喧嘩した時のうまい仲直り方法の意外なホンネ

Author:
ranmarukingranmaruking
Posted date:
その手があったか!彼氏と喧嘩した時のうまい仲直り方法の意外なホンネ

喧嘩が絶えない彼と、うまくやっていくためには?

なぜか彼と喧嘩ばかりしてしまうそのような男女は多々あるのではないでしょうか。

人は各々生まれた環境育った環境現在までの経験で自らなりの値打ち観を持っています。

それが付き合った相手と完璧に一致する、なんて事はあまりないのです。

何度も衝突し、双方の腹積もりや値打ち観を認識し進んでいくのが恋愛なのです。

とはいえ、あまりにも喧嘩が多くては疲れてしまいますよね。

彼との成果的な仲直り手段に加えて、円満に進めていく極意についてお教えやりたいと考えます。

まずは大前提、否定ではなく◯◯を言う

喧嘩でよく言ってしまいがちなフレーズは「なんでそうなの!?」「なんで◯◯してくれないの!?」と彼氏の行動や言動を否定するものです。

また人間は否定されると、その相手の事の粗捜しを開始出来て喧嘩はもつれ合いになってしまいます。

万が一彼氏の行動や言動を変更してほしければ「私は◯◯してほしかった。

ショックだよ。

今度から◯◯してくれ」と改善を教授する事です。

男性は女と違って“察する”事が大のウィークポイントです。

なので改善込みで解説をしてあげないと、ただの愚痴やうざったらしい残念に聞こえてしまいます。

ですから、私はこう思って如何に感じた→こうしてくれという事をびしっと解説する事が仲直りのポイント。
否定だけでは男性の行動は必ずに移ろいません。

息子に一つ一つ解説するように、貴方が如何に思っているか解説する事が大事です。

喧嘩直後は様子を見よ

男性は喧嘩をすると、大いに尊厳や自尊心が傷付きます。

そのケースはそっと様子を見るのをイチ押しします。

男性は嫌な事があると黙りスタート出来、黙々と腹積もります。

これは何故かというと、自らのやった事を振り返ったり、相手の行動を振り返る時を作っています。

男性は一つの事に集中する、モノタスク脳です。

腹積もりているケースは考慮する。

話すケースは話す。

一つの事に集中しているのです。

そのような事例に声をかけようものなら、逆ギレを受ける見込みもあります。

もしかして皆さん経験があるのではないでしょうか?彼氏と喧嘩したあと、彼氏が黙っているようなら貴方も黙って見守る。
間違っても喧嘩腰の態度はNGですし、追い討ちかけるなんてもってのほか。

当然別れたいと心積もりているのであれば、問題でもないのですが……。お気に入り詳細を見る

出来れば喧嘩したくない!そんなあなたへ送るアドバイス

大好きな彼氏と喧嘩したくない! 可能なら平穏に共にいたい! と多くの女子が思っていると考えます。

けど人間が長い時を共有していると、必然的に衝突してしまう事もあるでしょう。

人間関連で衝突したケース、相手に問題があるのか、それとも自らに問題があるのか考慮しす不可欠があります。

その上だいたいの人は「確実に相手が悪い」と考慮してしまいがち。

「悪いのは彼だから、私が考慮しや行動を変える必須はない。

むしろ彼が異なる不可欠があるのよ。

悪いのは彼だもん!」という腹積もりを持ってしまう事もあるでしょう。

けれどもこうしたスタンスをしていると、確実に喧嘩は絶えません。
相手が悪い。

異なるべきは彼! とどんだけ貴女が思っていても、彼は変わらないのです。

なので他にも喧嘩を繰り返してしまいます。

また「何度言ってもわかってくれない」といったストレスもかかってくるので、喧嘩はヒートアアップする一方です。

では仲良し家族はどのような見解をしているのか?それは「自らが異なる」という事です。

相手が異なるのを待つよりも自身が異なるほうが早いと気付いているのでしょう。

人間は「相手が悪い」「相手が異なる必須がある」と考慮していると、その相手の嫌なところやダメなところばかりに目がいってしまいます。

それだと結局喧嘩は無くならないのです。

彼と仲良くやっていく秘訣は?

彼が悪い事もおそらくいろいろあるでしょうが、自らも変更したほうがいいところはおそらくあるはずです。

それを素直に認めて考慮する。

それが彼とうまくやっていくコツです。

なにより、「相手を変える」のはかなり容易にはいかないです。

というか無理に近いです。

「自身が異なる」方が圧倒的にストレスを和らげるできます。

現在まで彼を変えよう! と喧嘩しまくっていた貴女。

今後は自身が移ろいましょう。
我慢しすぎは良くないのです。

そんな訳で言うのは残念ではなく、改善です。

改善を言えば彼が貴女に何故ほしかったのか明確になり、行動しやすくなる。

これならば貴方のストレスも少なく、また彼との関連に深く傷が付く事はないでしょう。

なぜかわたしと彼には喧嘩が絶えない……と思っているそこの貴方。

もしかして残念ばかりを彼に伝えて、彼を変えようとしてしまっているのかもしれません。

それだと貴方に相当ストレスが必要になるし、相手も変わらない、加えてその上喧嘩という負の螺旋に入ってしまいます。
もうそれは今日でおしまい。

喧嘩する前に「自らが変わろう」と心積もり、喧嘩になってしまったら彼の様子を見てあげで改善を助言する。

これでぐっと心も楽になるし、喧嘩も減るはずです。

変えるべきは彼ではなく、「彼が悪い」と決めつけてしまう心理。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ranmaruking

美容 ライフスタイル ファッション 健康 などまとめています