• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
洗練された甘酒はハッピーな低カロリー!ダイエットや美容に成果的な飲み方とは!

洗練された甘酒はハッピーな低カロリー!ダイエットや美容に成果的な飲み方とは!

Author:
ranmarukingranmaruking
Posted date:
洗練された甘酒はハッピーな低カロリー!ダイエットや美容に成果的な飲み方とは!

上級低カロリーで美容効果のある話題の甘酒

「甘酒(あまざけ)」ですが現在、健康や美容に良く、そして低カロリーでダイエットの成果もある飲み物として、また注意度が高まっています。

そのような人気の甘酒を飲む事によってボディーへどういった成果や効能があるのか?どのような飲み方をすれば良いのか?について細かいところまで追ってみたいと考えます。

これを読んで万能健康ドリンク甘酒を巧くに普段へ採りいれてみて下さい。

美味しく甘酒を飲んで健康になりましょう。

粋な今おすすめの低カロリーな甘酒とは

甘酒は日本の伝統的な甘味飲料で、佇まいはどぶろくに似ていて白色に混濁しています。

地域によっては「甘粥」(あまがゆ)とも呼ばれるそうです。

お米由来の甘酒ですから、甘いお粥という事ですね。

その成分はたくさんあって、だいたい米麹と米を原料とするものや、酒粕を原料とするものがあります。

酒という名前が付いていますが、アルコールはわずかに含む程度で、市販されている甘酒のアイテムはソフトドリンクです。

低カロリーな甘酒の飲み方の注意点効果に期待

大きく2つに分けると甘酒は、米と麹が原料の「麹甘酒」と、酒粕と砂糖が原料の「酒かす甘酒」があります。

米麹で作った甘酒は日本酒と同じくに、麹の発酵を応用してお米から用意するものです。

日本酒と違ってアルコール分は含みません。

一方「酒かす甘酒」は、酒かすを水で溶いて、砂糖で甘みを加えたものです。

こちらの甘酒は、酒かすにアルコール分が内蔵されていますので、アルコールが弱点な方や我が子は用心が必須です。

ただものではない美容におすすめの低カロリーな甘酒とは

近頃トピックの健康や美容に影響があると取り上げられている甘酒は酒かす甘酒ではなく、「米麹甘酒」という事です。

ところで元旦に初詣のとき、神社で振り舞われるあの甘酒は、トピックの「米麹甘酒」の方が多々あるみたいです。

こちらはアルコールも含んでいませんので、初詣や縁日でも子供に心配無用して飲ませてあげる事が出来ます

確かな実感酒かす由来の甘酒の栄養

米麹由来の甘酒が注意されますが、酒粕で作られた甘酒には如何なる栄養が内蔵されるのでしょうか?真っ先に酒粕には不溶性食物繊維が豊富に内蔵されています。

他にもビタミンとタンパク質については、酒粕の方が米麹の数倍も多く内蔵されています。

当然米麹の甘酒にはブドウ糖や炭水化物が多く内蔵されていたり、低カロリーだったりと良い面は多く注意されがちですが、酒粕由来の甘酒にも栄養は内蔵されています。

もう手放せませんダイエット効果のある甘酒の歴史

甘酒の成り立ちは古墳ご時世で、「日本書紀」に甘酒の起源とされる天甜酒(あまのたむざけ)の記述があります。

現在では冷たい真冬の日に飲みたくなる甘酒ですが、かつては真夏に売り歩く行商が多く、意外にも俳句のワールドワイドでは真夏の季語となっています。

というのも夏バテ対策ともなる栄養豊富な甘酒は、体力回復に成果的な飲み物として江戸ご時世には真夏の風物詩でした。

庶民の健康を守るため、幕府は甘酒の金額を最高で4文に制限していたそうです。

低カロリーでも甘酒の豊富な栄養の謎

甘酒には、健康にも美容にも良いビタミンB1、B2、B6、葉酸、便秘に肝心な食物繊維、オリゴ糖やアミノ酸、ブドウ糖などたくさんな栄養素が内蔵されています。

これらの栄養は病院の点滴成分とほぼ同じ中身であるので、「飲む点滴」と呼ばれる事もあるほどです。

ブドウ糖は朝の起床空腹時に何かの食べ物と一緒に摂ると、血糖値が上がるので目覚めに影響的です。

甘酒を朝飲む事で、一日のエネルギーが得られます。

低カロリーな甘酒のダイエット効果を超越する

ブドウ糖には消化を助けてくれる働きの他に、血糖値を上昇させる成果もあり、少量でも満腹感を得られるので、甘酒を絶妙に使えばダイエットにも影響的です。

その上、イライラ感情を抑制するGABAというアミノ酸由来成分も含んでいるので、過度な食べ過ぎを抑制する成果もあります。

ダイエット中になりがちな、必然的に甘いものが食べたい、お腹が空き過ぎてイライラする、という時には、甘酒で我慢すると気が紛れて良いでしょう。

まだ信じられない甘酒のダイエットに効く飲み方~朝ごはん代わりに~

トップベストチョイスな甘酒の飲み方は、毎朝ごはんの代わりとして甘酒を飲む事です。

そうする事で低カロリーの割に満腹感を獲得できるだけでなく、豊富な栄養素を並行して摂取し自然に間食が減って理不尽なく痩せるというものです。

甘酒ダイエットは定期的飲む形がイチ押しですので、酒かす由来の甘酒ではなく米麹から作られる甘酒を飲むのがベストチョイスです。お気に入り詳細を見る

今、買うべき甘酒のダイエットに効く飲み方~料理に甘酒を加える~

ごはん1食の代わりに甘酒だけでは物足りないという方には、他の手段として料理の中に使って自然と甘酒をモノにするテクニックもあります。

その上、小腹が減ったり、間食したくなったりした時に甘酒を飲むようにすると満腹感が得られるので余分なカロリーや脂肪、糖分、油分を摂らずにボディーに理不尽なく続けられると考えます。

おやつやジュースはダイエットの天敵ですので、執着に駆られた事例はどうぞ甘酒を飲むようにしましょう。

低カロリーな甘酒は美肌にもおすすめで贅沢な時間

女は特に注意したい、美容成果ですが、甘酒にはビタミンB群が豊富に内蔵されている為、摂取する事で血行と新陳代謝を良くして、毛細血管の隅々にまで体が求める栄養素を発送、老廃物を流してくれます。

なお万能の麹菌には飲酒や喫煙ストレスなどで欠きやすい栄養素ビオチンも含むので、皮膚の状況を整えてくれ、目の下のクマ、肌荒れ、シミやくすみまでにも影響的です。お気に入り詳細を見る

もっと甘酒のおすすめな飲み方

甘酒の健康成果をより高めるには、1日2杯、朝と晩に定期的飲むのがイチ押しです。

見てきたように甘酒は栄養価が大いに高く、エネルギーと栄養素のバランスがとれた飲み物なので、真夏も真冬も一年間を通して風邪阻止にも美容成果にも適切です。

米麹由来の甘酒ばかりをピックアップしてきましたが、近頃の研究では、酒かすに多く内蔵される清酒酵母が、睡眠の質を改善する事が分かってきました。

寝酒の甘酒もありかもしれません。

まるごと甘酒に足りないビタミンCを補う方法

甘酒は豊富な栄養素を含む飲み物ですが、不足している栄養もあります。

その一つがビタミンCです。

ビタミンCは、夏場の暑さや寝不足からくるストレスを低減してくれる働きがあります。

ただし、米麹由来、酒粕由来どっちの甘酒にもビタミンCは入っていませんので、ビタミンCの多々ある橙、キウイ、レモンなどの果実と一緒に摂ると栄養価も向上します。

豆乳やヨーグルトなどとの適合性も良いので、甘酒と混ぜて飲むと良いでしょう。

実感してください低カロリーな玄米麹甘酒

玄米なので米麹以上の便秘対策の影響が見込めます。

なお体を温めてくれるので、冷え性や新陳代謝の向上にも成果的だと言われています。

夕食の一品を玄米甘酒に置き換える事で、ダイエット影響が見込めます。

玄米麹をミキサーで砕いた後、水と混ぜてヨーグルトメーカーに入れ、温度を55度〜60度に設定し、12〜13時ほど温めれば玄米甘酒が完了します。

ぜひ確かめてください短期のダイエットは本末転倒

ダイエットのベースは、摂取カロリーをいかに減らして支出カロリーをどれだけ増やす事が可能なか、です。

甘酒を使ったダイエットはカロリーを減らす為に摂取するものなので、甘酒を飲んでいるから痩せるというのは間違った認識です。

短期的なダイエットは求めず、甘酒の置き換えが習性になるくらい続けてみると良いでしょう。

急激なダイエットはリバウンドのきっかけにもなりやすいので、2〜3ヵ月を指標に体重の移り変わりを見て下さい。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ranmaruking

美容 ライフスタイル ファッション 健康 などまとめています