• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
元米国大統領の甥で法律家・文筆家ロバート・ケネディ・ジュニア氏が語るシリアの危機の遠因

サムネイル出典:

元米国大統領の甥で法律家・文筆家ロバート・ケネディ・ジュニア氏が語るシリアの危機の遠因

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
元米国大統領の甥で法律家・文筆家ロバート・ケネディ・ジュニア氏が語るシリアの危機の遠因
ケネディ氏によると、米国は、シリアのアサド大統領がカタールから欧州へのガスパイプライン建設を拒否したためにシリアに政権交代を起こすことを決めたのだ。
「米国のアサドに対する戦争は2011年の市民による抗議運動「アラブの春」で始まったのではない。それは2000年、カタールが、サウジアラビア、ヨルダン、シリア、トルコを通るパイプラインを100億ドルで建設する提案を行ったとき始まったのだ。」
米国の石油・ガス権益を推進するべく、CIAは中東で政権交代を起こそうと、イスラム過激派を利用した。「石油ギャング」ダーイシュ(IS)の誕生は、米国による介入の長い歴史の結果であった、とケネディ氏。
「私は、米国は独裁者と協力する必要がある、などとは言わない。しかし、米国はサウジアラビアと協力している。サウジアラビアでは、女性が車を運転することはできない。サウジアラビアでは、水曜日ごとに、メッカで断頭(処刑)が行われている。サウジアラビアには言論の自由はないし、状況は悪くなるばかりだろう」


出典:ロバート・ケネディ:シリア危機の大もとはカタールのガスをめぐる米国の戦い - Linkis.com

	
米国の石油・ガス権益

を推進するべく、

CIAは

中東で

政権交代を起こそうと、
イスラム過激派を利用した。
「石油ギャング」ダーイシュ(IS)の誕生は、
米国による
介入の長い歴史の結果であった、とケネディ氏。
続きを読む
	
ふー、欧米メディアもシリア内乱の原因についてはダンマリ!ただ暗殺されたロバートケネディのジュニアは暴露!「シリア危機の大元は…米国の戦い
	
米国はサウジアラビアと協力している。女性が車を運転することはできず水曜日ごとにメッカでは断頭が行われ、言論の自由はなく状況は悪くなるばかり。
ロバート・ケネディ:シリア危機の大もとはカタールのガスをめぐる米国の戦い
	
日本や米国のリベラル派が意識的に左翼的でなければ公正を保てなくなっている中、世界で最も公正なニュース媒体のひとつがロシア発信スプートニクという妙。→ ロバート・ケネディ:シリア危機の大もとはカタールのガスをめぐる米国の戦い
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21