• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
小野田少尉が語った日本が大戦を始めた真実

小野田少尉が語った日本が大戦を始めた真実

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
小野田少尉が語った日本が大戦を始めた真実
	
	
	
	
フィリピン ルバング島で発見された帝国陸軍残置兵 小野田少尉は、一体なんのために30年近く滞在していたのだろうか…
おそらく、その任務の本当の遂行内容を一切漏らさず亡くなられたのだろう…何と言っても陸軍中野学校出身ですからね
	
たけしが披露した小野田少尉の話
小野田さんが天皇陛下に会わないと言ったのは陛下が自分に謝る可能性があったから。絶対それだけはさせてはならないと。自分は陛下の兵隊だからと。

中国人韓国人の残忍さは、日本人にはわかりません
	
旧、日本兵である小野田少尉へのロングインタビューを観た。三十年に渡るジャングルでの戦闘中、小野田さんは、ラジオ等で実は日本の競馬中継まで聴いていたらしい。全て分かった上で、占領軍による傀儡政権の国は祖国でないと判断した。友軍の蜂起を待っていた……
	
小野田少尉の名言「現代の日本は利己主義と自由を履き違え、集団や社会が有ることによる恩恵を忘れている。国を守らなければ自分達は存在しえないことを自覚すべき」
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21