• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
3段階で実施される酒税改正

サムネイル出典:

3段階で実施される酒税改正

Author:
瑠音瑠音
Posted date:
3段階で実施される酒税改正

サムネイル出典:

2026年10月までの3段階で実施される酒税改正

2026年10月までの3段階で実施される酒税改正については、2017年4月に国税局から発表されています。

出典:

	

2020年10月1日に施行される酒税税率改正

酒税法改正に伴い、10月1日から発泡性リキュールなど「新ジャンル」や「第三のビール」と呼ばれる酒類の販売価格が上がり、ビールなどは値下がりする。

出典:

	
10月1日に施行される酒税税率改正に伴い、1Lあたり、ビールは20円の減税、発泡酒(麦芽比率50%以上)は20円の減税、新ジャンル(第3のビール。ビール・発泡酒を除くビールテイスト飲料)は28円の増税、ワインは10円の増税となる。

出典:

	

スーパーでは駆け込み需要を見込んだ動き

来月1日から酒税の税率が改正され、第3のビールの税率が引き上げられます。
スーパーでは駆け込み需要を見込んだ動きが広がっています。

酒税法の改正に伴い、来月1日からビール系飲料の税率が変わります。

ビールの税率は350ミリリットル当たりおよそ7円引き下げられる一方、第3のビールはおよそ10円の引き上げとなります。

出典:

	

「新ジャンル飲料」「第三のビール」を増産

サッポロビールは、「幅広い年代で税率改正前に新ジャンルの購買意欲が高まり、売上に寄与する」「9月の新ジャンル総需要は110%」と予想

サッポロビールはこのほど、「2020年酒税税率改正前消費者アンケート」の調査結果を発表した。アンケートは7月30日~8月6日に行い、8,499人が回答し、うち新ジャンル(第3のビール。ビール・発泡酒以外のアルコールテイスト飲料)飲用者は4,617人。税率改正の認知度や税率改正前の新ジャンルなどへの購買意欲などを聞いた。

10月に行われる税率改正についての認知度は「知っている」が45%、「知らない」が55%という結果になった。サッポロビールは、「9月末に向け、店頭プロモーションなどで税率改正の認知があがることにより、購買意欲が更に変化すると想定される」としている。

新ジャンル飲用者の税率改正前の新ジャンル購入量は、主飲用者層と言われる50~60代だけでなく、30代以上の幅広い世代が税率改正前に「増える」と回答した。

サッポロビールは、「幅広い年代で税率改正前に新ジャンルの購買意欲が高まり、売上に寄与する」「9月の新ジャンル総需要は110%」と予想する。

出典:

	

第3のビール、値上げ目前 おまけつき「箱買い」

ビール大手はそろって増産体制をとり、店頭では「おまけ」をつけてケース買いを促す。すでに9月初旬の売れ行きは前年を大きく上回っている。

出典:

	

今年はビール愛飲家にとっては節目の年

国税庁

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
瑠音

出身は岡山県。東京都や千葉県など引越は10回以上。 今は富士山が見える静岡県に住んでいます。 2020年、コロナ禍・・・