• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
Laserpointerjp レーザーポインターは、仕事や生活でますます広く使用されています

サムネイル出典:

Laserpointerjp レーザーポインターは、仕事や生活でますます広く使用されています

Author:
laser668laser668
Posted date:
Laserpointerjp レーザーポインターは、仕事や生活でますます広く使用されています

laserpointerjp レーザーポインター

laserpointerjp レーザーポインター
現在、パルスレーザーは光パルスを放射するため、熱による損傷を最小限に抑えて高精度のブルーレーザーポインター処理を実行できます。従来の機械加工よりも精度が高いため、CFRPやlow-k(low-k)などの材料の加工にパルスレーザー加工が広く使用され、半導体集積回路の動作速度の低下を防いでいます。ただし、処理速度や処理出力など、まだまだ問題があります。
レーザーポインター:https://www.laserpointerjp.com/
単一の集束ビームのみを使用するレーザー処理と比較して、SLMを産業用パルスレーザーシステムに統合すると、処理効率を向上させることができますが、これまでのところ、処理に必要な出力電力は不十分です。そのため、出力出力の高い工業用パルスレーザーが市場に出回っており、SLMの要件が高くなり、レーザー出力に対する耐性が高くなっています。
レッドレーザーポインター:https://www.laserpointerjp.com/redlaser.html
レッドレーザーポインター溶接プロセスは、大きなギャップのある厚い材料に対応できます
LMWTは、Scansonic(同じくベルリンにあります)のレーザー処理ヘッドに基づいています。これは、産業用アプリケーションで検証され、SKLTエンジニアによって改良されました。処理ポイントで、いくつかのフィラーワイヤーが収束し、振動するレーザービームによって溶融されます。使用するフィラーワイヤーの数とプロセスパラメーターによっては、1回の操作で最大幅10mmのジョイントを作成できます。
インテリジェントな制御コンセプトにより、ラインドライブの同期と継ぎ目での最適なエネルギー配分が保証されます。コンポーネントの位置がずれていても、オートフォーカスはスポットサイズを一定に保つことができます。したがって、不安定な接続状態でも、新しいプロセスをスムーズに実行できます。
紫色レーザーポインター: https://www.laserpointerjp.com/purplelaser.html
紫色レーザーポインター接合プロセスの利点には、高い処理速度と低い熱変形が含まれますが、これまでのところ、これには、2つのワークピースを接合して比較的隙間なく配置する必要があります。低いギャップ幅(最大約1 mm)は、フィラーワイヤーで補正できますが、ギャップ幅が大きい場合やプレートが厚い場合は、レーザーを使用できません。別の方法として、アークプロセスははるかに遅く、熱変形は大きくなります。LMWTには、従来のソリューションに比べて明らかな利点があります。
カラス撃退:https://www.laserpointerjp.com/3000mw-red-laser-pointer12-9.html
最新のパルスレーザーパワー機能
SLMは、液晶を使用してレーザーなどの入射光の波面を制御し、反射光の波面の形状を自由に変調する光学デバイスです。液晶層は、ピクセル電極を備えたシリコン基板と透明電極を備えたガラス基板の間に挟まれています。 PCからピクセル電極に送られる信号に応じて各液晶の傾きを制御することで入射光の経路長を変化させ、反射光を変調することでレーザー照射パターンfを制御することができます。

レーザーポインター

レーザーポインター:https://www.laserpointerjp.com/

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
laser668