• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<異変!>  地震前兆?絶滅危惧種のコククジラの死骸が千葉・南房総で発見される!日本には100頭程度のみ

サムネイル出典:

<異変!>  地震前兆?絶滅危惧種のコククジラの死骸が千葉・南房総で発見される!日本には100頭程度のみ

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
Update date:2016年03月11日
<異変!>  地震前兆?絶滅危惧種のコククジラの死骸が千葉・南房総で発見される!日本には100頭程度のみ
打ち上げられたのは体長およそ9メートルのコククジラで、4日の昼ごろ、南房総市の和田漁港の堤防で見つかりました。
コククジラのうち、日本沿岸を回遊する集団は100頭余りしかいないとされていて、絶滅が心配されています。専門家によりますと、打ち上げられるのは非常に珍しいということで、コククジラは5日、市内の砂浜に運ばれ、研究者や水族館の職員が大きさなどを調べていました。

出典:絶滅心配 コククジラの死骸 千葉・南房総で見つかる NHKニュース

	
コククジラは日本近海に僅か100頭ほどしか居ないと言われており、絶滅が危惧されています。欧米の方ではやや数が増えたようですが、依然として厳しい状態が継続中です。

ネット上では地震の前兆と指摘する声も見られ、ちょっとした話題になっていました。クジラは座礁する前から亡くなっていたようなので、個人的には何かの前兆の可能性は低いと見ています。
詳しい調査が行われなければ分かりませんが、絶滅危惧種ということで死因が気になるところですね。

出典:【珍しい】地震前兆?絶滅危惧種のコククジラの死骸が千葉・南房総で発見される!日本には100頭程度のみ|真実を探すブログ - Linkis.com

	
	
【珍しい】地震前兆?絶滅危惧種のコククジラの死骸が千葉・南房総で発見される!日本には100頭程度のみ
	
【地震前兆ラボ】 【宏観亭見聞録】コククジラ漂着 ― 千葉県南房総市
	
南極海調査捕鯨に毎年何十億もの税金を注ぎ込むより、日本近海に回遊してくる絶滅のリスクが高いクジラの調査研究に予算を使うべき>「コククジラはアジア系とカリフォルニア系の2つのグループがありますが、まだ違いが分かっていないので」(引用)
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21