• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
マザー・テレサ、9月に聖人へ ローマ法王が発表・・・世界で最も貧しいのはインドの人々、そして最も心の貧しいのは日本の人々と言ってたのを、あなたは、どのように聞く?

マザー・テレサ、9月に聖人へ ローマ法王が発表・・・世界で最も貧しいのはインドの人々、そして最も心の貧しいのは日本の人々と言ってたのを、あなたは、どのように聞く?

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
マザー・テレサ、9月に聖人へ ローマ法王が発表・・・世界で最も貧しいのはインドの人々、そして最も心の貧しいのは日本の人々と言ってたのを、あなたは、どのように聞く?

ローマ(CNN) ローマ法王フランシスコは15日、インドの貧しい人たちへの奉仕に生涯をささげたマザー・テレサを9月4日に聖人に列すると発表した。翌日は、1997年9月5日に死去したマザー・テレサの命日に当たる。

イタリアのカトリック協会紙アべニーレによると、フランシスコ法王は昨年12月、脳腫瘍(しゅよう)を患っていたブラジル人男性がマザー・テレサへの祈りのおかげで回復したとして2つ目の奇跡を認定し、マザー・テレサを聖人に列すると発表していた。奇跡はマザー・テレサの死後に起きた。
2003年10月には当時のローマ法王ヨハネパウロ2世が1つ目の奇跡を認定し、「福者」に列していた。
ローマ法王庁によると、マザー・テレサは1910年にアルバニアに生まれて洗礼を受け、18歳でアイルランドの修道院に入った。数カ月後にインドに渡り、マザー・テレサと呼ばれるようになった。
それから約20年後、インドで列車に乗っている時に、貧しい人たちのために奉仕しなさいというキリストの声を聞いたとされる。
1948年、シンボルとなった青い縁の入った白いサリー姿で奉仕活動を始め、けが人の体を洗ったり、病人の看護や看取りを行った。
その活動はインド全土に広がり、79年にはノーベル平和賞を受賞した。

出典:CNN.co.jp : マザー・テレサ、9月に聖人へ ローマ法王が発表

	
マザー・テレサ、9月に聖人へ ローマ法王が発表
ローマ法王がマザーテレサよりうえとは、おかしくないか?私は、だれよりもマザーテレサが法王より人のために尽くしたと思う
	
マザーテレサはすごい人やけど聖人になることで現実離れ感が…
選考基準であるキリスト教における「奇跡」がなんとも胡散臭いから
てか福者やったんや。知らんかった。
マザー・テレサが「聖人」認定へ ローマ法王が承認:朝日新聞デジタル
	
 インドのコルカタ(カルカッタ)で貧しい人たちを救済する活動に尽くした故マザー・テレサが、ローマ・カトリック教会で最高位の崇敬の対象である「聖人」に認定される見通しとなった。フランシスコ法王が17日、承認した。

 1979年にノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサは、97年に87歳で亡くなった。その後、バチカン(ローマ法王庁)による審査で、マザー・テレサへ祈ったインド人女性の腹部の腫瘍(しゅよう)が消えたことが奇跡と認められ、2003年に「聖人」の前段階である「福者」に列せられた。

 殉教者でない人が「聖人」に認定されるには、死後に2度の「奇跡」を起こしたことが認定される必要がある。ANSA通信によると、08年に脳腫瘍で危篤状態にあったブラジル人男性のために妻がマザー・テレサに祈った結果、回復したことが今回、2度目の奇跡と認められた。列聖式は、マザー・テレサの命日に合わせて来年9月に行われるとの観測がある。(ローマ=山尾有紀恵)

出典:マザー・テレサが「聖人」認定へ ローマ法王が承認:朝日新聞デジタル

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21