• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<すでに有名な話だよ・・・映画にもなってるし!> 20世紀を代表するフランス人女性の1人であるファッションデザイナーのココ・シャネルは、第二次世界大戦中にドイツ諜報機関のスパイと見なされていた。16日に当時の諜報機関の公文書が公開され、明らかになった。AP通信が報じた

<すでに有名な話だよ・・・映画にもなってるし!> 20世紀を代表するフランス人女性の1人であるファッションデザイナーのココ・シャネルは、第二次世界大戦中にドイツ諜報機関のスパイと見なされていた。16日に当時の諜報機関の公文書が公開され、明らかになった。AP通信が報じた

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<すでに有名な話だよ・・・映画にもなってるし!> 20世紀を代表するフランス人女性の1人であるファッションデザイナーのココ・シャネルは、第二次世界大戦中にドイツ諜報機関のスパイと見なされていた。16日に当時の諜報機関の公文書が公開され、明らかになった。AP通信が報じた
シャネルに関する書類は、特にマドリードの匿名筋がフランスのレジスタンスに宛てた書簡。書簡では、「疑わしい」と考えられていたシャネルは1942年から1943年の間、ドイツ大使館員として働き扇動や諜報活動の疑いが持たれていたハンス・ギュンター・フォン・ディンクレイジ男爵の愛人でありスパイだったと述べられている
フランス諜報機関の古文書の保管を担当しているフレデリック・クギナー氏は、記者団に、ドイツの諜報機関(「アプヴェーア」)は、ココ・シャネルを自分たちのスパイとして登録していた。シャネルは情報源あるいはドイツ人の為に何らかの活動を行うことができたかもしれない。一方で、シャネル氏が自分のステータスについて知っていたかどうかは不明のままだ」と説明した。

出典:ココ・シャネル ドイツ諜報機関のために働いていた

	
*************
すでに有名な話だよね~映画にもなってるし・・・
ココが素敵なのは、開戦で、こりゃヤバいとなったとき~すかさずに
ドイツ将校に近づき、終戦で、こりゃ叩かれる~となったときには
すかさずアメリカに逃げてホトボリが冷めたころにフランスに戻った
逞しいよね!!ブラボーだ
*************
ココ・シャネル ドイツ諜報機関のために働いていた
フランス人女性の1人であるファッションデザイナーのココ・シャネルは、第二次世界大戦中にドイツ諜報機関のスパイと見なされていた・・。
	
ナイス【偉人たちのブレイクスルー勉強術―ドラッカーから村上春樹まで (文春文庫)/齋藤 孝】ココ・シャネルの哲学がお洒落です!「欠点は隠さない。むしろ美点こそ隠す」彼女はインスパイ →
	
ココ・シャネルはナチスドイツ幹部の愛人兼スパイだった。
シャネルは共同経営者のユダヤ人に香水の売り上げの大半をピンハネされていたので、ユダヤ人を嫌っていた。

「シャネルはナチスのスパイだった」:AFPBB News
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21