• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
日本外務省は米大統領選挙共和党選出候補のドナルド・トランプ氏について、選挙に勝利した場合に備えて情報の収集、分析を開始した

サムネイル出典:

日本外務省は米大統領選挙共和党選出候補のドナルド・トランプ氏について、選挙に勝利した場合に備えて情報の収集、分析を開始した

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
日本外務省は米大統領選挙共和党選出候補のドナルド・トランプ氏について、選挙に勝利した場合に備えて情報の収集、分析を開始した

日本、トランプ氏勝利に向けて準備開始

米大統領の交代に日本が何を期待しているかについて、有名な東洋学者で現在、米国カナダ研究所に勤務するアレクサンドル・パノフ元駐日ロシア大使は通信社「スプートニク」からのインタビューに対し、次のように語っている。

「トランプ氏は米国は日本を守らねばならないと宣言しており、必要とあらば第3次世界大戦を始めるとまで言っている。そうなると、日本の方は米国を守らなくてもいいのか? これは、軍事協力についての日米安保条約に照らすと日本が背負う義務は不十分であるという批判だ。そしておそらく、トランプ氏は勝利したら、日本に米国との軍事協力に積極的に参加するよう強いるだろう。
ロシアについてはトランプ氏はオバマ氏よりより現実的な立場をとっている。トランプ氏はロシアとは合意し、協力せねばならないとの見方を示している。なぜならばロシアは米国が国際問題を解決する上で有効だからだ。これがクリントン氏となるとロシアに対しての態度はオバマ氏よりずっと厳格だ。このため、もし日本がロシアとの関係をうまく運びたいと希望し、安倍氏もソチにいくのであれば、この先、誰が米大統領になるかによって、ロシアに対するアプローチが変わりえる。これは日本の対露政策に影響するかもしれない。日本は米国の要求に合致した行動をとらざるをえなくなるだろう。だが今の時点では何が起こるかは予測しがたい。なぜなら一般に候補者が選挙前に行うスローガンはその人物が大統領になったときに具体的事項となるとは限らないからだ。」

「スプートニク」:日本はおそらく今、米国の対中政策がどう変わるか予測を図ろうとしているのではないか?

マスメディア、トランプ氏のナチス式会合を暴露(動画、写真)
パノフ氏:「日本は米国がどういう対中政策を行っているかを注意深く見守っている。
候補者らの発言から推測すると、中国の挑戦を、特に経済で中国が興隆しているのを手厳しくとらえる者、それほど厳しい姿勢を見せていない者とまちまちだ。中国抑止の必要性を唱えるものは、中国が南シナ海であまりに活発な動きを見せていることを理由にあげている。
だがこれらは今のところ声明であって、これがオバマ政権の政策に変化をもたらすことはない。オバマ政権の政策とは協力と抑止の同時進行だ。米国がTPP創設に急いでいるのも、オバマ氏が、米国がこの地域の経済協力の規則をたてねば、中国がこれを行ってしまうと言ったのも、すべて抑止の要素なのだ。
だが同時に中国との関係を対立化させず、協力をめざしてある程度の譲歩を行おうという意図も存在している。中国元は準備通貨となった今、IMFでの中国の発言権も拡大されるかもしれない。李克強首相はこの地域での米国の軍事アピアランスを中国に対する脅威とはとらえていないという声明を行っており、中国は北朝鮮に対する制裁政策で米国との協力に応じた。一言で言うならば、現在すでにという米中の抑止・協力関係というパラダイムが出来上がってしまっている。このパラダイムは現段階では米国の国益には適っており、中国はもちろん日米が中国のまわりに防疫線を張り巡ろうとしているのを苦々しく思っている。だが見方を変えればこれはあまりうまくいっていない。このため戦略的に本格的な変化はない。それに大統領がクリントン氏になろうと、トランプ氏になろうと米国の対中政策に本格的な変化はないと思う。」

出典:日本、トランプ氏勝利に向けて準備開始

	
本人もさる事ながら、スタッフの動向はそれ以上ではないのか。 / トランプ氏の大統領就任に備え 外務省が情報収集 
	
トランプ氏が次期米大統領に就任した場合に備え、情報収集に余念がない米国1%の傀儡日本の外務省。
◆日本 トランプ氏の大統領就任に備え情報収集を開始
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21