• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
聴かないのはもったいない!Bzの隠れた名曲

聴かないのはもったいない!Bzの隠れた名曲

Author:
worbro97worbro97
Posted date:
聴かないのはもったいない!Bzの隠れた名曲
人気音楽ユニットのB"z。これまでに数多くの楽曲をリリースしています。
ultra soulやLOVE PHANTOMなど数多くの人気曲がありますが、カップリング曲やアルバム曲にも名曲が数多く収録されています。
今回はB"zの隠れた名曲を紹介します。
1990年5月25日にリリースされた「BE THERE」の2nd beat。
ポップな曲調が特徴で、初期の頃の人気曲の1つです。2020年の無観客配信ライブ5ERAで20年以上ぶりに演奏されました。
1992年5月27日にリリースされた「BLOWIN"」の2nd beat。
恋愛について歌われている楽曲です。バラードの中でも特に人気のある楽曲です。この歌詞の舞台は稲葉さんが大学生活を送っていた横浜市にある「港の見える丘公園」ではないかと言われており、足を運ぶファンも多いです。
1992年10月7日にリリースされた「ZERO」の2nd beat。
B"zでは数少ない振り付けのある楽曲で、サビでファンが一緒に踊ります。歌詞にある「松本に相談しようか」というフレーズも特徴的です。
1995年5月31日にリリースされた「ねがい」の2nd beat。
恋愛について歌われている楽曲。「嫌いだ」から始まる歌詞が特徴です。切ない歌詞ですが、非常にポップな曲調となっています。ライブではあまり演奏されませんが、2nd beatの中でも高い人気を誇っています。
1991年5月29日にリリースされたオリジナルアルバム「MARS」の1曲目。
実は他のアーティストに提供した楽曲のセルフカバーなのです。踊れるような曲調が特徴で、別のアルバムにはロックテイストが強調されたバージョンが収録されています。
1991年11月27日にリリースされた「IN THE LIFE」の2曲目。
男女関係について歌っている楽曲で、クリスマスをイメージさせる曲調が特徴です。歌詞には多くの比喩表現が用いられています。

さよならなんかは言わせない

			
1992年10月28日にリリースされた「RUN」の8曲目。
ミディアムナンバーで、卒業をイメージさせる歌詞となっています。「僕らはまた必ず会えるから」というフレーズがとても響きます。曲の最後はアカペラで歌われています。
先ほどの「さよならなんかは言わせない」の次に収録されているバラード曲。
歌詞は恋をしている男性が主人公。曲のラストに「月」というフレーズがあり、この月が主人公の結末を表しています。
1994年3月2日にリリースされた「B"z 7th Blues」Disc-1の2曲目に収録されている楽曲。
ポップな曲調で、歌詞に風刺が含まれています。テレビやネットなどの情報だけを信じないで自分の目で真実を確かめてみようよというメッセージが込められています。
同じDicc-1の9曲目にしょおろくされている楽曲
ストリングスによるイントロが1分半ほどあるのが特徴。悩んでいることも広い宇宙と比べたらちっぽけなものだというメッセージが込められています。
1999年7月14日にリリースされた「Brotherhood」の6曲目。
ハードロック調のギターとブラスが融合した楽曲。歌詞は風刺と啓発を取り入れた内容となっており、心を発奮させてくれるサビが印象的です。
2007年12月5日にリリースされた「ACTION」の13曲目。
アルバム曲の中でも高い人気があり、2018年のライブで久しぶりに演奏されました。タイトルの通り、「光」がテーマの楽曲です。歌いだしはバラード調ですが、サビで曲調が変わります。曲の最後の力強いメッセージが込められた歌詞がとても印象的です。
2008年9月17日にリリースされた「B"z The Best "ULTRA Treasure "」の3CD版のDISC3に収録されています。
バラード曲でドラマの主題歌になっています。2008年のライブではアコースティックバージョンで披露し、2020年の5ERASではラストナンバーとしてオリジナルバージョンで演奏されました。「生きてれば会えるだろう」というフレーズがグッときます。

カップリング・アルバム曲にも名曲がずらり

いかがでしたか。ほかにも紹介したい曲がたくさんありましたが、特に聴いてほしいこの13曲をセレクトしてみました。B"zはこれまでにリリースしたすべての楽曲をサブスク解禁しました。気になった楽曲が見つかったらCDやサブスクでぜひ聴いてみてくださいね。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
worbro97

フリーで記事執筆してます