• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
女性必見 ・・・ <なんで、こんな時代になってしまったのだろう・・・と嘆く人が多いのでは?> 女性被害1000件超 男からの「ヌード撮影」はこう回避する

女性必見 ・・・ <なんで、こんな時代になってしまったのだろう・・・と嘆く人が多いのでは?> 女性被害1000件超 男からの「ヌード撮影」はこう回避する

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
女性必見 ・・・ <なんで、こんな時代になってしまったのだろう・・・と嘆く人が多いのでは?> 女性被害1000件超 男からの「ヌード撮影」はこう回避する

リベンジポルノの脅威が止まらない。警察庁のまとめによると、ネット上などに裸の写真などを公開された被害相談は昨年1年間で1143件。そのうち女性は1041件で9割に及ぶ。相談内容のうち一番多かったのは「画像を公表すると脅された」の502件で、これに「画像を送りつけられた」(245件)、「画像を公開された」(188件)が続いている

「東京家族ラボ」主宰の池内ひろ美氏によると、女性は彼氏に嫌われたくないので「キミの美しさを残したい」などと要求されるとつい撮影を許してしまう。その結果、取り返しのつかない事態になるのだ。悲劇を防ぐにはどうすればいいのか。池内氏が言う。

「裸を撮らせてと言われたとき、“撮らせたら親に叱られるからダメ”と断ることです。それでも撮りたがる男性は将来、女性の親とうまくやっていく気はない。本気で好きではないので、すぐに別れるべきです。恋愛の早い段階で“私の友だちがリベンジポルノでひどい目に遭った”とクギを刺しておくのも効果的。女性を大切に思っている男性は撮影を頼みません」

 それでも強引に迫られ、断れない場合は顔は絶対に撮らせないこと。

「胸などを撮られても、顔は枕やタオルをかぶって写されないようにしてください。目や口だけなら安心とOKする女性もいますが、これもいけません。私の事務所に相談にくる女性は“口だけ写させたら、私の別の写真の目と眉を張り付けて合成写真をつくられた”と悩んでいます」(池内ひろ美氏)

 娘によく説教しておきたい。

出典:女性被害1000件超 男からの「ヌード撮影」はこう回避する | 日刊ゲンダイDIGITAL

	
【リベンジポルノ 相談1000件超】昨年の警察へのリベンジポルノ相談は1143件で、未成年者が2割だった。相談内容は「画像を公表すると脅された」が最多。
	
“リベンジポルノ 判決契機に被害防止の徹底を : 社説 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)”
	
「性画像を求められた」 10~20代の女性の3割が回答、NPO調べ 「10~20代の女性の3割が、恋人や知人らから「裸や性行為の画像を撮らせてほしい」と頼まれた経験」。リベンジポルノの危険。
	

「性画像を求められた」 10~20代の女性の3割が回答、NPO調べ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21