• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ロボゲーまとめ[GBA]

ロボゲーまとめ[GBA]

Author:
アーテルアーテル
Posted date:
Update date:2022年03月14日
ロボゲーまとめ[GBA]

SDガンダム Gジェネレーション ADVANCE

	
GBA唯一のGジェネで、バンダイの初GBA作品。ワンダースワンの『ギャザービート』を基に、主にSEEDの要素を追加したリメイク作。
ストーリーは『機動戦士ガンダム』(以下「1st」表記)の一年戦争を基盤に、所々に他の作品のシチュエーションを挿入するという、スパロボのようなクロスオーバーものの構成となっている。

出典:SDガンダム Gジェネレーション ADVANCE - ゲームカタログ@Wik...

	

SDガンダムフォース

	
SDガンダムフォース初のアクションゲーム作品。

アニメ第1話から第26話までのストーリーがモチーフとなっているが、ゲームの展開上、アニメ版と異なる点が多い。

また、各ステージに存在するピンク色のハロを全て集めた後、キャラクターセレクトである条件を満たしてキャプテンガンダムを選択するとハイパーキャプテンガンダムが使用可能になる。

出典:SDガンダムフォース - Wikipedia

	

カスタムロボGX

	
カスタムロボV2の世界から3年後――
カスタムロボに、新しいバトルが登場した。

無重力空間のホロセウム――ゼロGホロセウムを使った『スカイバトル』だ。主人公(プレイヤー)の住むマカノシティでも、もちろん大流行!ある日、主人公が起きたら、パパからの誕生日プレゼントが…… 中を開けてみると、ニューバトル仕様の新ロボ『X-レイ』が入っていた。カスタムロボ初心者の主人公は、新しいロボバトルを楽しむため、友だちのユウスケとロボステーションに向かった。いくつかの大会をクリアしたころ、プレイヤーたちは、ポリス隊のマモル(前々作のグレートロボカップチャンピオン)から声をかけられて、ポリス隊本部に呼ばれる。そこでプレイヤーたちは、1ヶ月前に起こったある事件についての捜査協力を依頼されたのだった…

出典:カスタムロボGX / ストーリーの概要

	

ガチャステ!ダイナデバイス

	
本格的電子手帳と育成シミュレーションが融合!アドレス帳、予定表、時間割、おこずかい帳、電卓、メモ帳、名刺交換、ミニゲームなど電子手帳の機能をGBAに再現。アドレス帳に入力したデータがゲーム本編にシンクロ。友達や家族のデータを入力してダイナ(モンスター)生み出すことができる。デバイスと呼ばれる武器や防具を工場で開発し、誕生したダイナに装備できる。デバイスの種類は全90種類。開発できるデバイスが「レッド」は打撃兵器に、「ブルー」は射撃兵器に特化している。通信で友達とデバイスを交換したり、名刺交換時にはデバイス付の特別なダイナが生み出される。

出典:ガチャステ!ダイナデバイス レッド(GAMEBOYADVA...

	

機械化軍隊

	
『機械化軍隊』(きかいかくんたい)は、ゲームボーイアドバンス用リアルタイムシミュレーションゲーム。 2001年11月30日発売。

開発ウィル、制作・発売コトブキシステム。 希望小売価格は税込6090円、初回限定としてオリジナル迷彩カラーのゲームボーイアドバンスカートリッジケースが付属した。

海外では『MechPlatoon』のタイトルで販売された。

出典:機械化軍隊 - Wikipedia

	

機動戦士ガンダムSEED 友と君と戦場で。

	
本作は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』を題材としたアクションアドベンチャーゲームである。

ゲームの特徴は、アドベンチャーモードとバトルアドベンチャーモードの2つのシステムである。

アドベンチャーモードは、原作アニメの物語がベースになっており、キラ・ヤマトを操作しアークエンジェル内を回り各キャラクターとのイベントを楽しむものである。特に原作には描かれない描写やifの展開が用意されており、ムウ・ラ・フラガが戦死しなかったり、ドミニオンが沈む寸前にナタル・バジルールが脱出するなどがある。また、条件次第で『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』からロウ・ギュールや叢雲劾(彼らが乗る機体も含む)、ゲームオリジナル機体「ガンバレルストライク」が登場する。

バトルアドベンチャーモードは、マップ上の機体を操作し、敵機をロックオンすることで戦闘アニメーションパートに移行する内容である。

出典:機動戦士ガンダムSEED 友と君と戦場で。 - Wikipedia

	

グランボ

	
「グランボ」とは、いろいろな生き物をもとにしたロボットのこと。そして、そのグランボを使って平和を守るために戦う人は「グランボセイバー」と呼ばれています。

この物語は、グランボを悪いことに使う悪の集団「スカイシャーク」が、主人公の住む町を襲ってきたところから始まります。敵のグランボを「ハント」すると敵のデータボールを奪うことができ、入手したデータボールをメカエッグにセットすれば、そのグランボを使えるようになります。敵の属性との相性を考え、うまく「ハントゲージ」をためることが、ハントを成功させるコツです。

また、データボールは別のデータボールを組み合わせると、進化させることもできます。進化することでしか登場しないグランボもいるので、さまざまなデータボールを集めて試してみましょう。

出典:グランボ:CAPCOM

	

サイバードライブゾイド 機獣の戦士ヒュウ

	
ディアブロタイガーとサイクロプスを連れGBAソフトになりました。ストーリーはミッションクリア型のRPGで全てゲームオリジナルキャラクターで進行。戦闘シーンも特殊なMAPバトル制。登場ゾイドもサイバードライブだけでなく、新型ゾイドも多数登場!
 またソフトには最初から赤外線アダプターを付属しているので、サイバードライブゾイド付属のコントローラーだけでなく、赤外線アダプターとGBAを使っての操作も可能。サイバードライブゾイドは単品でディアブロタイガーとサイクロプスを販売。さらに特別セットとして本ソフト+限定カラーのディアブロタイガー+赤外線アダプターを付属した特別セットも発売されました。

出典:サイバードライブゾイド

	

スーパーロボット大戦シリーズ

	
「スーパーロボット大戦シリーズ」(スーパーロボットたいせんシリーズ、英語: Super Robot Taisen, Super Robot Wars)は、バンダイナムコエンターテインメントが販売している家庭用コンピュータゲームのシリーズ。略称・通称はスパロボ、SRW。

二十数年続くシリーズであり、発売元となる企業は合併などで幾度も名称を変えている。初作から2007年度まではバンプレスト(旧法人、後のBANDAI SPIRITS)。その後「バンダイナムコゲームス バンプレストレーベル」→「バンダイナムコゲームス」→「バンダイナムコエンターテインメント」となる(法人格そのものは継承され続けている。

出典:スーパーロボット大戦シリーズ - Wikipedia

	

ZOIDS SAGAシリーズ

	
ZOIDS SAGA シリーズ(ゾイドサーガシリーズ)は、ゾイドを題材にしたゲームボーイアドバンスおよびニンテンドーDS用ゲームソフトのシリーズ。ゲームボーイアドバンス(ZOIDS SAGA DSのみニンテンドーDS)で発売されたロールプレイングゲームで、ゾイドの世界観(主にアニメ)を基本としたオリジナルストーリーが展開する。

野良ゾイドのデータとコアを収集する事で、そのゾイドの開発が可能になる。他にも部隊のゾイドを自由に変更できる、キャラクターのレベルが上がれば能力が上昇し搭乗ゾイドが強くなる、ゾイドの強化改造等の特徴がある。作品によって登場ゾイドに少しずつ違いがある。

シリーズを通して今までのゾイド作品の世界観を平行世界と捉えてその各世界を時空を超えて旅すると言うコンセプトであり、これまでのゾイドシリーズのキャラクター達がクロスオーバーで登場し、ストーリーが進めば彼らを仲間にする事も出来る。

出典:ZOIDS SAGAシリーズ - Wikipedia

	

Z.O.E 2173 TESTAMENT

	
2001年9月28日に発売されたGBA用SRPG。
本作品はZ.O.Eの外伝作品であり、時系列はANUBISの一年前にあたり他作品のキャラクターもゲスト参戦している。エンディングはストーリー分岐により二つに分かれる。
なお、開発は小島プロダクションでは無く、ウィンキーソフトとなっている。


移民船ボナパルドV号で働いていた、主人公ケイジ・ミッドウエルが、船の格納庫で出会った謎の少女ミオナ・オルデランや、同じく謎の機体テスタメントと共に火星に降り立ち、反地球レジスタンス組織BISの一員として行動していく様を描いた作品。

出典:Z.O.E 2173 TESTAMENT - アニヲタWiki(仮) - atwiki(アット...

	

ダイヤドロイドワールド イービル帝国の野望

	
ダイヤブロックは来年2002年で生誕40周年となります。
“ダイヤドロイド”とはダイヤブロックで組み立てられた カッコイイ!
変形!合体!ロボットです。
ダイヤドロイドの世界がRPGで登場です!

出典:?_?C???h???C?h???[???h?@?|?C?[?r???鍑?̖?]?|

	

トイロボフォース

	
トイロボフォースはシューティングとアドベンチャーがひとつになったゲームとなっています。
人とロボットが共存する世界で、暴走してしまったロボットを止めるため、警察学校の少年達が戦う…というストーリー。

出典:俺たちのゲームノート:GBA初期の隠れた名作? 「トイロボフ...

	

ムゲンボーグ

	
子供達が、不思議なメカ生命体と共に遊ぶ「むげん台小学校」。ランドセルに入れて学校に持って来たプラモや人形、ケータイツールが、ある日むげん台小学校付近の不思議な空間で、進化した。子供達の願いの力によって玩具から姿を変え、意志を持って動き出したメカ生命体。この生命体を、子供達は「ムゲンボーグ」と呼んだ。子供達にとって、ムゲンボーグとは夢の玩具であり、友達なのだ。

出典:ムゲンボーグ(GAMEBOYADVANCE) - TSUTAYA/ツ...

	

メダロットシリーズ

	
『メダロット』とは、1997年にイマジニアから発売されたゲームソフト『メダロット』を始めとする、コンピュータゲーム、漫画、アニメのシリーズの総称である。いずれの作品でも、「メダル」と呼ばれる物体によって機動する1メートル弱のロボット「メダロット」を戦わせる競技「ロボトル」が流行している世界を舞台として物語が描かれる。ゲーム作品ではスタッフとして、ほぼ全ての作品に原作者のほるまりんがキャラクターデザイン、メダロットデザインなどでかかわっている(『メダロット7』以降はメダロットデザインのみ)。

出典:メダロット - Wikipedia

	

ロボットポンコッツ2

	
2001年9月13日に発売された、ゲームボーイアドバンス用ソフト。リングバージョンとクロスバージョンの2種類ある。カートリッジ1本で遊べる通信機能を備える。

戦闘方法の一つである「バトラー」が単体戦闘から4on4(4対4)の複数体同時戦闘形式に変更。中央のバトルリールが時折止まるようになっており、止まった絵柄によってさまざまな効果が起こる。他にも、さまざまな点で変更、追加点がある。

本作ではタイムトラベルを利用して過去と現在を行き来し、マップを攻略していく。

出典:ロボットポンコッツ - Wikipedia

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
アーテル