• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<この国は闇の金を動力に動いてるのか・・・?>  この国は法治国家か “眠る巨悪”甘利元大臣を放置する異常

サムネイル出典:

<この国は闇の金を動力に動いてるのか・・・?>  この国は法治国家か “眠る巨悪”甘利元大臣を放置する異常

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<この国は闇の金を動力に動いてるのか・・・?>  この国は法治国家か “眠る巨悪”甘利元大臣を放置する異常

「睡眠障害」とは便利な病気だ・・・  真っ昼間の大臣室。業者からスッと差し出された「黒いカネ」をニタニタしながら、わしづかみで胸ポケットに入れる─―。テレビの時代劇に出てくる悪代官さながらの前代未聞の汚職事件が“野放し”にされている状況に法曹界がついに怒りの声を上げた。

【雲隠れ】「20億円の口利き」疑惑で、1週間で解明といっていた甘利元TPP担当大臣は、1ヶ月の雲隠れの後、さらに2ヶ月隠れて出てこないという。誰も追いかけず、安倍内閣の嘘つきぶりに沈黙するマスコミのお粗末さは一体何だろうか。
	

甘利前大臣 さらに2か月国会欠席 自民党に伝える

衆院TPP特別委、24日設置で合意委員長に西川公也氏 野党は睡眠障害の甘利氏招致求める から
	

衆院TPP特別委、24日設置で合意委員長に西川公也氏 野党は睡眠障害の甘利氏招致求める

【クズ番外編】まだ甘利に対する捜査も始まっていないのに、宗像紀夫は「違法性はない」と言っている。この後も、どうにもならない屁理屈を並べ立てて、延々と甘利とアベシ内閣を擁護している。
	
続》自民党の発表は、どうやら嘘のようだ。甘利明は、赤坂の議員宿舎の非常階段を上り降りして体力づくりに励んでいるというのである。それは、今夏予想される衆参ダブル選挙で甘利明が出直せるように、アベシが配慮しているためである、というのだ。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21