• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
米ドル基軸体制に対する戦いの最終盤戦に入った中国・・・中国が極秘裏に描く「世界金融戦争の終盤戦略」~金買い増しと資金流出のウラ

サムネイル出典:

米ドル基軸体制に対する戦いの最終盤戦に入った中国・・・中国が極秘裏に描く「世界金融戦争の終盤戦略」~金買い増しと資金流出のウラ

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
米ドル基軸体制に対する戦いの最終盤戦に入った中国・・・中国が極秘裏に描く「世界金融戦争の終盤戦略」~金買い増しと資金流出のウラ

中国は外貨準備として米ドルで3.2T$を保有しているが、中央指導部は米ドル覇権体制に対する戦いの最終盤戦に入ったと考えている。それで米ドル外貨準備に対するヘッジとしてゴールドを保有しようと声高に主張しているのだ

「中央指導部はゴールドを金融システム動乱に対するヘッジと見ている」

中国に詳しい、ゴールドセクターのアナリストのインタビュー記事を紹介します。
※China’s Global Gold Strategy

このインタビューの語り手はWillem Middelkoop氏で、解説では略称WMとしています。

オランダではジャーナリストという肩書きもありますが、この人物が名を上げたのは、2008年の金融危機を正確に予測し、その見識を生かして、貴金属鉱山の投資ファンドを立ち上げたことです。また、中国のゴールド投資戦略を描いた著作でも有名になったそうです。

今回のインタビューの要点としては、「中国の金準備買い増し方針」「人民による保有」「金融システムの建て直しに至る終盤戦での戦略」があります。質問者とWillem Middelkoop(WM)氏の対話形式です。

出典:中国が極秘裏に描く「世界金融戦争の終盤戦略」~金買い増しと資金流出のウラ | マネーボイス

	

インタビューのポイント

質問:
中国はゴールドをどのように見ているのですか?

WM:
中国はゴールドを金融システム動乱に対するヘッジと見ており、それで現在、戦略的安全資産として金を準備しているのだ。

現在、中国は外貨準備として米ドルで3.2T$を保有しているが、米ドル覇権体制に対する戦いの最終盤戦に入ったと考えている。それで米ドル外貨準備に対するヘッジとしてゴールドを保有しようと声高に主張しているのだ。

欧米では、この中国の主張はほとんど紹介されていないが、中国国内で発行されているあらゆる記事に「最短時間で最大量の金準備を保有しよう」と書かれている。

昔、1920~1930年代頃の中国は結構な量のゴールドを保有していたが、それも日本軍が第二次世界大戦前に侵略して大半を奪い取ってしまった。残りのゴールドも、戦後に国民党が台湾に持ち出し、その後1990年代まで中国本土の金保管庫は空っぽのままだった。そのような経緯があったので、中国の金保有熱は非常に強いのだ。

質問:
中国の現在のゴールド保有量はどれくらいだと思いますか?

WM:
過去15年で積み上げた量を見るなら、公的金準備保管量だけを見ていては駄目だ。中国人民銀行の保有量は、比較的少ないからだ。

公的な金準備の数字は1800トン以下だが、それは全外貨準備の2%弱でしかない。これを10%にしたいのだ。ロシアはすでに10%以上だし、欧米ではもっと大きな比率になっている。西側が全世界の金準備の大体5割を握っている。

中国の公式な計画として「人民の間で金保有を!」という表現がある。それは昨年6月に中国人民銀行のホームページに公開された記事だ。ちょうど公的金準備を大幅修正発表した時期だ。

中国の現物ゴールド保有量総計は1万トン以上になっており、それらは一般の商業銀行、企業群だけでなく、一般市民が保有している合計数量である。その半分以上を中国国民が保有している。

中央指導部は金融史を非常に良く研究しており、金融危機には政府がゴールドを没収し、その対価としてペーパーマネーを渡すことができると熟知している。特に中国のような中央支配体制国家では、容易であると知っているのだ。

同様のことはアジア危機の時の韓国でも起きたし、1933年の米国では、時のルーズベルト大統領が米国民の保有するゴールドを没収したし、その後1974年まで、米国民はゴールドを買うことも保有することも禁止されていたのだ。

中国は必要とあらば金没収をするのは可能だが、そのような事態とは、例えば人民元防衛で外貨準備の多くを失ってしまった場合などが考えられる。そうなれば、中央政府は中国の一般国民から金を取り上げるだろうが、それはよほど状況が絶望的になった場合の治療薬のようなものだ。

出典:中国が極秘裏に描く「世界金融戦争の終盤戦略」~金買い増しと資金流出のウラ | マネーボイス

*************
詳細は、上記の出典をクリックしてください
*************
まあ、そんなにきな臭い陰謀論めいた話ではなく、単に中国国内外の投資家も企業も、人民元の先安を読んで防衛行動を取っているに過ぎないと見えるがw
>中国が極秘裏に描く「世界金融戦争の終盤戦略」~金買い増しと資金流出のウラ
	
「中国は外貨準備として米ドルで3.2T$を保有しているが、中央指導部は米ドル覇権体制に対する戦いの最終盤戦に入ったと考えている。それで米ドル外貨準備に対するヘッジとしてゴールドを保有しようと声高に主張している」
	
中国が極秘裏に描く「世界金融戦争の終盤戦略」~金買い増しと資金流出のウラ: 米ドル基軸体制に対する戦いの最終盤戦に入った中国、その戦略とは?
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21