• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button

サムネイル出典:

Author:
haru0110haru0110
Posted date:

Las Vegas Bellagio Fountain

			
3月より、ビジネス・留学生を対象に日本への入国を許可、一部の国からの入国者は入国後の待機なしという入国制限の緩和予定ということで、海外旅行好きにも希望が見えてきました!
ヨーロッパをはじめとする海外の国では、ワクチン接種を条件に陰性証明書・待機免除など、制限の緩和がすでに始まっています。
私も大の旅行好きなので、コロナ終息後の旅行先について調べ、日々夢を膨らませています。

今回は、実際に私が行ったことがあるカジノを楽しめるおすすめの場所を紹介します。

1. ラスベガス(アメリカ)

ベネチアン・リゾート・ラスベガス

			
カジノといえば誰もが最初に思い浮かべるだろう「ラスベガス」。たくさんの高級ホテル・カジノに、ショッピングモール。朝から夜まで楽しめる街です。

さまざまな国や地域がコンセプトとなったホテルがあり、ラスベガスに行っただけでパリやベネチア・エジプトなど別の場所の雰囲気も味わうことができます。
特に噴水ショーで有名な「ベラージオ・ホテル & カジノ」とホテル内にベネチアを再現した川がある「ベネチアン リゾート ホテル & カジノ」は、絶対に行ってみたいスポットです。

日本からは直行便がないため、必ず1箇所を経由する必要がありますが、メジャーな経由地としてはシアトルやロサンゼルス・サンフランシスコなど、一度は訪れたいアメリカの都市がベストとされています。
時間があるのであれば、ストップオーバーで3泊ほど別の都市に滞在し、ラスベガスに移動し3泊という形で、2〜3都市観光するのもおすすめです!(私はロサンゼルス・フロリダに行きました)

2.マカオ

次に紹介するのはアジア1のカジノ都市「マカオ」。マカオの経済はカジノで成り立つとも言われるほどカジノが盛んで、ラスベガスに劣らないほどの高級ホテルが密集しています。

日本からはコロナ前には直行便も出ており、飛行時間約5時間・時差1時間という、とても行きやすい場所にあります。また、香港にもフェリーまたはバスで2時間ほどで行けるので、1週間あれば2都市を満喫することができます。

マカオには子連れで行きましたが、カジノ以外にも観光スポットがたくさんありました。まず、カジノホテルでは煌びやかなショッピングモールが併設されており、みているだけで楽しい気分になることができます。
他にも地上223mから落下する世界最高の「バンジージャンプ」、美しい教会などがあります。中でも聖ポール天主堂跡・セナド広場はポルトガルの統治時代の名残を感じられ、周辺には多くの飲食店もあるので、ランチを食べながら観光するのもいいでしょう。

3.ソウル(韓国)

K-POPやドラマなど、韓流ブームにより大人気な「韓国」。飛行機で2時間で行ける距離であり、観光地では日本語を話せる人も多いこともあり、日本人の定番の旅行先になりつつあるのではないでしょうか?

そんな韓国に「カジノ」というイメージは少ないかもしれませんが、実はカジノが楽しめる高級ホテルが存在するのです。
韓国人は法律でカジノが禁止されているため、外国人専用となっています。

おすすめのカジノは「パラダイス・ウォーカーヒルカジノ」「セブンラックカジノ ミレニアムソウルヒルトン店」。どちらも豪華ホテル内にあるカジノで、ソウルの中心部である明洞へのアクセスも抜群です。

私も韓国には3回ほど行ったことがあり、文化も近く安全な旅行先の1つだと思います。距離も近く週末旅行で気軽に行くこともできるので、とてもおすすめです!

4. セブ(フィリピン)

アジア屈指のビーチリゾート、セブ島。日本からは直行便で約5時間30分で行くことができ、時差も1時間しかありません。

1年中夏なので、いつでもマリンアクティビティが楽しめます。
シュノーケルやジンベイザメと泳げるツアーなどでアクティブに過ごすことも、高級リゾート・スパでリラックスすることもでき、自分にあったスタイルのステイを選ぶことができます。

また、物価が安いこともあり、予算の限られた旅行にもかなりおすすめです!

そんな「THEビーチリゾート」のセブにもカジノホテルがいくつか存在します。
その中で特におすすめなのが、リゾートエリア「マクタン島」にある「Jパーク アイランド リゾート & ウォーターパーク」です。
このホテルにあるカジノは24時間営業で、ホテルには4歳以上のお子様は無料で預けられるキッズクラブもあるので、安心してカジノを楽しむことができるそうです。
更にセブ最大級のウォーターパークもあり、1日中プールで遊んでも飽きないほどです。

実は私はカジノをプレイしたことはありませんが、5歳の子連れでJパーク アイランド リゾート & ウォーターパークに泊まったことがあり、1日中ホテル内で過ごしたことがあります!

朝食ビュッフェも洋食から中華まで多種多様な料理が用意してあり、また泊まりたいと思いました。

まとめ

今回はコロナ終息後に訪れたいカジノをプレイできる旅行先について紹介しました。全て行ったことのある場所ですが、まだカジノは1度もしたことがないので、海外旅行が解禁されたらチャレンジしてみたいと思います。
コロナが終わる前にオンラインカジノで練習してみるのもいいかもしれません!
オンラインカジノとは「オンカジ」や「ネットカジノ」とも呼ばれ、インターネットでプレイすることができるカジノを指します。スロットやルーレットはもちろん、バカラ、ポーカーなどのトランプゲーム、スタジオからリアルタイムで配信されるライブカジノなどを遊ぶことができます。

サーバーが置かれている国の法律に則り、海外の政府が発行する正式なライセンスを取得しているため、ラスベガスに旅行した時と同じように、実際にお金を賭けてプレイすることができます。

出典:オンラインカジノの復習はこちら

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
haru0110