• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<真実を見つめる勇気を失ったとき日本は廃墟となる・・・!> 原発汚染水問題で販路失った水産業者の苦境

サムネイル出典:

<真実を見つめる勇気を失ったとき日本は廃墟となる・・・!> 原発汚染水問題で販路失った水産業者の苦境

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<真実を見つめる勇気を失ったとき日本は廃墟となる・・・!> 原発汚染水問題で販路失った水産業者の苦境

黒潮と親潮がぶつかり合う、世界有数の漁場、三陸沖。宮城県牡鹿半島の高台からホヤの養殖棚を眺める、石巻市の水産会社会長、佐藤秋義さん(67)の表情がみるみる険しくなった。 「2年半にわたってホヤの出荷ができないことで被った損害は2億円以上。今年も同じ状況が続くようだと、倒産に追い込まれかねない」 漁港や漁船の復旧が進み、ワカメの収穫でにぎわう浜にあって、佐藤さんは独り東京電力・福島第一原子力発電所事故の被害に頭を抱える。

韓国政府の輸入禁止措置で、経営が暗転

タンクや地下貯水槽からの相次ぐ漏洩で汚染水問題が深刻化していた2013年9月9日、韓国は福島県や宮城県を含む東日本8県のすべての水産物を対象に、輸入禁止措置を発動。東北地方どころか全国でも随一の規模でホヤ養殖を展開していた佐藤さんは販路を失ってしまった。

それから2年半が経過した現在も、輸入禁止措置は解除される兆しがない。日本政府は事態を打開すべく、韓国を相手に世界貿易機関(WTO)のパネル(紛争解決小委員会)に解決を委ねたが、長期化は避けられない見通しだ。

「これほどまで解決が遅れるとは想像もしていなかった。韓国の業者も一日も早い取引再開を願っているのに、なすすべもない」。佐藤さんは焦燥感を募らせている。

もともと国内での消費が主だったホヤが韓国に向けて本格的に輸出されるようになったのは今から8~9年前。特に三陸産のホヤは鮮度や品質がよいことから生食用として人気を博し、宮城県で採れたホヤの7~8割が韓国に輸出されていた。そうした中でも佐藤さんは大規模な養殖で市場を開拓してきた。

東日本大震災直前の2010年、日本から韓国には7000トン余りのホヤが輸出されており、そのうち佐藤さんの会社だけで1000トン以上も出荷していた。だが、津波被害で、養殖棚は全滅した。

出典:原発汚染水問題で販路失った水産業者の苦境:@niftyニュース

	

海外から日本人に本当のエールを送ってくれる日本人がいる

✱問題は韓国政府が輸入禁止している事ではない
危険な放射能汚染海産物が日本国内では平気で流通している恐ろしい現状だ!!
原発事故以前の放射能汚染基準であれば 日本国内での販売は禁止状態なはずだが 国内販売が出来るように安全基準レベルを日本政府が意図的に上げた危険食材を君は食べさせられているのである!!

出典:https://www.facebook.com/yasuo.j.sasada

	

世界の大半の国々が日本からの食品輸入を禁止もしくは制限している現実

***************
世界の輸入禁止もしくは制限が悪いのではない!!
日本政府が身勝手な都合で食品の安全制限を誤魔化し、本来なら食品流通させては
いけない食材を海外に販売しようという姿勢態度が犯罪的なのである
さらに悲劇は、この不適合な食材を日本国内に流通させ日本国民が毎日食していることだ

日本政府は厳しい食品検査をしている・・・なんてのは嘘だ!!
検査機器を誤魔化し、安全基準を誤魔化し、医学的根拠や正論を誤魔化し・・・
この歴史的な犯罪を海外の目は黙ってみている
知らないのは呑気な日本国民だけだ
***************
「(韓国)国内産食品に対する放射能検査基準も強化した」として、その経緯も記載。さらに「日本産水産物が(韓国)国内産を偽装して流通することを元から遮断する」
つまり放射能の問題。
	
NHKの『福島サポート・海の放射能汚染』。海の汚染はあるけれど今は以前よりきれいになったと。この話を頷いて聞いているのが、いわき漁業関係者や小売店主や高校生。試験操業で獲る魚は市場に出ており現在15種から64種に。検査基準は50ベクレルで安全だと。原発事故は収束せぬまま安全だと。
本来10ベクレルを身勝手に50ベクレルまで引き上げておいて、安全宣言・・・!
信じる馬鹿に信じない馬鹿~どちらも馬鹿なら・・・なんて幕末ムードになる方が
まだ希望があるのだろうか?
鉄スクラップ輸出、放射能検査問題が決着-韓国側の意向ほぼ通る、9月出荷分から日本だけに厳しい検査基準 
	
台湾放射能検査結果。
2015.5.18現在。
69995検体検査。基準超え無しだが 209検体に検出。最新pdf一つだけ見れば良い。→ 食品規制強化は「消費者守るため」中央社フォーカス台湾
	
ガンマ線しか測定しない食品検査基準、年間被曝基準及び汚染地域避難基準、放射性廃棄物取扱基準、「食べて応援」とか「復興支援」を声高に叫び、食品の放射能汚染に対する取締りが緩々になっている現実・・・、国際的基準をこれだけ無視して事実...
	
*************
つまり、検査をしたのだから~と安全宣言をするのは日本の一部のみ!!
全世界は検査の内容に注目している!
以前の日本の食品の安全基準は世界一厳しかった・・・だが、今日は
世界一ルーズに堕落してしまっている~この現実を日本人が知らないのは
悲しい現実
*************

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21