• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【石井紘基議員・刺殺事件】暗殺疑惑『政界を震撼させるすごいネタ』疑惑を国会で追及する準備中だった

サムネイル出典:

【石井紘基議員・刺殺事件】暗殺疑惑『政界を震撼させるすごいネタ』疑惑を国会で追及する準備中だった

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
【石井紘基議員・刺殺事件】暗殺疑惑『政界を震撼させるすごいネタ』疑惑を国会で追及する準備中だった

特殊法人をめぐる税金の流れなど国の不正を追求し続けた民主党の故石井紘基議員(当時61)事件現場である自宅玄関前で石井氏が持っていたカバンの中身は空っぽだった

石井紘基議員・刺殺事件

2002年10月25日、世田谷区の自宅駐車場で右翼団体守皇塾代表の伊藤白水に柳刃包丁で左胸を刺されたことになっているが、警察捜査やマスコミ報道、そして裁判・・・
いずれも例によって、表向きの処理・報道だけで、真相部分は闇に葬ってしまっている。
真の犯人ともいうべき おそらく暗殺を指示した権力者からの圧力によって・・・

本誌記者が石井紘基代議士(61)と最後に会ったのは10月23日のことだった。議員会館ですれ違ったとき、「いい話があるんだ。書いてよ。これは間違いなくでかくなる話だから・・・」と耳打ちしてくれた。

「その話、でかいけどまたヤバイ話じゃないですか」と冗談で返すと、「まあな。俺、ヤバイことばっかやってるからな」と笑って答えた。

実はその数週間前にも、こんなことがあった。別の記者が民主党議員の秘書から、「石井先生のところに政界を震撼させるすごいネタが入ったみたいだ。当たってみるとおもしろいかも・・・」と聞かされたのだ。

記者が石井氏に当たったところ、「まあまあ、そう焦りなさんな。いま証拠固めの最中だから。いずれ時期を見て国会で質問する。そのときは連絡するよ。これが表ざたになったら、与党の連中がひっくり返るような大ネタだよ」と言って、たばこをぷーっとふかした。

今回の凶行はまさに、石井氏が何か大きな疑惑を国会で追及する準備を始める矢先の出来事だったのだ。

(中略)

石井氏刺殺のニュースが永田町に流れると、同僚議員たちの脳裏にはさまざまな”疑惑”が浮かんだという。民主党関係者はこう話す。

「真っ先に頭に浮かんだのが、ある保守系大物代議士の産廃がらみの利権です。石井さんが調査を始めたと聞いていたので、『ついに、やられたか』って直感しました」石井事務所の関係者も、こう打ち明ける。

「実は、自民党関係の政治資金に不審な点があり、それを徹底的に洗っていたところなんですよ。すでに何かをつかんでいたようでした」石井氏と親しくしていた紀藤正樹弁護士も、悔しそうにこう話した。

「石井さんは一般市民の目でずっと政治を続けてきた稀有な政治家。彼は国会で質問することが国会議員の使命だと考えていた。彼に追及されて困る人は世の中にたくさんいる。利権に巣くっている人たちにとってみれば、彼がいなくなったことは大きなメリットです(後略)」

 

ニューヨーク市立大・霍見教授のコラムより
「民主党の石井紘基議員の非業の死について、米国の指導的メディアは国粋右翼による政治的暗殺だと的確に報じた。

「石井議員暗殺を米国から見れば、「自殺」と警察が早々と断定した新井将敬自民党議員の怪死や、同じく大阪駅近くのホテルで「自殺」と即断された銀行の頭取の変死にもつながってくる。

日本の警察や検察は、とても「自殺」と即断されないほどの怪しい状況証拠があっても、お上に都合よく処理してしまう。

米国のメディアは、諜報機関の資料を使って「悪い奴ほどよく眠る」日本の暗部にメスを入れている。

政官産の汚職の核心に迫る者が出てくると、暗殺されたり、「謎の自殺」に仕立てられたりする。 、、、、」

 

 

「週刊金曜日」

・今回の事件で一番奇異なのは、犯行に及んだ者が逮捕されていながら、返り血を浴びた衣服などの「秘密の暴露」が一切ないことだ。

・実は、自民党関係の政治資金に不審な点があり、それを徹底的に洗ってたところなんですよ。すでに何かをつかんでいたようでした。

出典:http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/238d7880a9e4024bd8cad7308268b87a

	

「福島第一原発の安全装置ECCS(非常用炉心冷却装置)は(小泉政権の)8年前に外され ていた」

こんな馬鹿な真似を一体誰がやったのか。この非常用冷却装置が外されていなければ、

今回の東北大震災からなる、ここまでひどい事故の結果にはならなかったはずです。

にも関わらず、テレビ新聞等で、全く問題にもされないというのは、もはや文明の終末期です。

心ある国民の立場からすれば、完全に犯罪行為にも等しく、国家反逆罪に問われても、何等

おかしくありません。徹頭徹尾、腐りきっています、この国は。

溢れんばかりの売国官僚と売国政治屋の腐った面々。そしてそれに従う、クソマスゴミのクズ共。

この腐りきった奴らの尖兵として大活躍する検察と警察、そして最高裁判事たちの悪質な犯罪性。

それらに対して、全く無知無関心の圧倒的大多数の家畜国民の存在。

そして、心ある政治家、ジャーナリスト、市民などを次々と抹殺していく闇に潜む悪魔の存在。

それから、もしかしたら、今回のかなり怪しい東北大地震と、先の非常用冷却装置が外された事は、

一連の、何等かの大きな関係があるのかもしれないと、疑いの念を強く抱いております。

もしかしたら、これらは全てシナリオ通りだとすれば、国家転覆罪にも相当するものです。

それにしても、ここでもまた、やはり小泉の名前が登場しております。

出典:【続・石井紘基代議士暗殺の真相】=売国奴たちの凶宴|wantonのブログ

	

石井紘基氏の殺人を依頼した背景には、小泉政権周辺の闇将軍の影がちらつく!

日米関係の戦後史の闇の中に足を踏み入れた石井紘基議員は、総理経験者のKを訪れたとき、「このことを国会で質問していいか」と訊ねた。
その翌日、石井紘基議員は自宅玄関で刺殺されたのだ。

	
日本には重大な憲法違反がある。憲法83条「国の財政を処理する権限は、国会の議決に基づいて、これを行使しなければならない」に反し、官僚が勝手に作っている特別会計。この闇に触れた石井紘基議員は暗殺され、小沢一郎議員は冤罪をかけられた。
	
選挙で日本は変えれない

政治家と政党はいずれ必ず
官僚総支配体制の軍門に堕ちる

◆例えば民主党

そうでない政治家は
失脚するか

◆田中角栄
◆鳩山由紀夫
◆小沢一郎

殺される

◆石井紘基

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21