• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<このような社会的メッセージ性のある写真集が日本にも欲しいね~!>  モノクロ写真で表現する性暴力・DVへの抗議 「自業自得なんかじゃない」

<このような社会的メッセージ性のある写真集が日本にも欲しいね~!>  モノクロ写真で表現する性暴力・DVへの抗議 「自業自得なんかじゃない」

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<このような社会的メッセージ性のある写真集が日本にも欲しいね~!>  モノクロ写真で表現する性暴力・DVへの抗議 「自業自得なんかじゃない」

「誘ってなんかいない」 「結婚と合意は違う」 「娘には性暴力の被害者になってほしくない」 これらの言葉は、最近始まった写真プロジェクト「自業自得なんかじゃない」に取り上げられている力強いフレーズの、ごく一部です。オーストラリア人写真家のローリー・バンウェルさんは、なおざりにされがちな被害者の意思に対する人々の関心を高めることで、家庭内暴力や性暴力への抗議をしようと、この写真集を制作しました

被写体の人々は皆、半裸か下着姿です。彼らの体や手に持ったカードには、「誘ってなんかいない」「自分の体は自分のもの」など、参加者が思い思いに選んだ言葉が書かれています。

バンウェルさんがハフポストUS版に話したところでは、参加者の一部が家庭内暴力や性暴力を受けた経験がある人で、他には親族が同様の被害を経験した人や、純粋なプロジェクトの賛同者もいるそうです。

バンウェルさんはハフポストに対し、現在進行中のプロジェクトは、2014年に、彼女が妊娠25週目で女の子を身ごもっているがわかったことをきっかけに始まったと語りました。

「娘が生まれると知った次の瞬間、私たち夫婦は軽いパニックになりました。将来、十代になる娘を守らなくてはと考えたのです」とバンウェルさんは言います。「私の知人のほとんどは(私自身もそうですが)、過去に何らかの形で性暴力や家庭内暴力に苦しみました。娘も同じような目にあうかもしれないと思うと、恐ろしくてたまりませんでした」

バンウェルさんが11月に自分のフェイスブックに作品を投稿したとき、人種や性別に偏りがあると一部から批判されました。それについて彼女は、プロジェクトはまだ達成にはほど遠く、より幅広い人種とジェンダーの人々を代表できるようになることが目標だと説明しました。「有色人種や男性、その他誰でも、プロジェクトへの参加を希望する人を巻き込みたい」

出典:モノクロ写真で表現する性暴力・DVへの抗議 「自業自得なんかじゃない」

	
[映画]三浦友和、南果歩にDV…“家族という名の地獄”『葛城事件』予告編
	
DVで避難…妻の新住所は「ネット通販業者から聞いた」 車ではねた男が供述 - 産経ニュース
ネット通販業者……
	
「DV夫であれば、離婚を切り出しただけで逆上することが予想されます」。安全を確保した上で、どのように離婚にむけて動くとよいのでしょうか?〈DV夫から逃げる…安全な離婚手続きの進め方〉
	
被曝の病状は更に悪化していました。 簡単な計算も間違えるようになり、ひとりでは買い物もできなくなってしまいました。
福島の汚染地域でDV事件が急増というのも現実・・・!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21