• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
米空軍部隊は最新の気象衛星の制御を完全に失った。すでに2月11日時点で制御不能になっていたもの。スペースニュースが報じた

米空軍部隊は最新の気象衛星の制御を完全に失った。すでに2月11日時点で制御不能になっていたもの。スペースニュースが報じた

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
米空軍部隊は最新の気象衛星の制御を完全に失った。すでに2月11日時点で制御不能になっていたもの。スペースニュースが報じた
「コロラド州コロラドスプリングズ空軍基地第50宇宙航空団のオペレーターは、第19気象防衛プログラム衛星の制御を取り戻そうとするあらゆる試みを停止する」米空軍宇宙軍のアンディ・ルーク代表が述べた。
ロッキード・マーティン社製の宇宙機器は、軍事作戦を妨害する可能性がある霧、嵐雨前線やハリケーンの発生を予測することができるもの。2014年に軌道に打ち上げられ、5年間稼動するはずだった。故障を受け
宇宙軍は10年前に打ち上げられた第17衛星を再起動することを余儀なくされた。

出典:米空軍部隊、最新衛星を宇宙で失う

	
<米空軍部隊、最新衛星を宇宙で失う> 米空軍部隊は最新の気象衛星の制御を完全に失った。すでに2月11日時点で制御不能になっていたもの。スペースニュースが報じた。
続きを読む
	
銀河の号令  【北海道でオーロラ見える? 太陽で大規模爆発、磁気乱れ】 旧正月23日昼過ぎ、太陽で比較的大規模の爆発。米気象衛星は2005年以来の規模の放射線観測。制御不能の衛星も。ただ、今回の太陽磁気風は北向きで北海道での観測は望み薄。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21