• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
米国の著名な映画監督オリバー・ストーン氏は、米大統領選挙民主党候補使命争いのトップを走っているヒラリー・クリントン前国務長官を、汚職問題で告発した

米国の著名な映画監督オリバー・ストーン氏は、米大統領選挙民主党候補使命争いのトップを走っているヒラリー・クリントン前国務長官を、汚職問題で告発した

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
米国の著名な映画監督オリバー・ストーン氏は、米大統領選挙民主党候補使命争いのトップを走っているヒラリー・クリントン前国務長官を、汚職問題で告発した

監督は、自身のFacebookの中に、大統領選挙で民主党を代表するのは、サンダース上院議員であるべきだと書き込んでいる

ストーン監督は、次のように主張している―
「彼は、少なくとも、財政上の分別から、外国に対する我々の干渉を縮小し、部隊を故国に帰し、憎しみのために何兆ドルも費やさず、お金を自国民や学校そしてインフラに投じて、祖国を守ろうと試みる心積もりのある唯一の候補者だ。
また国政における汚職に反対する唯一の候補者でもある。
一方クリントン候補は、汚職にまみれている。」
3月26日の段階で、民主党の大統領候補指名争いでは、クリントン前国務長官が大きくリードしている。彼女は、サンダース上院議員の952人に対し、1690人の選挙人を獲得した。なお確実に民主党候補となるためには、2383人の選挙人を集める必要がある。
米国大統領選挙は、今年秋11月8日に実施される。

出典:オリバー・ストーン監督 クリントン候補を汚職で告発

	
オリバー・ストーン氏は、米大統領選挙民主党候補使命争いのトップを走っているヒラリー・クリントン前国務長官を、汚職問題で告発。
	
オリバー・ストーン曰く、「(要約)ヒラリー・クリントンあいつは、超ヤバイ!アメリカが強くなくては、世界の平和はあり得ないなどと豪語している」
	
オリバー・ストーン「ヒラリー・クリントンは歴史を理解していません」
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21