• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
日本から理性が消えたのか・・・? 高汚染・福島県飯舘村で村長が中学生に”暴走”授業!

サムネイル出典:

日本から理性が消えたのか・・・? 高汚染・福島県飯舘村で村長が中学生に”暴走”授業!

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
日本から理性が消えたのか・・・? 高汚染・福島県飯舘村で村長が中学生に”暴走”授業!

「ニュースで見るまで知りませんでした。子供たちは、この間ずっと悩んでいたんです。学校再開が来年4月だと聞いて(飯舘に戻りたくなくて)転校を決めた子もいると思います。いったいどうしてくれるんでしょうか」 そう話すのは、飯舘村から福島市内に避難中の菊田慶子さん(仮名・43)。現在中1の子供を、福島市内の仮設校舎に通わせている母親だ

飯舘村の菅野典雄村長は、これまで独断で二転三転と学校の再開時期を変更してきた。そして、3月23日、「学校再開は17年4月ではなく、1年間延長して18年4月からとします」と、記者発表。菊田さんは、先に子供や保護者になんの説明もなかったことに、憤っていた。しかも、学校再開を一年延期した理由は、「学校の改修工事が1年では間に合わない」からだという。しかし、それは前からわかりきったことではないか。



飯舘村での学校再開をめぐる菅野村長の独裁ぶりは、子供や保護者に大きな混乱と、心の傷をもたらしている。

「村の除染はまだ完璧ではないので、本当に不安で家族と毎日悩んでいます。放射能があれば、外でのびのびと遊ぶことも部活をすることもできません。せめて5年、学校再開を延期してほしい」(飯舘中学校1年・男子)

「お年寄りは村に戻るかもしれないけど、子供が戻る確率は少ないと思うんです。村長さん、どうなんでしょうか……」(同中学校1年・女子)

「(涙声で)……私たちが村に帰るメリットってなんですか?」(同中学校1年・女子)



これらの悲痛な意見は、福島市内にある飯舘中学校の仮設校舎で1月19日、中学校1年生を対象に開かれた「村長さんと語る会」で子供たちから出たものだ。



その意見が出る前に菅野村長は、「(戻ることを)判断するのはそれぞれだが」といいながら、「私としてはひとりでも多く飯舘村の学校に戻ってもらいたい。(帰還問題を)嫌なものに出会ってしまったと考えるのか、仕方がない、一生懸命考えて判断しようと前向きに考えるのか、そこが大切」

などと生徒に語りかけた。

出典:http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/social/23514

	

アンケートで、避難指示が解除になれば家族で村に戻るという保護者は4人

「村に戻るメリットは少人数授業」と村長は語った

女性自身 2016年4月12日号・高汚染福島「飯館村」中学生に"暴走"授業! 「帰村」勧める村長に女の子は泣きながら「帰るメリットは何ですか?」
~我が子がこんな目にあったら、たまらないですよ。見出しのインパクトで思わず手に取り涙。
	
RT 「高汚染・飯館村『帰るメリットは何ですか?』と泣きながら質問を ...」 ... 女性自身(4/12)より。
	
それにしても、高汚染地域の取材でマスクもさせないTV局。タブーなんだねぇ、麻痺してるねぇ、、。♀> 保管された放射性物質“流出”か 福島・飯館村
	
汚染地域が不規則になることは予想されてましたが、やっぱりって印象。30キロ離れてる飯館村でもチェルノブイリの強制移住の4倍の数値らしいので、避難地域の再調整が必要。→(朝日新聞社):原発30キロ圏外に高汚染地点 3カ月後も最大400倍
	
どっちみち超高汚染地帯の中の除染高汚染物って感覚で野と成れ山と成れなんだべなや行政も! 飯館村の汚染土 漏れていた】 除染で出た除染袋は耐用年数が3〜5年。村のあっちこっち!
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21