• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
Lazy EconomicsはUoniV980PLUSロボット掃除機で実現

サムネイル出典:

Lazy EconomicsはUoniV980PLUSロボット掃除機で実現

Author:
UoniUoni
Posted date:
Lazy EconomicsはUoniV980PLUSロボット掃除機で実現
Lazy Economics「怠け者経済」が近年流行になり、両手を解放する製品が顧客に人気を集めます。2022年には掃除ロボット市場が引き続き成長しています。

コロナ期間中、家庭の衛生環境はすごく重視を受け、クリーン家電はアフターコロナ時代にも追いかけられ、特に今の若者は「掃除する時間がない」という現状は解決しなければならないです。掃除ロボットのような両手を解放する良い製品に対する受け入れ注目度が高く、新鮮なものを試したいと思っています。ITデータによると、2022年の掃除ロボットの売上高は112億に達し、前年同期比20%増加するようです。

技術が巨大なアップグレードをして両手を解放するのはスローガンではないです。

掃除ロボットが登場した目的は人々の手を解放するためで、前の世代の製品はまだ効果を達成していませんが、技術のアップグレードに伴い、消費者はすでに希望を見ています。特に2020年の掃除ロボットUoniV980PLUSの登場は、業界に革命的な技術製品を直接もたらしました。UoniV980 Plusには自動集塵システムが標準装備されて、掃除ロボットのダストボックスがいっぱいになると、自動的に自動集塵台座に戻り、ダストボックスのゴミは直接上の使い捨て集塵袋に吸着され、次の掃除のために準備ができ、集塵袋はほこりとゴミをしっかりとロックし、二次汚染を避けることができ、全体の過程で手を出す必要はなく、消費者に両手を解放する楽しみを体験させました。

由利ロボットV980 Plusは、技術的に見ると、革新的にアップグレードされた集塵宝に加わり、国際的に先進的な集塵袋の設計を採用し、4.3 Lの大容量で30日間のゴミに簡単に対応できます。スライド式ハッチは自動的に密封されて、埃を漏らさず、ワンストップで清掃サービスを行います。ダストボックスの容量には限りがあり、頻繁に手動で掃除する必要があるので、汚くて疲れた痛みを解決することに専念し、消費者に蓋を開けてほこりによる空気の二次汚染に別れを価格から見ると、同じ製品の定価の上昇を牽引し、後続の自集塵製品も着実な成長期にあります。ネットのロボット掃除機販売量によると、2021年第3四半期の自動集塵類製品の量は増加を加速させ、定価では同型の集塵座を搭載した製品は一般的に集塵座を搭載していない平均より3万円高いと見えます。ユーザーのニーズから見ると、自動集塵は他のブランドの将来の主な方向となります。

Uoniロボット掃除機V980 Plusは両手を解放することをスローガンではなく、行動であり、このような優れた製品は同時に消費者にも愛されています。

近年、掃除ロボットは国内で急速に発展し、主に全体的に良い市場環境です。90後と00後は消費の主力軍となりましたが、生活と仕事のストレスが増大するにつれて、より多くの人が煩わしい地麺の清掃から解放されたいと望んでいます。これは清掃家電が家庭に進出する市場の訴求でもあり、清掃家電として、清掃ロボットが目指す目標は全家庭であり、市場の需要の痛みに迎合し、Lazy Economicsの発展需要にあって、2022年に爆発的な成長を迎えると期待しています。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Uoni

初めまして、Uoniです。 現在ロボット掃除機業界で活躍しています。 どうぞよろしくお願いします。