• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
米軍出資の4足歩行ロボット「BIG DOG」が少しずつ進化してきた結果

米軍出資の4足歩行ロボット「BIG DOG」が少しずつ進化してきた結果

Original:

Dynamic Robot Manipulation

Release Date:
米軍出資の4足歩行ロボット「BIG DOG」が少しずつ進化してきた結果

ビッグドッグ(BigDog)とは、2005年にアメリカのBoston Dynamicsとジェット推進研究所、ハーバード大学が開発した四足歩行ロボットである。

四足歩行のため、車輪では走行不能な地形を154kgの荷物を搭載したまま時速5.3km(後に180kgの荷物搭載で30km(一回の燃料補給)踏破することが可能になった)で走ることが出来る。

そして、生物的に言ったら頭の部分にあるのが「腕」とのこと。その腕と全体を利用して掴んだものを自在に放り投げる事が出来るそうです。軍の出資なので利用目的は決まっているとは思いますが、まさにアニメや映画で現れるロボットのようになってきていますので将来は本格的な動きが出来るロボットが必ず現れる事でしょう。

願う事は支援用ロボットだけに留めて欲しい。

という願いだけです。

エンタメ・カルチャー

もはや犬というより馬に近いような。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。