• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
たいへんなことになってるよ・・・! 【悲報】厚労省がネオニコチノイド系農薬の食品残留基準を緩和!ほうれん草は13倍!ミツバチの大量死や発達障害の要因に! 

たいへんなことになってるよ・・・! 【悲報】厚労省がネオニコチノイド系農薬の食品残留基準を緩和!ほうれん草は13倍!ミツバチの大量死や発達障害の要因に! 

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
たいへんなことになってるよ・・・! 【悲報】厚労省がネオニコチノイド系農薬の食品残留基準を緩和!ほうれん草は13倍!ミツバチの大量死や発達障害の要因に! 

EU(欧州)等の国々では数年前から使用が禁止されています。 今回の基準緩和で、日本のほうれん草は従来の13倍(40ppm)に引き上げられました。人間の神経系統を大きく乱して、発達障害等の重い病気の原因になると指摘されています

5月19日に厚生労働省がネオニコチノイド系農薬のクロチアニジンとアセタミプリドの基準を大幅に緩和しました。ネオニコチノイドはミツバチの大量死の原因として指摘されていた農薬で、EU(欧州)等の国々では数年前から使用が禁止されています。
今回の基準緩和で、日本のほうれん草は従来の13倍(40ppm)に引き上げられました。

ここまで基準値を緩和した国は世界でも非常に珍しく、グリーンピースも「厚生労働省の決定は、より安全な食のため規制を求める願いを打ち砕くものです」と強く抗議しています。厚生労働省は緩和前に2度のパブリックコメント(国民からの意見募集)を行っていますが、2回とも反対意見が多数でした。

ネオニコチノイド系農薬はミツバチの大量死だけではなく、人間の神経系統を大きく乱して、発達障害等の重い病気の原因になると指摘されています。この大規模な緩和は非常に重大な問題で、ほうれん草のように基準値が大きく緩くなった食品が後で問題になるかもしれません。

出典:【悲報】厚労省がネオニコチノイド系農薬の食品残留基準を緩和!ほうれん草は13倍!ミツバチの大量死や発達障害の要因に!|真実を探すブログ

	

厚労省、ネオニコチノイド系農薬の食品残留基準を緩和

厚生労働省は19日、ネオニコチノイド系農薬のクロチアニジン、アセタミプリドに関する食品残留基準を緩和した。クロチアニジンの場合、ほうれんそうで従来の13倍(40ppm)に引き上げられる。(オルタナ編集委員=斉藤円華)

同残留基準の見直し過程で、国は2度にわたりパブリックコメント(国民からの意見募集)を実施。合計で約2千件が集まり、その大半が緩和に反対する意見だった。

環境NGOのグリーンピース・ジャパンは同日に声明を発表。「残留基準の引き上げにより、政府は危険なネオニコチノイド系農薬の摂取を増加させている。同農薬が人や環境へ及ぼしうる悪影響に関する科学的証拠や、世界で次々とネオニコチノイド規制を導入する国が増えている流れに逆行している」と批判した。

出典:厚労省、ネオニコチノイド系農薬の食品残留基準を緩和 — オルタナ: ソーシャル・イノベーション・マガジン!「オルタナ」

	

2015/05/19 グリーンピース声明: 厚生労働省の判断は「子どもや妊婦への脅威」 --ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンおよびアセタミプリドの食品残留基準の大幅緩和を受けて

プレスリリース - 2015-05-19
国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、厚生労働省がネオニコチノイド系農薬クロチアニジンおよびアセタミプリドの食品残留基準の大幅な緩和が告示したことを受けて、下記の声明を発表しました。

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン 食と農業担当 関根彩子
「クロチアニジンの食品残留基準の大幅緩和は、この農薬の使用範囲の大幅な拡大を農薬メーカーが申請したことによるものです。これにより、子どもや妊婦にも推奨される栄養価の高いホウレンソウの残留基準は13倍以上にも引き上げられてしまいました。(注1)

これまで、グリーンピースで集めてきた20,000筆を超える反対署名や、2000件に迫るパブリックコメントが、基準をつくる厚生労働省や、農薬の使用範囲や方法を認可する農林水産省に提出されてきましたが、それらは反映されませんでした。

出典:http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/press/2015/pr20150519/

	
	
フランス、2006年にネオニコチノイド系農薬を使用禁止。 ドイツ、2008年にオニコチノイド系農薬販売禁止。 イタリア 、2008年にイミダクロプリドやクロチアニジン種子処理を禁止。 米国と日本だけが立ち遅れています。
	
農薬とADHDの関係。ネオニコチノイド系農薬が子どもの脳と神経の発達を害する可能性があるという証拠も警告されています。
	
オランダ議会は、すべてのネオニコチノイド系農薬の使用禁止を票決。家庭でも使用禁止に。
	
イイネ! :ネオニコチノイド系農薬がミツバチに及ぼしてきた影響を、研究を進めている金沢大学名誉教­授・山田先生監修のもと作った動画→
食の安全や、子ども達の健康が脅かされている事を知らない方に。…
	

【暴露】世界中で起きている異変を徹底解明! その証拠をお見せしましょう - bee my friend動画 -

	
花粉を運び農業を助けてくれるミツバチが、世界中から消えている?

▶︎ 危険な農薬から子どもとミツバチを守ろう!「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」に­ご賛同ください。
http://www.greenpeace.org/japan/ja/Ac...

ネオニコ系農薬がミツバチに及ぼしている影響を、同問題の研究を進める金沢大学名誉教­授の山田先生監修のもと、
コミカルなドラマ風に描く暴露ドキュメンタリー動画です。

世界中で進められている研究結果をインフォグラフデータで分かりやすく表現し、同教授­のネオニコとミツバチの長年の研究結果を証拠写真と共に公開します。

EU各国、米、韓国では使用禁止の動きが加速する中、
日本は逆に残留農薬の基準値を引き上げる規制緩和を進めようとしています。

わたしたちの食の安全が、子どもたちの健康が脅かされるこの問題を知らない方が、まだ­まだ沢山いらっしゃいます。

ご覧になったみなさんからもぜひシェア拡散をお願いします!!

---- [ 活動紹介 ] ----------------------
・グリーンピース・ジャパン 食と農業問題担当チーム:bee my friend(ビーマイフレンド)

・bee my friend マスコットキャラクター:ビースケ
https://www.facebook.com/profile.php?...

・ミツバチと人にまつわる関係を知る:初めての方はこちらから
http://beejp.org/

・Youtubeでとりあえずサクッと見てみる:【1分でわかる】ミツバチが世界中か­ら消えている? 
https://www.youtube.com/watch?v=DEP48...

・あなたもbee my friendのメンバーになれます:Facebookグループ "bee my friend"
https://www.facebook.com/groups/beemy...

・リーフレットでミツバチと農薬の問題を知る:bee my friendリーフレット
http://www.greenpeace.org/japan/ja/li...

・メルマガでタイムリーな情報を知る:bee Magazine(ビーマガジン)
https://a06.hm-f.jp/index.php?action=...

出典:【暴露】世界中で起きている異変を徹底解明! その証拠をお見せしましょう - bee my friend動画 - - YouTube

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21