• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ネバダ核実験で飛散した放射性降下物によって被ばくしたアメリカ市民たちの闘い/NHK・ドキュメンタリーWAVE・・・核大国アメリカでも「フクシマ・ショック」に揺れている

サムネイル出典:

ネバダ核実験で飛散した放射性降下物によって被ばくしたアメリカ市民たちの闘い/NHK・ドキュメンタリーWAVE・・・核大国アメリカでも「フクシマ・ショック」に揺れている

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
ネバダ核実験で飛散した放射性降下物によって被ばくしたアメリカ市民たちの闘い/NHK・ドキュメンタリーWAVE・・・核大国アメリカでも「フクシマ・ショック」に揺れている

核大国アメリカが「フクシマ・ショック」に揺れている

(※2014年)1月27日、米国である集会が開催された。「ダウンウィンダーズ(風下の人びと)記念集会」。
福島原発事故の直後に連邦議会が制定した記念日だ。参加するのはネバダ核実験で飛散した放射性降下物によって被ばくした米市民。
フクシマ報道に接した住民たちは、被災者を自分に重ね合わせた。自分たちも政府から十分な情報を与えられないまま、被ばくしてしまったからだ。
被ばくの影響と疑われる症状に苦しみながら、補償されないまま亡くなる住民も多数いる。
フクシマを契機に「真実を知りたい」と声を上げる米市民の姿を追いながら、アメリカに残された「知られざる核被害」の傷あとをみつめる。

出典:ネバダ核実験で飛散した放射性降下物によって被ばくしたアメリカ市民たちの闘い/NHK・ドキュメンタリーWAVE – @動画

	
	
ソルトレイクシティは核実験城から北へ600キロの地点。メアリさんは29歳で甲状腺がんに。RT : ネバダ核実験の放射性降下物によって被ばくしたアメリカ市民たちの闘い/NHK・ドキュメンタリーWAVE 【動画】
	
ネバダ核実験で飛散した放射性降下物によって被ばくしたアメリカ市民たちの闘い/NHK・ドキュメント中国核実験で19万人急死、被害は129万人に 札幌医科大教授が推計
どっちもどっち?馬鹿な事だ!
	
長崎に落とされた原爆のきのこ雲を見たと祖母が言っていた。 ネバダ核実験場から200kmも離れたセントジョージで真っ赤に燃えるきのこ雲を見たというアメリカ市民の話。 祖母が言ってたことは本当だったんだ。 非人道的兵器はいらない。苦しみを知るべき。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21