• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
必見!!   遺伝子組み換えを使用している企業をランキング

必見!!   遺伝子組み換えを使用している企業をランキング

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
必見!!   遺伝子組み換えを使用している企業をランキング

遺伝子組み換え使用ワースト1は明治HD、おやつの『カール』など

 安全性が確認されているとは言い難い、遺伝子組み換え食品。EUでは全ての原料の表示が義務化されているのに対し、日本では「含有量の多い3番目まで、かつ重量比5%以上の場合のみ表示」「途中で分解されれば表示しなくてOK」など、ほとんど消費者に役立たない企業利益最優先の規制しかないため、(遺伝子組み換えでない)と表示されていても実は使用されていることが普通にあり、消費者は選択すらできない。そこで、グリーンピースの調査をもとにEU基準で遺伝子組み換えを使用している企業をランキングしたところ、ワースト1は『カール』『明治ミルクチョコレート』などに使用リスクが高い明治ホールディングスとなった。
 (ワースト50社とその商品名一覧は末尾でエクセルダウンロード可)

出典:遺伝子組み換え使用ワースト1は明治HD、おやつの『カール』など:MyNewsJapan

	
◇多くの食品や飲料に遺伝子組み換え原料が使われている
 「そういう甘い飲み物って、ほとんど遺伝子組み換えの原料が使われているんだってね」。仕事の合間に「午後の紅茶」を飲むのを楽しみにしている僕に友人が言う。遺伝子組み換え作物とは聞いたことがあるが、その実態は良く知らない。

 グリーンピース・ジャパンによれば、清涼飲料や缶コーヒーを始めとする甘い飲み物には、糖分として「異性化糖」なる物が使われている、とある。

 異性化糖とは、ぶどう糖の一部を果糖に転換(異性化)したもので、砂糖液と同程度の甘味度がある。

 その異性化糖の原料は90%以上がアメリカ産のトウモロコシから出来たコーンスターチで、残り10%弱は国産のジャガイモデンプンとさつまいもデンプンである。アメリカ産のコーンスターチは輸入されているほとんど全量が遺伝子組み換えされていると言うから、かなりの量の遺伝子組換えトウモロコシが異性化糖に化けて我々の食卓に上っているわけだ。

 もし冷蔵庫に次にあげる物が入っていたら、成分表を見て欲しい。

 コーラ、発酵乳酸飲料、フルーツジュース、清涼飲料、ポン酢などの調味料、ドレッシング、パン、アイスクリームケーキ、缶詰、漬物、スポーツドリンク、酒類、チューインガム、ジャム、佃煮、練製品、粉末製品。

 必ず「ぶどう糖果糖液糖」又は「果糖ぶどう糖液糖」なる文字が目に付くはずだ 。この2つを総称したものが異性化糖である。

 異性加糖は約30年前に開発され、今では多くの飲食品に使われている。その消費量は、醤油の消費量とほぼ同じ年間100万トン以上が消費されているという。大雑把に国民一人当り毎年10Kgの異性化糖を採っているということになる。

 この「表示されない遺伝子組み換え食品」問題は、毎日新聞も報じている。
 →清涼飲料水:一部で遺伝子組み換え原料使用 表示義務なし

 企業はどう説明するのか。
 『午後の紅茶』を生産販売するキリンビバレッジのお客様相談室に、「遺伝子組み換えの成分を使っているのでは?」と問い合わせると、最初は否定。そこで異性化糖の原料であるコーンスターチに、遺伝子組み換えのトウモロコシが使われているのでは?と突っ込むと、「異性化糖の材料に遺伝子組み換えの作物を使うのは食品衛生法で禁止されているので使っていない」とまで言う。おかしい。

出典:遺伝子組み換え使用ワースト1は明治HD、おやつの『カール』など:MyNewsJapan

	
悪魔企業モンサントの製品を使ってる企業リストその2⇒リプトン、ミニッツメイド、ナビスコ、オレアイダ、ペパリッジファーム、ぺプシ、プリングルズ、プロクター&ギャンブル、クエーカー、ユニリーバ、V8など。知らない間に遺伝子組み換え食品を食べさせられている。買わない食べないが自衛手段。
	
自分用メモ⇒【アメリカ企業リスト②】オラクル、P&G、タイム・ワーナー、ウォルマート、ゼロックス、ヘインズ、VISA、モンサント(遺伝子組み換え作物の種)、クラフト・フーズ、トゥミ、フェデックス、DHL
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21