• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【911自作自演の動かぬ証拠】 ペンタゴンにミサイルが命中する瞬間の流出映像

サムネイル出典:

【911自作自演の動かぬ証拠】 ペンタゴンにミサイルが命中する瞬間の流出映像

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
【911自作自演の動かぬ証拠】 ペンタゴンにミサイルが命中する瞬間の流出映像

いまさら、9.11テロだが、 これからも9.11テロが原点だ・・・?! 全ては9.11から始まった・・・。 NWOの土壇場の足掻き、 そして、 それは敢なく潰えるのも時間の問題

	
WTCビルに衝突した飛行機は存在しない。

ペンタゴンにも飛行機はぶつかっていない。

ミサイルである。

そして、

その証拠画像は、全て、FBIが収用したが、ポロリポロリ拡散されて、

現在がある。

その画像も、消えては現れ、又消えるが、

それも、キリがないので大量拡散放置だろう・・・。

出典:http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/eb64bcd22059215b456434828d687771

	

ペンシルバニアで墜落したとする飛行機も、 実は存在しない。 何もかもヤラセであった

未だに洗脳されている人は多いが、

近い将来、その不明を嘆く時が来る。

真実に基づかない判断こそ、

判断力の不明を恥じる出来事は他にないのである。

 

人間とは、考える葦であると古来言われたが、

現在では、人間は判断力の化身である。

それがなければ、単なるロボットと何ら違いはない。

誰かにプログラミングされた、生物学的なロボットである。

別な言い方をすれば、奴隷と言う。

 

奴隷を拒否して、

完全な自由人となるには、

判断力を磨くほかないだろう・・・。

出典:http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/eb64bcd22059215b456434828d687771

	
	

仏記者チエリ・メッサンによる9.11検証本の全訳

	
911自作自演ストーリーを書いたのは、ユダヤ系米国人でネオコンのフィリップ・ゼリ­コウ。

『フォーリン・アフェアズ』誌(1998年)において、WTC倒壊が第2のパール・ハ­ーバーになるというアイデアを発表。

ブッシュは彼に911委員会を任せた。

脚本を書いた本人がまとめた事件調査報告書なので、小説のように実になめらか。ベスト­セラーになったという。

フィリップ・シェノンによると、ゼリコウは、委員会が調査を開始する前にすでに『91­1委員会報告書』の章概要をすっかり書き上げていた。

最近、オバマがゼリコウを諜報諮問委員会のメンバーに選ぶ。

自作自演をもみ消すためか。 

以下は、フィリップ・ゼリコウが1998年に発表したWTC爆破事件(1993年)の­影響に関するエッセイの紹介記事である。

======
『フォーリン・アフェアーズ』誌1998年11月~12月号において、ゼリコウは、ア­シュトン・B・カーター及びジョン・M・ドイチとの共同執筆で「破局的テロリズム」と­題した記事を発表した。

この中で、筆者たちは、1993年の世界貿易センター爆破が成功してならば、「結果と­して生じる恐怖とカオスは、筆舌に尽くしがたいものとなっていたことであろう」と述べ­た。 

さらに、続けてこう語った。

「破局的テロのそのような行為は、アメリカの歴史を分ける分水嶺となったことだろう。

平時における事件としては、これまで前例のない損失が生命と財産に加えられたはずだ。

1949年のソビエト連邦の原子爆弾実験がそうであったように、アメリカ人の安心感は­根底から覆されたことであろう。

パール・ハーバーのように、それは、アメリカの歴史を『それ以前とそれ以後』に分ける­画期的な出来事になっていたはずである。

米国は、厳しい手段を取っただろう。

市民的自由の制限と、市民行動に対する監視の強化。

容疑者の拘留や、殺傷力のある兵器の使用許可。

未来のテロ攻撃もしくは米国の反撃に続いて、暴力が拡大したかもしれない。

しばらくして、アメリカ人は、指導者たちを非難し、『テロへの取り組みが遅い。怠けて­いる。』と非難する。」

(Ashton B. Carter, John Deutch, and Philip Zelikow (November/December 1998). "Catastrophic Terrorism: Tackling the New Danger". Foreign Affairs. http://www.foreignaffairs.org/1998110......

========

どうだろうか。

まさに、2001年に起きたWTC倒壊事件とその後の米国政府の対応の予言ではないか­。

ゼリコウが911自作自演テロの脚本家であることは明らかだ。

出典:911自作自演事件の脚本を書いた男 - YouTube

	

9.11米同時多発テロ 知られざる事実 エリック・ロラン

トラボラとビンラディン、サウジアラビアとテロ資金、9.11調査委員会と石油会社、­インサイダ-取引、モサドの反応等。仏ジャ-ナリスト、エリック・ロラン。2004年­10月23日。チエリ・メッサン著『2001年9月11日恐ろしい欺瞞』全訳はhttp://resistancepeople.weebly.com/

9.11米同時多発テロの真実 チエリ・メッサン

9.11テロはブッシュ大統領へ政策を強制するための米軍・石油ロビ-の陰謀か。仏ジ­ャ-ナリスト、チエリ・メッサン。2002年3月16日放送。メッサンの著書の全訳は http://resistancepeople.weebly.com/

目覚め始めるアメリカ市民・・・日本はまだまだ深い眠りの中~米国の元上院議員ら、911事件報告書の28ページの機密部分の公開をオバマ政権に要求

日本を乗っ取って国富を奪っている勢力は露プーチンとトランプ氏を暗殺したいのに、9.11偽旗テロの真相情報を握られて窮鼠猫を噛む状態に追い詰められている

<NHKが陰謀論否定の報道をしなければいけないほどに・・・陰謀論が真偽の追求に迫っている!!>

<もう完璧ですね、自作自演の911犯行> 「ジョージ・W・ブッシュが米国にいたビン・ラーディン一族を機密に国外に逃亡させた」

ジェブ・ブッシュ氏が撤退 「政治家一家」共和党指名争いでトランプ氏に敗北!!

<世界が仰天!>トランプ氏からプーチン宛の手紙・・・ケネディ暗殺の中心人物はブッシュ家でヒットラーに資金影響で儲けビン・ラディンからも多額の資金を受け取っている

ロシアが公開する911事件のアメリカ自作自演の証拠の数々・・・!

<保存版> 911はアメリカの自作自演のテロだった! 目的はアフガン侵略の世論づくり・・・6本のyoutubeに証拠と解説

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21