• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
国連人権理事会  訪日調査: 「表現の自由」を担当する米カリフォルニア大アーバイン校のデビッド・ケイ教授

国連人権理事会  訪日調査: 「表現の自由」を担当する米カリフォルニア大アーバイン校のデビッド・ケイ教授

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
国連人権理事会  訪日調査: 「表現の自由」を担当する米カリフォルニア大アーバイン校のデビッド・ケイ教授

国連人権理事会が任命した特別報告者で、「表現の自由」を担当する米カリフォルニア大アーバイン校のデビッド・ケイ教授(47)が12日から訪日調査をする。昨年12月の予定だったが、日本政府の要請で直前に延期になった。日本で国民の知る権利や表現の自由が脅かされていないかどうか、政府の対応などを聞き取る

−−なぜ、調査が延期になったのですか。

 ◆日本政府から「政府当局者の都合が合わない」と説明を受けた。今年秋への延期を提案されたが、大学の講義などがあり多忙だ。早い時期を希望した。

 −−調査のポイントは何ですか。

 ◆各国でジャーナリストの(権利)保護や情報へのアクセス、インターネットの自由などを調べている。特に法的環境を見る。日本では例えば、特定秘密保護法が情報へのアクセスに、どう関係するのか。ジャーナリストが圧力を感じているという指摘もある。一方、日本は検閲なしにインターネットに自由にアクセスできる面もある。政府やメディア、NGO関係者に聞き取りをし、(改善点を)勧告する。

 −−秘密保護法について知りたい点は。

 ◆安全保障に関わることだからと政府が秘密指定し、(国民が)情報を入手できなくなることを懸念している。一般の人が、政府が何をしているのか評価できることは非常に重要だ。政府がどのように情報へのアクセスを保障しているのか、不正を内部告発できる状況か(を把握したい)。

 −−米国と比べ問題点はありそうですか。

 ◆米国は機密や秘密に分類されるものが多すぎる。しかし内部告発者を保護する強い法律がある。政府がどのように国民を守ろうとしているのか聞きたい。米国ではジャーナリストが機密情報にアクセスしても原則、違法ではない。日本の秘密保護法で罪になり得ることを懸念している。

 −−高市早苗総務相が放送法の「政治的公平」の解釈を巡り番組に問題があれば放送局に電波停止を命じる可能性に言及しました。

 ◆もし政府が放送局に特定の観点を強要することがあれば問題。公平とは何か。常に政府側の見方なのか。政党の主張を述べないことなのか。テレビキャスターが交代した話題も関心がある。政府には規制だけでなく、報道しやすい環境を促進する役目もある。もしジャーナリストが厳しい質問を控え、情報にアクセスできなくなれば、人々は情報に基づく選択ができなくなる危険性がある。

日本側要請で一度延期

 国連人権理事会は、国際的な人権基準に照らして各国を調査し、問題点の改善を勧告する。特別報告者の公式訪問調査の対象は担当ごとに年間数カ国だけで、表現の自由に関して、その一つに日本が選ばれた。

 表現の自由担当の前任の特別報告者は2013年、国会審議中の特定秘密保護法に懸念を表明した。後任のケイ氏はそれを受けて調査に乗り出した。

 訪日調査の延期は日本政府が直前に要請し「予算編成作業があり十分な受け入れ態勢を取れなかった」(外務省)と説明した。これに日本の人権保護団体は抗議した。外務省は今回、「局長・審議官級が対応する」としている。

 表現の自由に詳しくケイ氏と親交のあるローレンス・レペタ明治大特任教授は「報道機関に政府の圧力がかかっているとされる問題、高市総務相の発言、週刊誌に対する名誉毀損(きそん)訴訟など、知る権利が脅かされている現状を調べてほしい」と話す。【青島顕】

出典:http://mainichi.jp/articles/20160410/k00/00e/040/100000c

	
*****************
日本という社会は1億総守銭奴となり経済的には先進国の仲間入りを
果たしたのは今から30年ほど前。それから10年で世界のどこでも
日本人の旅行者が散見されるようになり、その後の10年でバブルに突入
弾けて墜落の一途・・・
文化や思想、意識、社会面では、いまだに発展国並みから抜け出せてないようだ
言論統制がかかり、表現の自由が著しく圧迫されてるのは、誰でも知ってる!
ところが国連から担当官が調査にくるようになっても国民自身が言論の自由を
取り戻そうとは動けない
*****************
きちんと調査すれば「圧力」の実態がボロボロと出てくるでしょう。そして安倍政権のファッショぶりが世界に発信される…→。「表現の自由」調査 国連担当者が初来日(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース
	
2016/04/12 国連「表現の自由」特別報告者 ディビット・ケイ氏による日本外国特派員協会前での囲み取材(動画) さんから
	
表現の自由を調査 国連人権理事会の特別報告者 来日 | NHKニュース
「日本のジャーナリストたちは大きなプレッシャーを受けていると感じている。政府関係者や市民団体メディア関係者を含め、多くの人と会談することを期待している」
	

「美味しんぼ」は、自民党による言論弾圧のスケープゴートにされたに過ぎない・・・

 集団的自衛権、戦争につなげる表現も・・・教科書に国の見解 色濃く 領土記述6割増 集団的自衛権に検定意見多数

古舘伊知郎が懺悔告白、 テレビはウソしか伝えていない! ホントのところは新聞も 雑誌もテレビも伝えない

ネットは凄い!・・・暴露情報がつぎつぎと出てくる

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21